1分間スピーチをどうしても超過してしまう7つのワケ

1分間スピーチをどうしても超過してしまう7つのワケ

一分間スピーチは時間が短い割に、上手にまとめるには難しい要素を含んでいます。慣れてくると長いスピーチも難なくこなせるようになってきます。一分間スピーチでもスピーチの内容を決めて、それを文字に書き出してみます。文字数は250字ほどがよいとされています。

あなたの話すスピードによって調整する必要があるかもしれません。一分間スピーチをどうしても時間をオーバーしてしまう人はいるものです。ここでは一分間スピーチの時間を超過してしまうワケを、いくつかあなたとご一緒に見て行きましょう。



 


1分間スピーチをどうしても超過してしまう7つのワケ

 

 


あがってしまってスピーチ原稿を忘れてしまった


突然目の前が真っ白になって暗記していた原稿文を忘れてしまいました。それで一分間スピーチという制約も思い出せずに、切れ切れに思い出しては話していました。結果的にかなり長いスピーチになってしまいました。このようなパターンはよく見られることです。

けれども慌てずに緊急用にメモしておいた用紙を見ながら話すようにすればよいでしょう。それとスピーチを始める前に普段やっているあなたの落ち着くポーズをやってみるのです。例えば咳払いをしたり、大丈夫! と自分に活を入れたりすることを事前にすると落ち着くと思います。

 


スピーチの本番で言葉が途切れがちになってしまった


スピーチ原稿も書き出してすっかり覚えていました。声だし練習もして準備は万全だったのです。いざ本番になってスピーチが始まって見ると、言葉が滑らかに出てきません。

出てくる言葉は途切れがちになって、終わってみると数分間長く話していたようです。時には誰しもこの様な有様になってしまうことがあるかもしれません。やはりここでも緊急時のメモ書きを見ながら、落ち着いて大きな声で話すようにして行きます。

 


自信がなかったから前置きを入れてしまった


スピーチが始まるとどういう訳か前置きを話し始めていました。それから本論に入ったのですが、スピーチが終わってみるとかなり時間がオーバーしていました。自分では成功したと思いました。

スピーチやその内容に自信が持てない場合には往々にしてこのように、言い訳するような前置きを挟み込んでしまうものです。スピーチは落ちついて自信を持って堂々と話すのがよいスピーチになります。

 


スピーチのテーマ内容をよく知らなかったので補足説明してしまった


スピーチの中のテーマをどれにしょうかと散々迷ったのですが、ようやく一つのテーマにしたのです。今そのことを考えてみると自分では経験したことのないテーマでした。詳しく分からなかったので、他の話を持ち込んで補足説明的に話しました。

これは自分が経験したことのないテーマをスピーチに組み入れたことが間違っていました。一分間スピーチのテーマは自分が感動したりしてよく熟知しているものを選びます。

 


スピーチの内容をくどいように話していました


話をするのは得意でしたので一分間スピーチは上手にできると自負していました。本番になってスピーチを始めてみると話は順調に進んで行きました。終わって見たら一分間スピーチはかなり長い話になっていました。

自分ではスピーチは成功したと思っています。けれども同じ話を角度を変えて繰り返して話していました。そのためにスピーチが長くなってしまったようです。

 


たとえ話をスピーチの中に入れてしまった


一分間スピーチの話の途中でたとえ話が突然入ってきて、本人は得々と話していました。スピーチが終わってみるとかなりタイムロスしていました。一分間スピーチではテーマ以外に話したい内容のものがあっても、本来の一つのテーマだけを的確に話すようにします。

スピーチのテーマと関連がありそうなたとえ話がたとえ沢山あったとしても、一分間という時間の制約の中では割愛する勇気を持つことを知るべきです。

 


スピーチを始めたら尾ひれはひれがついて話しが長くなってしまった


話したいことが沢山あって、かなり減らしたので何とか収まったのです。本番になってスピーチを話し出したら、ついいつもの調子で話が弾んでしまい、話に尾ひれはひれがついてしまって結果的に話が長くなってしまいました。

一分間スピーチでは話すテーマは一つに絞る必要があります。そして、話が脱線しないようにシンプルな内容にして、少し物足りない程度のボリュームの話の内容にするとよい結果が得られます。

 

いかがでしたか。一分間スピーチと言えども万全な準備をしていても、つい日頃の癖が出てきて思わぬ展開になることがあるものです。スピーチはその長さに関係なく話す内容を書き出すことを忘れてはなりません。そして、実際に声に出して練習していきます。

スピーチの内容は序論・本論・結論のフレームワークを上手に使いこなしていきます。一分間スピーチの原稿は頭の中に記憶してください。それを何回も声に出してすっかり覚えてしまうのです。けれども緊急用として秘密のメモ書きを持つことを忘れないで下さい。ma2
まとめ


1分間スピーチをどうしても超過してしまう7つのワケ

・あがってしまってスピーチ原稿を忘れてしまった
・スピーチの本番で言葉が途切れがちになってしまった
・自信がなかったから前置きを入れてしまった
・スピーチのテーマ内容をよく知らなかったので補足説明してしまった
・スピーチの内容をくどいように話していました
・たとえ話をスピーチの中に入れてしまった
・スピーチを始めたら尾ひれはひれがついて話しが長くなってしまった