一分間スピーチがオーバーしてしまう人のための改善案

一分間スピーチがオーバーしてしまう人のための改善案

私たちは人前での話しに苦労します。多くの日本人はスピーチが不得意です。一分間スピーチは、アッと言う間に終わります。しかし、短いけど難易な要素を持っていて、文字数は250字ほどになります。

それを、あなたの話しのスピードに微調整します。一分間スピーチは、短い時間で的確に伝えたい意思を述べるものです。美辞麗句や装飾の言葉などは極力省き、要旨を伝えることに力点を置きます。

初めてや慣れないスピーチでは、長話しになり要領を得ないことが多々起こります。これ以降、「一分間スピーチがオーバーしてしまう人のための改善案」を、あなたとご一緒に見て参ります。



 


一分間スピーチが
オーバーしてしまう人のための改善案

 


たとえ話は省いてみよう


落ちついて聴衆の目を見て話しました。一分間スピーチが始まり、これからの話のテーマを5秒間伝えました。スピーチの内容の説明は40秒で終える筈でした。ところが突然、ふっと気が変わったのです。

そこから、話は一気に脱線してしまいました。そこでは是非、話しておきたいたとえ話を入れたのです。話の締めは15秒を掛けてスピーチは終わりました。しかし、倍くらいの時間が過ぎていたようです。

さて、脱線する人の改善案は、一つのテーマに絞って端的に話すようにすることです。そして、最も重要なキーポイントはテーマと関連あるたとえ話でも、一分間の制約の中でしか話せないことを知ることです。

 


緊急用のメモを用意してみよう


人前で話すための準備は万端でした。一分間スピーチの内容も暗記しました。しかし、時間を知らせる音声を聞いた瞬間、度忘れしたのです。焦りました。ともかく、頭に浮かんだ言葉の切れ端を述べていました。

さて、初めてや度忘れやあがり癖の人の改善案は、緊急用に用意したメモ書きを読み上げます。メモ書きに頼らないのが本筋ですが、今はしかたがありません。そして、次のスピーチに役立てる工夫をします。

あなたが一番落ち着くポーズを、スピーチの前に実施していくことです。そうすることで、スピーチの苦手意識を打ち消すことを積み上げれば、スピーチも怖いものではないと実感できるようになります。

 


メモを手の中に握り締めてみよう


笑顔を浮かべていました。一分間スピーチが始まると自分の声が流れました。しかし、流ちょうな言葉は出てきません。それはまるで自分の知る声ではないようで、途切れがちになりスピーチは終わりました。

さて、言葉に詰まった人の改善案は、まず、マイクを通した自分の声に慣れることから始めます。自分の本当の声を、分からない人もいます。そこで、マイクを通して発声練習を積み重ねる必要もあります。

高いキーか低いキーか、それともハスキーな魅惑系なのかを、しっかりと把握します。そして、緊急用に用意したメモ書きを手の中に握り締めていると、咄嗟の対応は万全になるので心配は無用になります。

 


経験がないテーマは避けてみよう


一分間スピーチのテーマを絞り切れずにいました。そして、どうにか期日までに間に合わせました。スピーチを開始したのですが、テーマの論点がずれて説得力に欠けていました。聴衆の反応はよくありませんでした。

テーマは、未経験のもので自信が持てませんでした。そこで、似通った話で補足説明したので、長話しになりました。さて、スピーチが長くなる人の改善策は、テーマは、簡潔にまとめて話せるかに尽きます。

テーマは、経験上のことを織り込むことがベストです。内容が分からないテーマは、スピーチのテーマに選ばないことが原則です。自分が体験した感動を、聴衆に如何に伝えていくかが大事なポイントになります。

 


スピーチの基本を学び直してみよう


気分は絶好調でした。一分間スピーチが始まりました。前置きを話してから、本論に入ってスピーチは終わりました。自分では申し分がないと自負していたのですが、時計を見るとかなりの時間オーバーでした。

前置きをクドクドと述べたことが災いして、スッキリしないスピーチになりました。さて、その日の気分で前置きが長くなる人の改善案は、スピーチを聴衆に聞いてもらう心構えを正すことが先決になります。

一分間という枠組みの中で、大事なことだけを話すことを肝に命じます。そして、ご愛想はせずに自信に満ちた話し方をして、自分の意思を正しく伝える努力をします。そうすると、引き締まるスピーチになります。

 


話は誇張しないようにしてみよう


自信があって、事前に何度も声を出して練習しました。全ては上手くいく筈でした。一分間スピーチが始まりました。テーマの内容の説明で話が弾みました。その結果、話に、尾ひれはひれが付きました。

さて、話を誇張してしまう人の改善案は、一分間スピーチではテーマは一つに絞ります。そして、話を脱線させないことや。内容はシンプルにして、少し物足りないと感じる内容のボリュームにまとめていきます。

話すことが沢山あっても、一分間スピーチの特質をよく理解したら、きちんと細かい時間の割り付けを守ることが、重要なキーポイントだと知るべきです。それが出来るようになれば、よいスピーチになります。

 


テーマは一つに絞ってみよう


人前での話しは嫌いではありません。一分間スピーチは、順調に滑り出しました。スピーチを終えてみると時間超過していました。しかし、周囲の好評を要約すると、一つのテーマを角度を変えて話していました。

さて、テーマをくどいように話していた人の改善案は、自画自賛にならないことです。一分間という時間を使って話すことです。そして、一分間スピーチの基本を厳守する意味を理解することが大切になります。

また、60秒にきちんと収める技を、習得する努力を積み重ねていきます。そうすることが確実に行えるようになると、例え長い時間が約束されるスピーチでも、多様なテーマをしっかりと伝えられるようになります。

 

いかがでしたか。スピーチが得意な人でも、油断や慢心により思わぬ失策を招きます。スピーチの心構えは、スピーチに与えられる時間の長さに関係なく、話の内容を原稿に書き出す作業は省略できません。

そして、序論・本論・序論のフレームワークを調整して対処していきます。出来上がった原稿は、声に出す練習を反復させることで形を成します。そこに、微笑みや聴衆の目を見て話しかける所作を加えます。

スピーチは、度胸と根性とやる気が必要なものです。さて、「一分間スピーチがオーバーしてしまう人のための改善案」を、あなたと共に見て参りました。この項が、あなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


一分間スピーチがオーバーしてしまう人のための改善案

・たとえ話は省いてみよう
・緊急用のメモを用意してみよう
・メモを手の中に握り締めてみよう
・経験がないテーマは避けてみよう
・スピーチの基本を学び直してみよう
・話は誇張しないようにしてみよう
・テーマは一つに絞ってみよう