子供の集中力をのばす7つの日々のトレーニング

子供の集中力をのばす7つの日々のトレーニング

「自分の子供の集中力が無い…」「どうにかしてトレーニングする方法はないだろうか?」と考えておられる方は多いでしょう。実際、集中力のある子どもと無い子供では、学業やスポーツだけでなくあらゆる面で差が出てきますからね。

ゆえに、自身の子供の集中力が無いと、どうしても焦ってしまうものです。単純に将来が心配になるのですよね。そこで、今回は子供の集中力を付けるトレーニングについてご紹介いたします。

重要ポイントを7つにまとめましたので、日々のトレーニングに活かしてください。集中力が付くかどうかはトレーニング方法次第でもありますからね。では、順に見ていきましょう。



 


子供の集中力をのばす
7つの日々のトレーニング

 


とにかく遊ぼう


子供の集中力を伸ばそうとして、強引に集中させようとする親は多いですが、明確な誤りですのですぐにやめましょう。集中力を付けさせるために長時間の勉強を強いるなど、愚の骨頂です。

子供は遊びながら覚えるのが普通です。「子供は遊ぶのが仕事」と言うように、「いかに上手く遊ぶか」「遊びの中でトレーニングできるか」がポイントなのです。ゆえに、とにかく遊ばせることです。これをまずは覚えておきましょう。

 


勉強も遊びながら行おう


遊びながら集中力を付けることは前項で触れた通りです。ですので、当然、勉強も遊びながら行いましょう。「勉強は苦学してこそ大成される」は古い価値観であり、誤った考え方ですのですぐに捨て去りましょう。

最近は面白い知的玩具もありますから、色々と試されると良いでしょう。必ず、お子さんに合うものが見つかります。自分に合った学習方法を取ったときの子供の集中力と、その成長スピードには驚かされることでしょう。

 


スポーツも遊びの中で学ぼう


スポーツも高い集中力が求められますし、かつ集中力を育む上で有効な方法でもあります。しかし、これも遊びの中でトレーニングするのが正解です。よく古い指導者の方が「集中しろ!」と叫んでおられますが、逆効果ですのでやめましょう。

子供が興味を持つような遊びを取り入れて、集中力を上げるのが正解です。子供は関心を持てば自然と高い集中力を発揮しますし、成長もします。子供が集中しないのは、準備が足りない大人の責任であることを自覚しましょう。

 


褒めて伸ばそう


子供の集中力を伸ばすトレーニングを行っている時に注意して欲しいのが、絶対に怒ってはいけないということです。日本では長く体罰式の指導法が支持されてきましたが、それは誤りです。

人はネガティブな感情からは成長しません。必ずポジティブな感情から成長が生まれます。ゆえに、トレーニング時は褒めるようにしましょう。「もっと、褒められたい!」この感情が子供の成長力を爆発させるのです。

 


子供の集中力は長くないことを理解しよう


集中力アップのトレーニング時、注意点として「子供の集中力が長くないこと」も理解しておきましょう。大人になるために人は様々なことを学ばねばなりません。ゆえに、子供は一つの事に集中できないようにできています。

これが、大人から見て子供の集中力が無いように見える理由です。ですので、子供の集中力を持たせるために工夫を惜しんではいけません。算数の勉強をしたいならば計算ドリルばかりするのではなく、色々な学習教材を駆使して行うようにしましょう。

 


睡眠時間は長めにとろう


集中力アップに必要なのはトレーニングばかりではありません。休むことも、とても大切です。特に、睡眠は重要な要素で、子供の集中力には欠かせないポイントです。事実、睡眠時間の短い子供は集中力が無い傾向にありますからね。

トレーニングばかりに気を取られて子供を寝かさないなど、失策中の失策ですので必ず注意してください。最低でも、10時間程度の睡眠が子供の場合には必要ですので覚えておきましょう。

 


プレッシャーを与えるのはやめよう


最後に集中力アップのトレーニング時に子供を追い込むのはやめましょう。人間、追い込まれれば追い込まれるほど力を発揮できなくなります。「何で、こんなこともできないの!」「集中力が短すぎる!」こんな暴言を浴びて子供が成長するはずはありませんね。

子供の集中力を伸ばしたいならば、長い目でみることが肝要です。どんな組織でも、上手くいっている組織と言うのは若手の成長を急ぎません。長い目でじっくりと育てるのですね。子供も同じです。過剰なプレッシャーは悪にしかなりませんので、長い目で成長を見守りましょう。

 

いかがでしたか。子供の集中力を伸ばすためのトレーニング法についてはご理解頂けましたでしょうか。集中力は持って生まれたものではありませんからね。後天的なトレーニングにより伸ばすことが可能なのです。

トレーニング次第で伸びるのが子供と言うものですし、それこそ無限の成長性を持っているのが子供と言うものです。そして、これを伸ばすのも壊すのも大人次第と言うわけです。真に子供を思うならば、本項で触れたトレーニング法に基づいて指導されることを強く推奨致します。

さすれば、高い集中力を持った子供に成長するでしょうし、より明るい未来が開けることでしょう。

 


まとめ


子供の集中力をのばす7つの日々のトレーニング

・とにかく遊ぼう
・勉強も遊びながら行おう
・スポーツも遊びの中で学ぼう
・褒めて伸ばそう
・子供の集中力は長くないことを理解しよう
・睡眠時間は長めにとろう
・プレッシャーを与えるのはやめよう