子どもの集中力を伸ばす画期的な方法とは?

子どもの集中力を伸ばす画期的な方法とは?
子どもの集中力を伸ばすために、親は様々な方法を実践しています。集中力がつくかどうかは子ども時代に決まるというほど、子どもの集中力は親の教育によって養われるのです。

上手に子どもの集中力を伸ばすことが出来た場合は、その子は一生勉強にも就職にも仕事にも困らずに人生に多々ある苦難を乗り越えることが出来るでしょう。しかしどんなに丁寧に心を込めて育てていても、集中力がなければ何事も上手くいきません。

そこで今回は、子どもの集中力を伸ばすために親ができる方法をお伝えします。子どもの集中力が驚くほど伸びてびっくりされるかもしれません。「どうもうちの子、集中力がないわ」と思われる方は、以下を参考にして実践してください。



 

子どもの集中力を伸ばす
画期的な方法とは?

 

早寝早起きをさせる


まず、最近の子どもは夜更かしが過ぎると言われています。夜10時を過ぎても11時を過ぎてもテレビを見てだらだらと起きている子どもは、集中力が低下します。主な原因は睡眠不足による集中力の低下ですが、それだけではありません。

寝不足を心配して、休みの日の朝などに昼近くまで子どもを寝かしておく親もいるのですが、それも間違いなのです。早朝の早い時間こそが、集中力アップに向けて脳が働きやすい時間帯だからです。

子どもの集中力をアップさせたいと願うのであれば、早朝に子どもを活動させるべく生活習慣を変えてみましょう。

 

朝食をしっかりと摂る


厚生労働省からも、幼稚園や小学校を通じて嫌というほどに「朝食を摂ろう」と推奨されますね。朝食を摂ることで、午前中の集中力に差が出るとの研究結果が出ているからです。

食事を摂る時間は個人差があり、朝食と言っても朝起きてすぐに嫌がる子どもに無理やり食べさせるようなまねはしないでください。6時に起床したら、起きて胃が目覚める7時過ぎくらいに子どものペースでゆっくりと食事を摂らせるといいでしょう。

 

酵素多めの食事を心がける


子どもが毎日口にする食事は、子どもの集中力と大きく関係します。現代日本は食品添加物の天国で、多くの子どもはトランス脂肪酸などの食品添加物に寄って心も体も蝕まれています。

子どもが口にする食事はできる限り添加物の無いものを選んでください。そして砂糖もまた百害あって一利なしと言われているので、甘いものもほどほどに。どうしても子どもが甘いものを欲しがる時は果物で代用してください。

果物には酵素が多数含まれており、体の機能を正常にして血液をきれいにします。脳内の血流がスムーズになると、当然集中力も記憶力もアップします。

 

毎日適度な運動をさせる


運動不足は万病のもと。集中力の無さもまた、一つの病気と考えてもいいでしょう。そこで毎日適度な運動をさせるようにしてください。一緒に散歩でもいいし、週に2~3日の運動系のクラブに入れるのもありです。体を動かすことで物事に集中しやすい強い心を作ることが出来ます。

 

口出しをせずに手出しをする


最近の親は口出しばかり達者で手出しが少ない、なんて言われています。お心当たりのある方は、それを逆にしてください。口出しを控えて手出しを多くするのです。手出しを多くすると言っても、子どもを陰から支えるという意味です。子どものやることを肩代わりするという意味ではないのであしからず。

口出しによってせっかく集中しかけた子どもの作業を中断することなく、「いつでも助けになるよ」という手助けの準備をして子どもを見守ることで、子どもは安心して目の前のことに集中することが出来るのです。

 

スキンシップを多めにとる


子どもとスキンシップは取っていますか?子どもが少し成長して、小学生になるとスキンシップを怠る親も多いですよね。しかしそれは間違いです、肌と肌を触れ合わせることで、親からの確かな愛情が伝わるからです。

そして親からの愛情を子どもが肌で感じることで、「愛されている!」と安心することが出来るのです。心からの安心と愛情に満たされた幸せな環境だからこそ、子どもは目の前のことに集中することが出来るのです。子どもの集中力を妨げる多くの問題は、スキンシップ一つで解消できると言っても過言ではありません。

 

さて、子どもの集中力を確実に伸ばす画期的な方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

子どもの集中力は、一見関係のなさそうなことでグングンと伸びていくのです。その根本には「親の愛情」があるのですよ。子どもは親から愛されているという安心感を得ることで、初めて外に向けて気持ちを集中することが出来るのです。

ですから子どもの集中力を伸ばしたいと願う親は、愛情をふんだんに注いで、それを子どもに伝わるように工夫してください。スキンシップでもいいし縁の下の力持ちでもOK。一緒に運動をすることでもいいですね。

子どもの集中力はもちろん、健康な心と体を作るための毎日の食事を丁寧に気に掛けることも十分愛情です。これらのことを当たり前にこなしていくだけで、自然と子どもは集中力のある頭の良い子どもに育ちますよ。

 

まとめ

子どもの集中力を伸ばす画期的な方法とは?

・早寝早起きをさせる
・朝食をしっかりと摂る
・酵素多めの食事を心がける
・毎日適度な運動をさせる
・口出しをして集中力を中断しないよう気を付ける
・スキンシップを多めにとり、愛情を伝える