【メンタルトレーニング】めげない心を作る6つの練習法

【メンタルトレーニング】めげない心を作る6つの練習法
心が折れやすい、自分に自信が持てない、小さなことに落ち込みやすい、何かをやろうとするとき、いつもそんな自分の気持ちに負けてしまうあなた。メンタルトレーニングを試してみるべきです。

メンタルトレーニングとは、文字通り自分の「精神」をトレーニングで鍛え、弱い心に負けない強い精神力を身に着けることを言います。有名なスポーツ選手などの多くがこのメンタルトレーニングを実践して、実際に成果をあげていますよね。

自分の一番の敵は「自分自身」です。何かを頑張ろうとしても「どうせ自分には無理だ」「諦めよう」「何をやっても駄目だ」などと、ささやきかける自分自身に勝つためには、それを上回る強い気持ちで「自分ならできる!」と突き進まねばなりません。

そんな強い心を、メンタルトレーニングで手に入れることが出来るのです!以下にめげない心を作るための6つの練習方法をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。



 

【メンタルトレーニング】
めげない心を作る6つの練習法

 

プラスイメージを持つ習慣をつける


メンタルの弱い人は、「自分にはどうせ無理だ。」「失敗する気がする…。」とマイナスイメージを強く持つ傾向にあります。心が弱い人は、心当たりがあるのではないでしょうか。そこでまず、メンタルトレーニングの第一歩として「プラスイメージを持つ」ことを習慣にしましょう。

「自分にはほとんど何もできない…。」と考えるよりも、「自分に出来ることは○○だ!」と小さいながらもプラスを見つけ出すのです。最初は強引にプラスイメージを持つのですが、慣れてくると自然にプラス部分に目が行くようになってきます。

 

十分な睡眠をとる


現代人にメンタルの弱い人が多いのは、疲れすぎているからです。そして睡眠時間を削って忙しく働きすぎているからです。大切な睡眠時間を削らずに済むように、生活に工夫を凝らしましょう。そして毎日の睡眠だけはしっかりと取るのです。

それだけで思考が前向きになる人もいるくらい、睡眠は強い心と密接に関わっているのです。もしも忙しすぎて、どうしても睡眠時間を確保できないという場合は、寝具にこだわってみてはいかがでしょうか。上質な寝具で短い時間であってもしっかりと体の疲れを取るのです。質の良い睡眠によって、強い心を取り戻すのです。

 

栄養バランスの取れた、体の求める範囲の栄養補給を心がける


睡眠と同じくらい大切なのは、食事です。コンビニ食ばかりで添加物ばかりとっているのでは、心も体もどんどん弱っていきます。人は食べたもので作られていくのです。心も体も。だからこそ、毎日口に入れるものはこだわりぬくべきです。

毎日食べる一口一口が、自分自身を作っているのだと意識して、適当な食事を繰り返さないようにしてください。栄養バランスの取れた無添加のものを選んで口にしましょう。1か月も経つと、つきものが落ちたように体も心も軽くなるはずです。栄養バランスのとれた食事もメンタルトレーニングの一環なのです。

 

自分の弱点を知る


質の良い睡眠をとり、栄養バランスの行き届いた食事を摂って準備が出来たら、次は自分自身の心を見つめてみましょう。自分の弱点を見つめるのです。プライドが邪魔してなかなかできないかもしれませんが、更なる高みへと人生を進めるために、どうしても必要な行為なのです。

メンタルトレーニングの文字通り、自分の精神を自分で操るすべを身に着けるためには、自分の強いところ、弱いところを見つめなおす必要があるのです。怖がらずに、自分の弱点を見つめましょう。弱い部分があってもいいではないですか。人間なのだから。

 

「自分が出来る」とイメージする


自分の弱点、欠点をしっかりと見つめたら、次は発想を逆転させて、そこから「自分に出来ること」を考えるのです。例えば「あがり症である」「人前で話すことが苦手で、どうしても緊張してしまう」という人だとします。

その場合は「人前で話す経験が少ないだけで、数をこなせば慣れる。」「練習を積めば出来るようになる!」とイメージするのです。または「誰だって大勢の前では緊張する」「かっこつけて大成功を狙わずに無難にこなせばいい」と割り切る心も必要です。

 

繰り返し前向きなイメージトレーニングをする


更にそこから発展させて、今度は自分が成功するイメージを繰り返し持ってください。メンタルトレーニングで一番大切な部分と言ってもいいくらい、この成功イメージは大切です。

自分が成功するまでの行動、そして成功する瞬間、成功した後の周囲の情景など、出来る範囲で自分の成功イメージを作り上げるのです。回を重ねるごとにイメージは鮮明になり、細部にわたってリアルになっていきます。

「こうやって成功するのだ!」という考えが次第に、「これは未来の自分に起こる出来事」と考えられるようになってくるのです。多くのスポーツ選手が同じようにメンタルトレーニングで成功イメージを磨き上げ、実践で成功を積み重ねているのです。

 

さて、メンタルトレーニングでめげない心を作る方法をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。多くのスポーツ選手が実際にメンタルトレーニングで多くの成果を上げてきていることも、繰り返し強調してきました。しかし忘れてはならないのは、成功者の数以上の「敗者」も存在するという事です。

この世には「表」があれば「裏」が存在する。それは当たり前のことです。成功者だって失敗を何度も何度も繰り返して、そのたびに自己嫌悪に陥り自信を無くし、「自分なんてもうだめだ…」と思い、そこから気持ちを再び立ち上げて頑張っているのです。

テレビに出たり大会の記録を残したりしなくてもいいのです。同じように失敗を繰り返し、自分自身が嫌になり、自信を一かけらも持てなくなった状況から、ひたむきに立ち上がる強さを持つのです。そうすれば、あなたはこの世で並ぶものもないほどの強い精神の持ち主なのですから。あきらめずにメンタルトレーニングを繰り返し、「成功」を自分に引き寄せましょう!

 

まとめ

めげない心を作るには

・プラスイメージを持つ習慣をつける
・十分な睡眠をとることで強いメンタルを手に入れる
・栄養バランスの取れた食事で心身ともに強くする
・自分の弱点を知る
・「自分が出来る」とイメージする
・繰り返し前向きなイメージトレーニングをする