ポジティブシンキングな人になるためのヒント!

ポジティブシンキングな人になるためのヒント!
「ネガティブなことばかり考えずポジティブシンキングしたい!」と考えることってありますよね。ネガティブを「慎重な考え」「熟慮した考え」と好意的に言われることもありますが、ネガティブはあくまでマイナス思考であり、よくありません。

生きていくうえではポジティブシンキングの方が気持ちが楽です。そしてそのことをみんなわかっています。そのため、ポジティブシンキングになりたい、ポジティブシンキングをしたいと考える方は多いのです。

しかし、思考をいきなりポジティブシンキングにすることは簡単ではありません。少しずつ考え方を改め、シフトしていかなければなりません。そこで今回はポジティブシンキングな思考、人になるためのヒントをお伝えします。



 

ポジティブシンキングな人
になるためのヒント!

 

失敗は成長、成功のためのヒントだと考えましょう


誰だって失敗はしたくありません。しかし、生きていると失敗はつきものです。そこで、失敗したとき大切になってくることが、その失敗をどう捉えるかです。失敗を「失敗」と捉え、「どうして自分はダメなんだろう」「失敗したのは自分/他の人のせいだ」などと考えるだけでは意味はありません。

失敗すると落ち込み、傷つきますが、その一方で「失敗した原因を探して次に繋げよう」「自分のダメなところがわかったのだからよかった」とポジティブシンキングしましょう。そうすることで気持ちも前向きになれます。

 

ネガティブな口癖を改めましょう


ポジティブシンキングな人になりたければネガティブな口癖を改める必要があります。口癖とは思考に非常に密接で、ネガティブシンキングだとネガティブな口癖がよく出て、ネガティブなことばかり言っているとネガティブ思考になりやすいのです。

「どうせ」「それは難しい」「無理」といった言葉をよく使っていませんか。慎重とネガティブは違います。ポジティブシンキングになるためには、ネガティブな口癖をやめ、思考を変えることを始めましょう

 

思い込みが激しい性格だと自覚しましょう


ネガティブシンキングの方には特徴があります。それは「思い込みが激しい」というものです。そのため、一度の失敗やうまくいかないことがあったりすると自分はどんどん否定していったり、些細なことで事実とはかけ離れた結論を勝手に出してしまうことがあります。これは大変危険です。

当てはまると感じた方は、まず自分は思い込みが激しい性格であることを自覚しましょう。思い込みを減らすことでネガティブシンキングに歯止めをかけることができます。一日のうち、ゆっくりと考える時間を作ることをオススメします。そうすることで自分を見つめ直す時間にもなり、思考の変化も現れるでしょう。

 

悪いことと一緒にいいことも考えてみましょう


ポジティブシンキングな人は、人にしろ物事にしろ、いい面を見つけることがとても上手です。先ほどネガティブシンキングの方はネガティブな口癖が多いと書きました。「どうせ」「無理」とよく言う人は一面しか見ることができないから、そのように言ってしまうのです。

何事もいい面と悪い面があります。悪い面が見えること自体はとてもいいことです。ですから、そこだけではなく、一緒にいい面も探しましょう。そうすることで徐々にネガティブシンキングはポジティブシンキングに変わっていくでしょう。

 

一日に起きたことを振り返りましょう


ネガティブシンキングの人はあれこれを深く考えてしまうのだから、一日に起きたことを振り返らない方がいいのではと疑問に思う方もいるでしょう。しかし、ネガティブだからこと一日に起きたことを振り返る必要があります。

例えば、会社で起きたことを思い出し、「あそこは失敗だった」「あそこはもっと違う言い方があった」と感じることがあるでしょう。そこで終わるとダメですが、そのときにどうすればよかったか、どう言えばよかったかを考えて脳内でシュミレートしてください。

そして次同じ場面があったらそれを実践しようと決意することが大切です。それはポジティブシンキングですよね。これを繰り返すことでポジティブシンキングが身に付き、反省を活かせたときに自信となります。

 

いかがだったでしょうか。

「ポジティブシンキングな人になんてなれない!」とネガティブに考えていた方もこの記事を読んで、「ポジティブシンキングになるのは難しくないかも」と感じたのではないでしょうか。

ポジティブシンキングな人と聞くと、思考が前向きというだけではなく、性格も明るく、何にでもチャレンジしているアクティブな人間を思い浮かべがちですが、決してそうではありません。

前向きに考えることをポジティブシンキングと言うのです。アクティブであったり、明るいというのはあくまでポジティブシンキングの副産物です。ですから、ポジティブシンキングというものをすごいものと決めつけず、意外に簡単なものだと認識を改めましょう。この記事を読んでポジティブシンキングな人になるためのヒントを得ていただければ幸いです。

 

まとめ

ポジティブシンキングになるには

・失敗から学び、自分の成長に繋げましょう!
・「どうせ」「難しい」といったネガティブな口癖は言わないようにしましょう
・思い込みは危険!自分の性格をきちんと把握することが大切です
・悪い面ばかりに気をとられず、いい面も見つけましょう
・あとから考えることも効果あり!一日の出来事を振り返り反省しましょう