失敗の本質を見極めて、成功を得る為に行う意識の改革術

失敗の本質を見極めて、成功を得る為に行う意識の改革術
何か目標に向かって行動しているときに、失敗して気持ちが折れてしまうことがあります。失敗の本質が何であるかを知る前に、多くの人が「失敗」から「挫折」への道をたどってしまうのです。失敗したことで心が折れ、再び失敗して傷つくことを恐れ、失敗の少ない無難な道を歩む選択をするのです。

誰しも失敗は怖いものです。男であっても力があっても年を取っていても、失敗することを恐れる気持ちがあって当然です。しかし失敗の本質を追求し見極め、次なる挑戦をするべく立ち上がることのできる人こそ、多くを成し遂げられる「偉人」となれるのです。

そこで今回、目標へ向かって前進するあなたのために、失敗の本質を見極め、成功を得るために行う意識の改革術を紹介します。



 

失敗の本質を見極めて、
成功を得る為に行う意識の改革術

 

失敗は成功の母である


まず、目標に向かって失敗に立ち向かうあなたに、「失敗は成功の母である」という古い格言を捧げます。失敗を繰り返してこそ、あなたの未来には成功が色濃く存在するのです。

「人生における失敗は、なるべく早い時期が良い。」ということばもあります。子ども時代にどんどん失敗して「バカな子だ」と言われ続けた方が、立派な大人になれるケースが多いのです。

すでに成人しているのに、失敗の経験が少ないと不安なあなたも心配はいりません。これから恥をすてて、どんどん失敗の経験を積み重ねればいいのです。失敗の本質は、「成功への一歩の前進」なのですから。

 

自分の失敗から目を背けない


失敗をすると落ち込んで、自分の失敗から目を背けて考えないようにする人がいます。「自分の失敗から目を背けるなんて臆病者だ!」とは言いますまい。誰しも一度は身に覚えのある感情だからです。

失敗によって失ったものが大きければ大きいほど、人は大きく傷ついて、失敗から目を背けるものです。

しかし失敗の本質を見極めて、未来の成功へとつなげたいのであれば、ご自分の失敗から目を背けずに、しっかりと向き合う勇気を、まずは持ってください。

 

ちっぽけなプライドを捨てて「失敗」を認める


プライドの高い人は小さくまとまりがちです。自分の失敗にあれこれ理由をつけて、認めないようにするからです。失敗の本質を見抜いて、そこから成功への道筋を探る精神力があってこそ、大きな器は作られていくのです。

目標をもって成功への道を模索するのであれば、いらないプライドはかなぐり捨てて、打たれ強い貪欲な気持ちを奮い立たせてください。

 

失敗を恐れずに立ち向かう


好奇心の塊である子どもは、失敗を恐れずに何度も立ち向かいます。その強靭な精神力は尊敬に値します。大人も子どもを見習って、柔軟な精神力をもって、失敗を恐れずに何度でも立ち向かいましょう。

しかしここで気を付けなくてはならないのは、「失敗しよう!」と破れかぶれに突進するのではなく、何度でも「今度こそ成功しよう!」という気持ちをもって突き進むことです。成功というビジョンがあってこそ、「成功」は存在するのですから。

 

「なぜ失敗したのか?」を突き詰める


自分の失敗をひも解いて考えることは、とてもパワーのいることです。「負け」や「失敗」を認める苦痛と、「愚かな自分」と向き合う苦痛が同時に自身を責め立てます。しかし失敗の本質を見極めて、成功するためには、「なぜ失敗したのか」という失敗の原因を探る作業は不可欠なのです。

どんなに辛くとも、どんなに目をそむけたくとも、自分の確かな経験として、自分の失敗の原因をきちんと突き詰めて考えてください。そこには成功へのヒントがたくさん隠されているからです。

失敗の本質を解析するこの作業こそ、成功への大きな前進と言えます。

 

同じ失敗を繰り返さないよう工夫する


「なぜ失敗したのか?」と、失敗の本質を見極めた後、次に気を付けることは、同じ失敗を繰り返さないようにどうすればいいかを考えることです。

何度も同じ失敗を繰り返すことも、成功への一歩であることに変わりはありません。しかしその失敗から再び立ち上がるのに、更なるパワーを必要とするでしょう。

なるべくなら同じ失敗を繰り返さないように工夫するためには、やはり失敗の本質をきちんと見極めることが大切です。失敗から生まれる次なる「失敗」を経験したとしても、以前の失敗を見事にクリアーできていたら、成功するまでのモチベーションが維持できます。

 

さて、失敗の本質を見極めて、成功を得るために行う意識の改革術を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

紹介文にも書きましたが、「失敗を恐れずに立ち向かう強靭な精神力」は、子どもを見ればおわかりでしょう。小さく無邪気な子どもこそ、毎日失敗の連続を経験し、急激な進化を遂げているではありませんか。

子どもは失敗の本質などと、いちいち立ち止まって考えませんが、単純に「うまくいかなかったら別の方法をやってみる」と柔軟に行動に移せる素晴らしい精神力を持っています。

目標をもって成功への道を模索するのであれば、小さな子どもに返った気持ちになって、失敗を恐れずに何度でも立ち向かってください。何度も失敗している今こそ、大きな進化を遂げている過程なのですから。

 

まとめ

失敗の本質を見極めて、成功を得る為に行う意識の改革術とは?

・「失敗は成功の母である」ことを知る
・自分の失敗から目を背けない
・ちっぽけなプライドを捨てて自分の「失敗」を認める
・失敗を恐れずに立ち向かう
・「なぜ失敗したのか?」を突き詰める
・同じ失敗を繰り返さないよう工夫する