仕事がやる気満々の時に陥りやすい7つの失敗

仕事がやる気満々の時に陥りやすい7つの失敗

仕事で成功したい。これは誰しもが持っている欲求です。ひとつの成功があると、その陰には失敗が存在しているはずです。

失敗は恐れることはないのです。先人たちは失敗を幾度も乗り越えています。失敗は乗り越えてこそ、成功をかち取ることが出来るのです。

仕事が面白くなってくると、世の中のことは全て自分のために存在しているのだと錯覚するものです。

そして、失敗の芽は至るところに育っています。そうなると時間を待たずして失敗の洗礼を受けてしまいます。

ここでは、失敗の例やその解決策をいくつか見て頂いて、ここでは、失敗の例やその解決策をいくつか見て頂いて、あなたのやる気が出れば幸いでございます。



 


仕事がやる気満々の時に
陥りやすい7つの失敗

 


はじめての仕事


仕事に初めて取り組んだ時や慣れていない時などに、仕事を失敗することがあります。

そこには自分の能力と仕事を処理するのに必要なレベルに差が生じていて、結果的に仕事を失敗したのです。

これは自分の能力以上の仕事を、それとは気が付かないで受けたことが、間違いの要因だったのかもしれません。

自分の能力は自分自身が一番よく知っていることです。それを仕事と絡めて考えて、その仕事を処理出来るのかを判断することが、あなたにとっては重要なことになります。

 


気がゆるむ


仕事にやる気が出てくると自意識が過剰になって、周囲の目を気にしたりします。そういうちょっとした気のゆるみから失敗を招くことがあります。

取引先の会社やプレゼンの場所など至るところにそういう場は存在します。自分の姿をよく見せようとするのは誰しもが多少ともやっていることです。

けれども中身が伴わなくては、無理な挑戦だと気が付くべきです。やはりそれには経験や技術を身に着けて行くことが近道になります。

中身が充実しているとおのずと自信に満ちた姿になっているものです。

 


仕事を知らない


仕事の目標設定が十分に把握できていない時に、勢いで見切り発車してしまうことがあります。

そうなると先方との意見の相違は避けられません。自分が任されている仕事の内容が正しく理解されていないと、思わぬ失敗をしてしまいます。

そういう時は、やはり大切な仕事を進めるプロセスとして、じっくりと仕事の内容を分析することです。

その仕事に求められているものは、何かを知ることが大切なことになります。そこから物事は始まっていきます。

 


急いでいた


急いで仕上げた仕事が失敗したりします。失敗したことは残念ですが、その後始末が大切になってきます。

失敗に終わったことはもう取り消すことのできない事実として残ります。けれども失敗にいつまでも拘っていてはいけません。気持ちをズバッと切り替えます。ここからが正念場になります。

この職場で働き続けて行くためにはきちんとしたけじめをつけます。関係者への謝罪です。始末書ともいうべき報告書を書き上げて提出します。そして、きちんとした謝罪をして失敗に至った経緯を書き添えて報告します。

こうすることであなたは大人の社会人としての対応をしたことになります。

 


思慮が足りない


この仕事は何時もやっている案件なので、慣れているから任せて下さいと大見えを切った。

だが、自分の思い込みから勝手な解釈をして失敗を招いてしまった。失敗した時は、初心に返って謙虚に反省することです。

そして、その原因を見極めることが重要になります。間違いは自分の思慮が足りなかったから起こったことで、自分も大勢の人たちと同じように間違いをするのだと自覚することも大切なことになります。

さらに同じ過ちを繰り返さないことから。失敗の原因を解明して解決しておく必要があります。

 


手心を加えた


会社勤めも慣れてくると仕事にやる気が出てきて面白くなってきます。そういう状況の時には、自分寄りの考えを広めていこうとします。そして、良かれという思いから仕事をして失敗してしまいます。

これは私的な考えを公の場に持ち込んだもので、自分勝手な思い上がりの考えが、後先考えずに暴走してしまった結果だといえます。

仕事の場では、求められてもいないのに勝手に手心を加えるような行為は、タブーになります。任された仕事は、目標設定に従って、忠実に実行して行かなければなりません。

 


気を取られていた


仕事に意欲的な人でも、ストレスが溜まっていると仕事に影響が出てきます。

不意の出来事に我を忘れたり、プライベートなことに気を取られていると、いくら頭の切れる人であっても、思考力が散漫になったりして思わぬ失敗を引き起こしてしまいます。

そういう時は、深呼吸や外気に触れるなどして気持ちの高ぶりを鎮めると効果があります。

ちょっとした息抜きをすることで、気持ちの切り替えができて普段の自分を取り戻すことができます。こういう時はいくら急ぐ用件があっても、慎重に行動することがポイントになります。

 

いかがでしたか。仕事がやる気満々の時は、要注意だと気が付きましたか。そういう時こそ自分の周囲をしっかりと地固めしなければなりません。

浮かれていては足元をすくわれてしまうのです。ビジネス社会は言ってみれば弱肉強食の世界です。

あなたが失敗すれば冷やかに見ているだけです。あなたは何クソ精神で自分で解決しなければ生きられません。

甘えはゆるされないのがビジネス世界です。失敗は誰でも経験することなのです。そこから何をつかんでくるかが、ビジネル世界で生き残るためのキーポイントになります。

 


まとめ


仕事がやる気満々の時に陥りやすい7つの失敗

・はじめての仕事
・気がゆるむ
・仕事を知らない
・急いでいた
・思慮が足りない
・手心を加えた
・気を取られていた