退職挨拶時のスピーチで、後を濁さず去るコツ!

退職挨拶時のスピーチで、後を濁さず去るコツ!
退職挨拶のスピーチで最も大事なことは何でしょうか?これまでお世話になった人へ感謝の気持ちを伝えること、退職の理由を自分の言葉で伝えることなど人それぞれ伝えたい事は違いますが、どのようなスピーチにも共通して重要となるのは「立つ鳥跡を濁さず」です。

退職挨拶のスピーチは、その職場を去る人間が最後に残す言葉ですから、聞いている会社の人間に不快感を与えてはいけません。そんな事は当然だと思われる方は多いかもしれませんが、意外にも無意識のうちに相手に不快な思いをさせていることがあるのです。

そこで今日は、退職挨拶のスピーチをする時に外してはいけない、そして気をつけなくてはいけないポイントをについてお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

退職理由の伝え方!会社を円満に辞める7つのコツ

退職理由の伝え方!会社を円満に辞める7つのコツ
退職をする時には、もうその会社を去るのだから多少いい加減に振る舞っても問題無いだろうと思っている人がいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

退職というのは会社にとっても人材の損失という点で大きなマイナスになりますが、退職をする人間にとっても円満に退職できないと、同じ業界や業種で転職をする場合などには、悪評が出まわったり、後々また取引があるかもしれない人からの信用を失う可能性があります。

そこで、円満に会社を辞めるために必要な退職理由を伝える段取りやその時に注意しなくてはいけないことなどを具体的なポイントに分けて7つお伝えします。立つ鳥跡を濁さずということわざがあるように、退職時には円満退社をしましょう。

[ 続きを読む… ]

退職を会社に伝えるまでの準備と挨拶の仕方

退職を会社に伝えるまでの準備と挨拶の仕方
退職を決めたのであれば、一刻も早く気持ちを楽にするため周囲とのかかわりを次々に処理していきたいところですね。ですが、辞めるからとって、雑なやり方で今の人間関係や仕事の状況を壊してしまうと、次のステップの自分にも悪影響になってしまいます。

退職する当日までは、今の職場の人間として上手くやっていくことをオススメします。そのために、退職を決意してから会社に伝えるまでの準備や、退職の挨拶について、多少面倒であっても、計画的にすすめるようにしましょう。

もちろん、次の仕事への自分の準備も忘れてはいけませんが、今の職場での経験が次に繋がっているからこそ、退職が決意できたのではないでしょうか。一つ一つの経験を大切にして将来の自分に役立てる為には、少しの努力の積み重ねが大切。前向きになるためにもしっかりとした手順で気持ちよく退職できるようにしましょう。ここでは、退職を会社に伝えるまでの準備と挨拶の仕方をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

退職挨拶のスピーチ、上手くいく7つの具体例

退職挨拶のスピーチ、上手くいく7つの具体例
長い人生です。一つの職場に定年までい続ける人もいますが、色々な理由で会社を退職する人も多いでしょう。退職するにあたって、今までお世話になった同僚に対して挨拶のスピーチをする機会が設けられるはず。たつ鳥後を濁さずの精神でもって、辞めていく会社の社員たちに立派に退職挨拶のスピーチをしたいところです。

しかし退職は人生で何度もあるものではありません。結婚や出産、そして転職やキャリアアップなど、人生に1度か2度、あるかないかの機会です。退職挨拶のスピーチと言っても、慣れている人の方が少ないはず。ほとんどの人は「何を話せばいいのだろう?」と考え込むはずです。

そこで今回は退職挨拶のスピーチの内容を、どのように工夫すればいいかをお伝えします。退職挨拶を控えている方は是非、スピーチの参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

退職&転職するときの手続きガイド。コレを見れば大丈夫!

退職&転職するときの手続きガイド。コレを見れば大丈夫!
今勤めている会社を退職し、転職する。特に今のご時世には、退職&転職という経験を積むことになる人も多いもの。何度も繰り返している場合は、手続きも楽々…かもしれませんが、はじめての退職&転職の場合、一体何をすればいいのか不安になってしまうという人は少なくありません。

そこで、今回「退職&転職するときの手続きガイド。コレを見れば大丈夫!」と題して、退職&転職時に役立つ手続きガイドをお伝えします。手続きのミスがあり、退職したはずの会社に再度訪問、連絡をとるということがないように、このガイドを参考にしっかりと確実にチェックしてください。

基本的には、退職する会社から受け取る書類と、次の転職先である会社に渡す書類を間違えなければ大丈夫。ここでのトラブルは、転職先の会社にいらない心配をかけてしまう可能性もあります。きっちりとよいスタートをきるためにも、準備を行っておきましょう。では、手続きガイドを見ていきましょう。

[ 続きを読む… ]