スピーチのネタに困らない人が行っている7つのテクニック

スピーチのネタに困らない人が行っている7つのテクニック

皆さんの周りに「この人スピーチ上手いな!」という人が一人はいるのではないでしょうか。朝の朝礼などでも失敗せず、話がきれいにまとまって聞いていて面白いな、と思えるようなスピーチ、理想ですよね。

今回はそんなスピーチ上手な人が日々行っているテクニックに焦点を当てます。「普段スピーチ失敗しちゃうんだよなぁ」なんて方も是非みて下さい。本当に何気ないもので大きく変わります。

スピーチが出来る事は多くの人を動かす事が出来るスキルです。出来ることなら習得したいものです。そんなスピーチのネタ集めテクニックを紹介します。

本当に普段からある何気ないものです。当たり前に誰でも出来る事です。そんな違いを述べていきます。



 


スピーチのネタに困らない人が行っている
7つのテクニック

 


新聞をチェックしよう。


これは誰しもやっている事でしょう。社会人になって新聞をとっていないなんて人はいますか?現在はネットなどでも読むことが出来ますがスピーチネタとして探すのならやはり紙からがいいです。

紙から読む情報でチェックしたいのはいわゆる1面2面の記事ではなくて3面記事にあります。スピーチネタとしては3面以下の記事から探してくることに意義があります。1面2面に記事はみんな知っているのです。

ニュースでも沢山あるのです。ですから誰も引っ張ってこないような記事にスポットを当てる事です。そうするとユニークなスピーチをする事が出来るでしょう。

紙から探すのはやはりこういった記事を見つけてくるのは紙が早いのです。新聞をチェックしましょう。自分の教養にもつながります。

 


LINEをチェックしよう。


スピーチネタはLINEからでも十分に探せます。どのようにして探してくるのでしょうか?LINEの友達のタイムラインなどからネタを引っ張ってくることが出来ます。

そのネタはユニークで独自性の強いものです。そんなものをネタにスピーチを考えれば誰にも思いつかないスピーチを考えつく事になります。LINE友達との会話でもいいでしょう。

何気ない会話に中にもスピーチネタは十分に潜んでいます。会話でネタを引き出す事も出来ます。LINEは非常に便利なツールなのです。

会社内のグループラインなどをネタにするのもいいでしょう。結構笑えるネタがあります。

 


メールをチェックしよう。


スピーチを上手くする人はメールも逃しません。ここにもかなりのネタが潜んでいます。皆さんは何気なくメールを流し読みしていませんか?

それは非常にもったいないことなのです。メールは意外にその人の個性が出ます。それはスピーチのネタとしては最適です。

間違いメールや訂正メールなどは格好のスピーチネタです。そのまま使えます。「昨日こんなメールが来ていまして・・・こう思いました。皆さんはどうでしょうか?」

これでいいのです。簡単ですね。

 


アプリをチェックしよう。


最近はスピーチのネタを提供してくれるアプリもあったりします。皆さんは使っていますか?あるいは使いこなせていますか?

まだ使っていない方には是非使うようにすすめます。もう使っていると言う方はその使い方を教えますね。アプリに書いてあるものをそのままでは脳がありません。

場合によってはそのアプリを他の人も持っていて内心笑われているかも知れません。大事なのは自分の体験に置き換えてみる事です。これで完全にオリジナルです。

誰も笑う人などいません。

 


ネットをチェックしよう。


ネットは情報の宝庫です。スピーチのネタはあちこちにウヨウヨしています。ただし情報があまり多すぎてもスピーチはよくありません。

情報を絞り込みましょう。スピーチにするには1ネタか2ネタあれば十分なのです。なるべく聞く人の関係ある話を選ぶといいでしょう。

ただしネットなどでは真偽のハッキリしない情報もあります。スピーチで嘘を言う事はいけませんのでこれには注意してください。なるべく出来るならダブルチェックをする事です。

1つの項目について違う角度から見た意見なども参考にするべきです。

 


会社の予定をチェックしよう。


上手い人のスピーチには会社なら会社の予定を把握したスピーチをします。皆さんは出来ていますか?まるでその週の関係ない話をしていませんか?

上手いスピーチが出来る人は会社の予定にも網を張っています。ダメな人は間違った予定などを朝礼の時のスピーチで出したり、クレームを受けた件を出したりしてしまいます。

会社の予定を把握してその週に必要な情報を提供する事が出来ればあなたも周りからスピーチの上手い人と認識される事でしょう。出来る人になれるのです。その日その週気持ちよく仕事が出来る事でしょう。

 


朝のインパクトで決めよう。


スピーチは朝決めると言う事があります。例えば朝会社に来て同僚のネクタイを見てこのネクタイどこで買ったの?いい色だね俺も欲しい。

そういえばこの色はこう言った意味があります・・・ですからこの色みたいに皆さんも頑張っていきましょう。こんなスピーチを出来る人もいます。非常に他人とは被る事ない斬新なスピーチです。

慣れるまでは難しいかも知れませんので慣れてない方にはおススメしません。慣れていない方はやはり練習が必要でしょうし・・・。しかし慣れてきたらこういったスピーチもいいのかも知れませんよ。

スピーチは朝のインパクトで決めましょう。時に大きな発見に繋がる事もあったりします。

 

いかがでしょうか。スピーチはその人の決意表明を現すものです。その人に一日一週間の覚悟が見えるものです。

ですからスピーチの出来いかんではその日一日や一週間がダメになってしまうかも知れません。慣れないうちはやはり原稿を自分で事前に作り家で練習する事がいいでしょう。慣れてくるとその日の出来事などを簡潔に示す事が自然に出来るようになります。

そういったスピーチは団体をまとめいい具合で仕事が出来る集団へと成長させます。是非挙げた項目を実践して上手いスピーチをしましょう。ネタはどこにでもあるのです。

自分がそれをまとめる力がつけばどんなスピーチも簡単にこなす事が出来るでしょう。

 


まとめ


スピーチのネタに困らない人が行っている7つのテクニック

・新聞をチェックしよう。
・LINEをチェックしよう。
・メールをチェックしよう。
・アプリをチェックしよう。
・ネットをチェックしよう。
・会社の予定をチェックしよう。
・朝のインパクトで決めよう。