「別れたい」と心の底で思っている人の7つの言動と行動

「別れたい」と心の底で思っている人の7つの言動と行動

互いに「好き」と言う感情を持っているからこそ恋人関係になり付き合うわけですが、良い関係ばかりの時ではありません。「好き」であっても喧嘩する時はありますし、「好き」だからこそ喧嘩する場合もあるでしょう。

しかし、この悪い状態は「さめている」からこそ起きることもあります。喧嘩しつつも「好き」な時も多いですが、心の底で「別れたい」と思っているときもあると言うことですね。

「好き」だからこそ互いに言い合う時は良いのですが、一方が「別れたい」と思っていて状態が良くないならば注意すべきです。実際、これらのサインを見逃したがために取り返しのつかないことになったケースはよくあります。

そこで、今回は心の底で「別れたい」と思っている人の言動と行動についてまとめました。現在、状態が良くない方も、良いと思っている方も、ぜひご参考になさってください。



 


「別れたい」と心の底で思っている人の
7つの言動と行動

 

 


デートが減ったら注意しよう


まずはデートの回数が減り始めたら注意しましょう。「最近、仕事が忙しいから」なんて理由を真に受けて、「仕事、大変だね」と呑気に捉えていてはいけません。

相手への思いがあるならば、デートの約束を反故にした場合は、必ず後で埋め合わせを行うものです。それがないのは単純にあなたへの思いがさめているからです。かつてほどの熱烈な思いがなく、心の底では「そろそろ、別れたいな」と考えていることが多いです。

ゆえに、デートの回数の減少は注意すべきなのです。一刻も早く、対策に乗り出すべきでしょう。

 


デートの遅刻が増えたら注意しよう


次に注意したいのが、デートの遅刻です。付き合い初めの頃、もしくは付き合う前の頃、デートの遅刻などありましたでしょうか。どんなにずぼらな人であっても、思いを寄せている人とのデートにはなかなか遅刻しないものです。

もちろん、人間ですから長く付き合う中で一度や二度の遅刻はあるでしょう。ゆえに、たまの遅刻ならば過剰に深刻になる必要はありません。しかし、それが続いたならば要注意です。

単純に会うのが面倒になっているのですね。本音の部分では「別れたい」と思っている可能性は高いと言えます。デートの遅刻、寛容性を見せるのは結構ですが、あまりに度が過ぎるのならば注意するべきでしょう。

 


優先順位が下がったら注意しよう


3つ目は優先順位の低下です。「今週末は友達と遊ぶからデートはできない」「会社の飲み会があるから今日は無理だわ」などと、自分より友人や会社の人間を優先しだしたら要注意です。

ここでも、当然ですが、長いお付き合いの中で友人や会社の同僚との付き合いを取ることはあります。恋人との関係一辺倒な人間など、そちらの方が危険とも言えます。しかし、ここで言っているのも頻度の話です。

頻繁に自分以外の人間を優先し始めたら注意すべきと言うことです。会うのを避けるのは、「別れたい」と思っているからなのですからね。

 


会話が減ったら注意しよう


4つ目は会話です。せっかく、一緒に過ごしているのに会話がない、これは非常に危険なサインと言えます。通常、好きな人相手ならば、普段寡黙な人であっても話をするものです。誰だって、話を聞いて貰いたいものですからね。

しかし、それがなくなったわけです。つまり、あなたに話を聞いて貰いたいと思わなくなったと言うことです。イコール、気持ちがさめつつあると捉えていいでしょう。心の底では「別れたい」と考えており、早番行動を起こされる可能性が高いです。

 


話を聞いてくれなくなったら注意しよう


5つ目も会話に関連するものです。誰であろうと、どのような人であろうと、好きな人の話であれば聞きたいと思うものです。「もっと、相手のことを知りたい!」と思うものですからね。

ゆえに、これがなくなった時は注意すべきなのですね。「一生懸命話をしているのに聞いてくれない」「話の途中なのに、スマホをいじっている」これらの兆候が見られ始めたら「別れたい」と思っている可能性が高いですから、注意して行動しましょう。

 


扱いが雑になったら注意しよう


6つ目は扱いの変化ですね。好きな人は大切に扱うのが普通です。ゆえに、付き合い初めの頃は丁寧に扱われたことでしょう。しかし、気持ちの変化とともに、徐々に変わってくるのが扱いです。

思いの無い相手に対しては扱いがぞんざいになるものです。「最近、扱いが雑だな」と感じ始めたら要注意です。心の底では「別れたい」と思っている可能性大ですからね。注意深く他の行動も見ていった方が良いでしょう。

 


スキンシップが減ったら注意しよう


最後はスキンシップの減少です。愛し合う二人がスキンシップをとるのは当然の事です。肌と肌との触れ合いは大切なことですし、カップルならば極々自然なことでもあります。

しかし、このスキンシップが急激に、あるいは徐々にでも減少を始めたならば注意が求められます。心の奥底にある「別れたい」と言った思いがそうさせるのですね。無意識下でも行われることですので、黄信号所か赤信号と言って問題ありません。大変、憂慮すべき事態と言えるでしょう。

 

いかがでしたか。「別れたい」と心の奥底で思っている人の言動と行動についてはご理解頂けましたでしょうか。相手の言動や行動から、相手の本音を知ることは案外簡単にできるものなのですね。

基本的には、急激にでも、徐々にであっても、相手の行動が変化を始めたならば注意すべきと言うことです。もちろん、一過性の変化である場合も多いですし、ポジティブな変化もあります。ゆえに、全てをネガティブな方向で考える必要はありません。

しかし、本項で触れた7つの変化が見て取れたならば要注意であることは間違いがありません。早め早めの対策が、恋愛においても功を奏するものです。上記で触れたポイントを意識して、恋人との関係を継続されることを強く推奨致します。

 


まとめ


「別れたい」と心の底で思っている人の7つの言動と行動

・デートが減ったら注意しよう
・デートの遅刻が増えたら注意しよう
・優先順位が下がったら注意しよう
・会話が減ったら注意しよう
・話を聞いてくれなくなったら注意しよう
・扱いが雑になったら注意しよう
・スキンシップが減ったら注意しよう