赤ちゃんの英語耳を育てるために効果的な6つの方法

赤ちゃんの英語耳を育てるために効果的な6つの方法
赤ちゃんのための英語学習に対する関心は日に日に高まっています。世界の国々のボーダーレス化が急激な勢いで進み、その中で国際語である英語の重要性が増してきているという事情がその背景です。

そんな中、英語ができるに越したことはもちろんないのですが、日本人は一般的に英語が苦手ですよね。その理由はいろいろありますが、一番ネックとなっているのは「英語の音を聞き取って理解することができない」という理由でしょう。

確かに、文法や単語学習などはある程度年齢を重ねた方が効率的に進みますが、音を理解するには脳の柔軟性が必要です。早いうちから英語学習を始めた方が良いと叫ばれるのには実はこうした事実があります。

とはいえ、赤ちゃんのうちから英語学習を始めるのにもコツが必要です。それでは、英語耳を育てるのに効果的な方法について解説します!



 

赤ちゃんの英語耳を育てるために
効果的な6つの方法

 

出産前から始める


赤ちゃんの英語耳を育てるのに早すぎるということはありません。なぜなら、赤ちゃんはお母さんのおなかの中にいる状態でも「音」を聞き取っているからです。だからこそ、生まれる前から赤ちゃんによく話しかけていると赤ちゃんの脳の発育に良いと言われています。

これを英語学習に利用しない手はありません。ぜひ、まだお腹のなかにいる赤ちゃんに英語の音声をたくさん聞かせ、英語耳が育ちやすいように準備してあげてください。妊娠20週頃からがおすすめです。

お父さんやお母さんが読み聞かせても良いですし、発音に自信がなければ既製のCDなどでも構いません。たくさん聞かせてあげるのがコツです。

 

生後一年までが勝負


赤ちゃんの耳を英語に慣れさせるには、生後一年までが勝負であると研究によって明らかにされています。生まれてから12か月の間であれば、赤ちゃんの脳はいろいろな言語の音を吸収できるからです。

そのため、1歳になる前に英語の音声をたくさん聞かせ、英語という音に慣れやすいような環境を作ってあげてください。子供向けの英語番組や英語の歌などをかけてあげるのがおすすめです。

 

お父さんやお母さんも一緒に


英語の音声をかけっぱなしにしているだけでも悪くはないのですが、お父さんやお母さんなどご家族の方が一緒に英語学習に参加してあげると、赤ちゃんもより楽しく時間を過ごすことができます。大好きなパパ・ママが一緒なら赤ちゃんも安心するので一石二鳥です。

この「楽しく、安心しながら」というのが赤ちゃんの効率的な英語学習のポイントとなります。カラフルなイラストがあり楽しい英語の音や歌などがついている本を活用してみましょう。

 

歌やダンスをとり入れてみる


赤ちゃんが少し大きくなったら、英語学習に歌やダンスもとり入れてみましょう。赤ちゃんや小さな子供は歌ったり踊ったりするのが大好きですので、英語のものであっても積極的に参加してくれます。

また、歌ったり体を動かしたりしながら英語に触れることにより、吸収力もよりアップするという点も見逃すことはできません。歌や踊りを楽しめる小さいころだからこその利点を上手に利用しましょう。

 

乳幼児向けの英会話教室に通う


最近では赤ちゃんが英語を学べる英会話教室が増えてきています。ぜひ、最寄りの乳幼児向けの英会話教室を探してみましょう

英会話教室にはいろいろなメリットがあります。プロによる本格的なレッスンを受けられるうえ、英語学習へのアドバイスを聞いたり、他の親御さんたちと情報交換をしたりできるため、利用しない手はないほどです。

 

日本語で話しかけることも忘れずに


赤ちゃんの英語力を育てるためには英語で話しかけたり音声を聞かせたりすることはとても大事ですが、それと同じように、あるいはそれ以上に大切なのは母国語です。巧みに外国語を操るにはまずは母国語がしっかりと学べていなければなりません

もし英語のみに集中して日本語で話しかけることを怠ったら、英語よりも日本語が使われることの多い社会で育つ赤ちゃんは混乱してしまいます。結果、英語も日本語も中途半端にしか操れない人に成長してしまうことは少なくありません。

行き過ぎる英語学習は赤ちゃんにとっても毒となります。英語だけでなく日本語でも大いに話しかけて、バランスを取ってあげましょう。また、英語学習だけでなく他の遊びもさせてあげてください。

 

以上、赤ちゃんの英語学習を考えるときに効果的な6つの方法です。赤ちゃんの耳はとても繊細で、また様々な言語の音を聞くことができます。だからこそ英語学習を始めるにはとても有利な時期だとされているのですが、問題はそのやり方です。

赤ちゃんがまだお腹の中にいるうちからお父さんやお母さんが愛情をこめて英語学習に参加させてあげるのがコツです。赤ちゃんが楽しめるような工夫のされた教材を使い、一緒に楽しんでみましょう。

一方で、英語以上に日本語でのコミュニケーションも怠らないことも大切です。母国語ができてこそ外国語に長けることが可能なので、日本語でもどんどん話しかけてあげてください。乳幼児向けの英会話教室で情報交換をするのもおすすめです。

それに気を付けるだけでも赤ちゃんは英語をどんどん吸収してくれますよ♪

 

まとめ

赤ちゃんの英語学習を始めるのに知っておきたい6つの方法

・出産前から英語を聞かせ、慣れさせよう
・生後一年までに英語をたくさん聞かせよう
・家族で参加すると効果大
・歌と踊りで楽しく
・メリットの多い英会話教室がおすすめ
・日本語でもたくさん話しかけてバランスを取ろう