夫婦喧嘩した後、すぐに仲直りできる6つの技!

夫婦喧嘩した後、すぐに仲直りできる7つの技!
夫婦喧嘩は犬も食わないとはよく言ったものです。日ごろの小さなイライラの積み重ねが、ふとした時に爆発。些細なことから離婚に発展するまでの大喧嘩になることも珍しくはありません。

夫婦は親子とは違い、他人と生活を共にしなくてはなりません。育ってきた環境の違いから、衝突することも多々あります。そして相手に合わせて我慢することもしばしば。そんな我慢の積み重ねが、爆発しては大変です。しかしそれが「夫婦」というもの。「人間」というものです。夫婦喧嘩はどんな夫婦でも避けられないものなのです。

では、夫婦喧嘩をしてしまったときに、どのようにして仲直りすればいいのでしょうか。意地を張って素直になれない時だって、夫婦として生活するために仲直りしなくてはなりません。そこで今回、夫婦喧嘩の後にすんなりと仲直りできる方法を伝授します。以下を参考にして夫婦生活を円満に楽しんでください。



 

夫婦喧嘩した後、
すぐに仲直りできる6つの技!

 

ラインやメールで「ごめんなさい」


夫婦になるとお互いに意地になってしまい、なかなか素直に「ごめんなさい」が言えないものです。しかし内心で「早く仲直りしたいなぁ」と考えているのならば、ラインやメールを使って「さっきはごめん」と謝ってみてはいかがでしょうか

もちろん、言葉で謝る方が確実に相手に気持ちが伝わります。しかしどうしても頭を下げるのが悔しいときは、SNSを使った謝罪でもしないよりはましなのです。泥沼にはまる前に、謝罪の意思だけでも伝えておくといいでしょう。

 

言葉の代わりにスキンシップ


ことばで「さっきはごめん。自分が悪かったよ。」とはなかなか言えませんよね。むしろ喧嘩の内容を思い出しても「絶対に自分は悪くない!」「絶対に自分からは謝らない!」とむかむかしているはず。

とはいっても、同じ屋根の下でいつまでも険悪な空気が流れているのも困りものです。そこで夫婦ならではの必殺の仲直り方法としてスキンシップをお勧めします。スキンシップを取ることで、言葉よりも多くの物事を伝えることができます。

「ごめんなさい」はもちろんのこと、「あなたを愛しています」「あなたを必要としています」という気持ちも伝わります。もちろん内心では「あなたを愛していますけど、さっきの喧嘩は私は悪くないから謝らない!」と考えているかもしれません。それでいいのです。スキンシップは愛情だけを上手に相手に伝えてくれる素敵な仲直り方法なのですから。

 

素直に「ごめんなさい」


夫婦喧嘩の後に仲直りをしたいのならば、なんといっても一番効果的なのは「ごめんなさい」というセリフです。この一言さえ言ってしまえば相手も「あぁ、こっちもごめん」と折れてくれます。しかしそれがなかなか難しいですよね。だからこその「夫婦喧嘩」なのですから。

しかし、素直に謝る以上の上策はないと言ってもいいほどに、この言葉は効果を発揮します。相手だって自分の悔しい気持ちに折り合いをつけて素直に謝ってくれるあなたに対して、それだけの価値を再確認してくれるはずです。

 

男の意地には女が折れる


夫婦喧嘩が長引いているとき、特に夫の側からの謝罪は期待できません。男は意地っ張りな生き物だから、「自分から謝ってたまるものか!」と意地になってかたくなになってしまいます。そんなときは奥さんの方が、悔しい気持ちを飲み込んで「ごめんなさい」と言うべきです

世の中の全ての女性はそれを「女って損だ!」と思うかもしれません。しかし言葉と建前の謝罪さえあれば、夫は気を良くしてすぐに仲直りできます。まさに「男を手のひらで転がす手段」だと割り切って、先に折れて謝ってください。それでこそ、女の中の女です。

 

おいしい手料理を作る


夫婦喧嘩をしている最中だって家事は休まることがありません。主婦業に休みはないのですから。勝手ばかりを言いたい放題言っても、夫はお腹がすくものです。そして傍若無人にあなたの作るご飯を待ちます。

なんて勝手な生き物だとあきれる気持ちもわかりますが、主婦業にだけは手抜きをしないよう、お勧めします。そんなときこそおいしい料理を振る舞うのです。世の中のたいていの夫はおいしい料理を食べることで喧嘩の事すら忘れてしまいます。早く仲直りしたければ、おいしい手料理をご馳走してあげてくださいね。

 

「生理前だから」と説明をする


夫婦喧嘩が勃発する時期は決まって「生理前」ではないでしょうか。普段なら夫の勝手な言動を許せても、生理前だけはイライラを抑えられないという女性も多いはず。女性は生理前にはホルモンバランスが乱れて気持ちも乱れます。

夫婦喧嘩をするたびに「ごめん、私生理前だからイライラしていたよ」と説明すれば、夫も次第に女性の仕組みをわかってくれます。むしろ「それなら仕方がないな」とすんなり許してくれることも。長く夫婦をやっていればこそ、夫の理解が必要な点でもあります。

 

さて、夫婦喧嘩をした後に、すぐに仲直りできる6つの方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

夫婦になれば喧嘩は起きます。しかしその喧嘩を長引かせることは、お互いにとって得策ではありません。長引けば長引くほどお互いに意地になって、終着点が見えなくなります。そのままずっと疎遠な態度でセックスレスや家庭内別居へと簡単に発展します。

そうならないためにも、夫婦喧嘩は長引く前に簡潔に仲直りすることをお勧めします。自分から折れるのが悔しくても、その悔しさを抑えて「ごめんなさい」をする価値は十分にあるのです。上に紹介した6つの方法を読み、「なるほど」と納得できたら、あなたなりの方法で相手に謝ってみてくださいね。

 

まとめ

夫婦喧嘩した後、すぐに仲直りできる6つの技とは?

・ラインやメールで「ごめんなさい」と伝える
・言葉の代わりにスキンシップで愛情表現をする
・素直に「ごめんなさい」と言葉で言うことが一番の解決である
・夫が意地を張っているときは妻が折れて謝ろう
・夫婦喧嘩をしたときこそ、おいしい手料理を作る
・「生理前だから」と女性のイライラ期の説明をする