薄情な人をアツい人に代えさせる7つの働きかけ

薄情な人をアツい人に代えさせる7つの働きかけ

家族のなかでも性格は異なります。そして、まことしやかに生まれつきだとも言われます。一般論でいう薄情な人は、何不自由なく育ち物事に拘らない性質で、自分に甘いのだとも言われます。

アツい人は、周囲の人たちの愛情が薄く寂しい思いがあって、人との関わりに飢えていたのだと言われます。性格は、容易には変えられないものかもしれません。けれども自分の考えを行動に示すのは可能です。

ポイントはその考えを受け入れる意思があり、それを当事者が実行するかの問題になります。ここでは、薄情な人をアツい人に代えさせる7つの働きかけを、あなたと共に見ていきます。



 


薄情な人をアツい人に代えさせる
7つの働きかけ

 


甘やかさないように働きかけてみよう


彼はデートのたびに遅れてきます。そして、取って付けたような言い訳をします。遅くなっても家まで送ってくれたこともありません。そういう気配りのない無神経な人だと思っていますが、悪い人ではありません。

お付き合いには不満があるのです。それというのも、彼の言い訳には心底あきれています。男らしくない態度だと思います。次のデートからは遅れて来て言い訳したら、絶交宣言する覚悟です。

それとわたしの家までの道路は暗くて危険なので、送ってくれないと駄目だとはっきりと宣言します。今までわたしが黙って許してきたことが、彼を甘やかしてきたと思うので反省しています。

 


あなたの存在を認識するように働きかけてみよう


周囲の目を気にしない男性です。デートのたびに耳元でささやく甘い声は、心地よいメロディーとなっています。しかし、彼の何気なく振る舞う姿から見え隠れする横柄なあしらいは嫌なものです。

それを思うと彼の薄情さを垣間見るような気持ちになります。嫌味な人ですがわたしは彼を信じています。ただ情が薄い人だと思っています。経済的にも恵まれていて何不自由なく過ごしています。

あなたがやることは彼の前から黙って姿を消してしまうことです。置手紙に彼の不実を書き連ねて連絡は一切断ちます。そして、彼にあなたの存在の大きさを実感させます。これは大きな賭けになります。

 


アツい人に成り代わって働きかけてみよう


誰しも親切な扱いを受けると嬉しいものです。常識という言葉は、ときには無用の長物と化してしまいます。困っている人を見かけても、素知らぬ顔をする人がいます。ケロッとして悪びれる様子もありません。

これは意地悪というか情が薄い人です。あなたは当人に意見しますか。それは止めておきなさい。世の中には異なる価値観を持った人がいます。あなたが意見したらきっと逆ギレされるかもしれません。

触らぬ神に祟りなしを守ってください。けれども、そういう現場に出くわしたら迷わずにさっと手を差し伸べてください。ここでの働きかけは、あなた自身がアツい人に成り代わってしまえばよいことです。

 


要求を呑むように働きかけてみよう


デートではよくアミューズメント パークに行きます。二人とも大騒ぎするのは大好きです。イベント会場を移動するときは、転びそうになったり歩く歩調も乱れがちです。そんなときでも彼は冷たい態度で嫌味を言います。

手も握ってくれないし肩を抱いてもくれないのです。勿論キッスもなしです。そういう意味では情のない人です。あなたは声を大にして彼に面と向かって訴えることです。わたしをどう思っているのか。好きなのか。

それともどうでもよい存在なのか。その返答によって絶交も視野に入れます。彼が折れてきたらあなたの要求を伝えて確約させます。そして、約束を守らせるために軌道修正を怠りなくしていきます。

 


上司に協力を働きかけてみよう


周囲から敬遠される仕事がくると、途端に居留守を使う人がいます。そういう人は宴会では羽目を外して、女性におべっかをつきます。しかし、職場では別人のように冷淡で嫌味を言う嫌がられる存在となります。

面倒くさいことは極力避けます。こういう自分本位の人を目覚めさせるためには、大きなお灸をすえるしか手段はありません。この役回りはヒラの人には無理です。そこで、上司の熱い指導を受ける必要があります。

そして、本人が心から反省して自覚しなければ治りません。可能性の問題として、匿名で社長宛に内情を事細かに書いて、当人を目覚めさせるのに力を借りるという大胆な働きかけが考えられます。

 


自分磨きを武器にして働きかけてみよう


彼とのデートは、有名どころのレストランやホテルなどでの、ちょっとした時を共有することです。彼は知名度もあり経済力もあるのでそれが魅力です。けれども気位が高くて気疲れします。

また、ちょっとした振る舞のなかに気難しさや、時として邪険に扱われます。彼をアツい人に代えるのは至難の技と言えます。彼はどの程度にあなたを欲しているのか。あなたの存在がキーポイントになります。

若い彼ならあなたのナイスバディに参っている可能性は大です。中年紳士では若い女性の一人だと見ます。そこであなたは自身の魅力アップを怠れません。そうして彼らの刹那のアツい想いをかき立てます。

 


衆人にアッピールを働きかけてみよう


新ビルがオープンすると。そこでは新しい出会いが待っています。人々は興奮して目を見開き、口々に声高になります。ところが真新しいガラス壁に突き当っています。車イスの人はどうした訳か困っています。

通行人は黙って前を通り抜けていきます。そうかと思うとお年寄りと接触する人もいます。そして、思わぬ悪態が口からでます。あなたはきっと手を差し伸べるでしょう。普通の人なら無関心ではいられません。

それが常識です。大勢の人たちに、アツい人になってもらうのは到底無理なことです。あなたの献身的な行為を衆人に見せ付けることが、せめてものアッピールになります。

 

いかがでしたか。アツい人は人々から羨望の目で見られます。薄情な人もいます。わたしたちはそういう人とも関わりを持ちます。あなたの周囲には多くの人が生活しています。アツい人はいますか。

どちらかと言うと薄情な人ばかりが目につきます。アツい人はとある出来事が起こったときしか目にできません。そのために出会う確率はとても低くいのです。その反対に薄情な人はそこかしこで目撃されます。

その人たちをアツい人に代えるのは至難の技で、運がよければ成功します。ここでは、薄情な人をアツい人に代えさせる7つの働きかけを見てきました。あなたにとって参考になる事例がありましたら幸いです。

 


まとめ


薄情な人をアツい人に代えさせる7つの働きかけ

・甘やかさないように働きかけてみよう
・あなたの存在を認識するように働きかけてみよう
・アツい人に成り代わって働きかけてみよう
・要求を呑むように働きかけてみよう
・上司に協力を働きかけてみよう
・自分磨きを武器にして働きかけてみよう
・衆人にアッピールを働きかけてみよう