暗い性格を明るく変える7つの習慣とは?

暗い性格を明るく変える7つの習慣とは?
「性格を変えるのは難しい」、「暗い性格を明るくするのは大変だ」と言われることがあります。確かに、人間の性格は元々の気質に加え、家庭環境や人生経験の影響を複雑に受けているため、突然ひっくり返すのは難しく思えるかもしれません。

しかし、コツさえつかめば、暗い性格を明るく変えることは案外簡単です。「自分は性格が暗い、なかなかパッと明るくなれない」と思っていても、好転するためのヒントはあちこちに隠れています。「性格が暗い」という自覚も、実はただの思い込みだったりもするのです。

性格を明るくするという目標を持ち努力を続ければ、必ず身の回りの景色が変わってきます。気分が晴れ晴れとし、自分が何でもできるような自信がみなぎってくるのを感じるでしょう。それをサポートしてくれる習慣6つについてお伝えしますので、今日からでもスタート!☆



 

暗い性格を
明るく変える7つの習慣とは?

 

まずは笑顔を


自分の性格を明るく変えたいのなら、まずは笑顔の練習をしてみましょう。簡単には信じられないかもしれませんが、笑うだけでも心は晴れ晴れとしてきます。どんな嫌なことがあっても、笑顔を絶やさずにいれば何とかなるように思えてくるのです。

笑おうとすると顔が引きつってしまう、上手に笑えないという人は、最初に顔のリンパ腺をほぐしたり、ストレッチをしたりしましょう。お笑い芸人などを見て爆笑するときにどのように笑っているかを思い出すのもおすすめです。

 

悪口を言わない


いわゆる「性格が暗い人」が日常行っているNG習慣の一つに、「他人の悪口を言う」があります。確かに、現代社会は何かとストレスのたまりやすい環境です。他の人やものに不満を感じることも多々あるでしょう。でも、それを垂れ流しにしていては性格の明るい人にはなれません。

性格の明るい人になりたければ、そういう不満ばかりに目を向けていてはいけないのです。少しくらいなら悪口を言ってもいいですが、その後はきちんと気分転換ができるようになりましょう。

 

「できない」と言わない


性格が暗い人によくある口癖に、「できない」というものがあります。難題や新しい挑戦に直面し対処しなければならないとき、自信を喪失して「自分にはできない」と口走ってしまうのです。でも、「本当にできない」なんて誰が決めたのでしょうか。

どうあがいても無理そうな問題に手を出すのは確かに危険ですが、できるかもしれないのに「できない」と言ってしまうのも考え物です。周りの人々の助けを借りてでもいいので挑戦し、成し遂げてみましょう。そこで自信を付ければ性格が一段と明るくなります。

 

自信を持つ


性格が暗い人のほとんどは自分に自信がありません。自分に自信がなく、「誰かに笑われているかもしれない、陰口を言われているかもしれない」と常に感じ、そのせいか顔立ちまで暗く見えています。

でも、そこまで卑屈になる必要はありません。悪口なんて誰でも言われているものですし、それに何よりも、あなたはすでにいろいろな才能に恵まれた素晴らしい人なのです。自分の嫌な面ばかりに目を向けるのではなく、長所を愛することにも今まで以上のエネルギーを注ぎましょう

 

楽しみを持つ


趣味を持つことは、暗い性格を明るい性格に変えるためには必要不可欠です。でも、その趣味が例えばスポーツや楽器、洋裁に料理など人からすごいと言われそうなものである必要はありません。自分が楽しんで取り組めそうなものなら何でも構わないのです。

美味しいもの巡りや季節の変化を愛でること、散歩でも何でも問題ありません。自分自身が本当に楽しいと思えるものを見つけ、それにただただ没頭しましょう。そしてそのときに感じた「楽しい」という感情を覚えておいてください。それを時折思い出せれば、暗い気分に陥ったときにも明るく好転できます。

 

身の回りを片づける


笑顔を絶やさない、悪口を言わない、できないと決めつけない、自信や楽しみを持つなど、性格を明るくするためにできることはたくさんありますよね。ところで、性格を変えるためのもう1つの盲点的な習慣もあります。

その習慣とは、周りをきれいに片づけること。確かにいくら笑顔を作って自信を持っても、身の回りがゴミだらけでは気分が沈んでしまいますよね。使わないものやゴミが散らかった状態は風水的にも良くないと言われています。

極度な潔癖症でもない限り、性格が明るく楽観的な人は身の回りの整理整頓もきちんとしているものです。さっそく今からでも真似して、性格の明るい人を目指しましょう!

 

性格を明るく変えるために実践したい6つの習慣、いかがでしたか。

まずは明るい笑顔を作り、気分を晴れ晴れとさせましょう。気持ちがどんなに鬱々と落ち込んでいるときでも、何とか笑って顔の筋肉をほぐすだけでも変わってくるからです。

次に、周りの人や物に対する悪口や「できない」という決めつけなど、ネガティブな言葉を吐くのをやめましょう。もちろん不満や不安を感じることは日常生活において多々ありますが、そうした感情に流されてはいけません。ネガティブはネガティブを引き寄せてしまうからです。

また、自分の良さを認めて自信をつけ、楽しみを見つけることもとても大切。自分を幸せにする方法を知っていれば性格も明るくなっていきます。同時に、身の回りをきれいに整頓して心身ともにスッキリすることも大事ですよ☆

 

まとめ

性格を明るくするために今日からできること6つとは?

・まずは笑顔を作って気持ちを明るくしよう!
・明るくなりたいなら悪口を言わないこと
・「できない」は禁句
・自分を見直し、長所を見つけよう
・趣味や楽しみを見つけよう
・身の回りを整頓・掃除してスッキリ