自分の性格を変えたいなら。やってみるべき6つの行動

自分の性格を変えたいなら。やってみるべき6つの行動
「自分の性格が嫌だ」「性格を変えたい」と悩む人は少なくありません。そもそも「性格」って何を言うのでしょうか。簡単に言えば「明るい人」や「暗い人」とざっくり「性格」を分析することもあります。

しかしよく考えてみてください。一人の人間に、「明るい前向きな時期」と「暗く落ち込む時期」が混在することの方が正解なのです。常に明るい人などいませんからね。話を戻して、「性格を変えたい」と悩む人の多くは、「明るく前向きな性格になりたい」と願うはずです。「暗くじめじめして一人ぼっちの性格になりたい」と願う人はいませんからね。

そこで明るく前向きで、周囲に人が集まりやすい性格になるための6つの方法を伝授いたします。性格を前向きに変えていきたいと願う人は、是非実践してください!



 

自分の性格を変えたいなら。
やってみるべき6つの行動

 

早起きを習慣にする


早寝早起きを習慣にすると、人は明るく前向きになると言います。暗い性格の人の多くは「夜型」の生活をしているからです。夜は悪い創造が膨らみ、思考が後ろ向きになる時間帯です。夜に考え事などをするとろくなことがありません。

そこで夜はさっさと寝てしまうことをお勧めします。その代り朝に早起きして、夜やっていた物事を行うのです。仕事でも勉強でも、朝の方がよほどはかどるというもの。しかも脳内が前向きにすっきりとしているため、悪いことを考えずに楽観的な思考になることができますよ。早起きを習慣にしている人に、後ろ向きの人はいないと言っても過言ではないくらいです。

 

添加物をなるべく摂らないようにする


食品に多く含まれる食品添加物は、体だけでなく精神も蝕みます。現代人に生活習慣病やうつ病などの精神疾患が増加している原因の一つとして、食品添加物が挙げられます。食品添加物を毎日摂取していると、徐々に心身ともに不健康へと傾きます。マイナス思考や思い込みなど、性格に関する不満の原因も、もしかしたら食品添加物に寄るものかもしれません。

なるべく手作りで自然色を心がけて生活するだけで、思考は前向きに明るい性格になることができます。口から入るものであなたはできているのだから、当然といえば当然ですよね。

 

嫌いな人とは接しないようにする


性格を変えたいと願う大きな原因は、人間関係ではないでしょうか。人間関係が上手くいかずにストレスを抱え、今の自分の性格に不満を持つケースが多いのです。しかし悪いのはあなたの性格ではありません。悪いのは、あなたが自分自身を追い詰めざるを得ないほどストレスに感じている「人間関係」そのものなのです。

そこで自分にとって「悪い」と感じる人間関係を根絶してください。ママ友だったら連絡を絶ってください。仕事仲間だったら、仕事以外で決して関わらないようにしてください。嫌いな人とは関わらない努力が必要です。そうすることであなたの心の平安が保てるならば、相手の気持ちよりも自分の思いを優先させるべき時もあるのです。

 

毎日30分のジョギングを習慣にする


性格を変える方法として、「早寝早起き」を勧めましたね。しかし夜型の生活に慣れている人は10時に床についてもなかなか寝付けません。そこで日中に運動することをお勧めします。特に、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を30分以上すると、脳内に幸せホルモンが分泌されると言われているのでお勧めです。

セロトニンという幸せホルモンが多いと、思考が前向きになります。毎日行えば効果はもちろん持続するし、美肌を作る効果もあるためいいこと尽くしですよ。

 

テレビやパソコンやスマホの時間をなるべく短くする


性格を変えたいのならば、スマホやパソコン、そしてテレビなどの「画面」と向き合う時間を減らしてください。これらの文明危機は、言い換えると「一人でも孤独を感じずに生きていける」ようになるのです。これは恐ろしいことですよ。

スマホなどの機器は時間を大幅につぶしてくれ、それなりの娯楽を与えてくれます。他者と真剣に接しなくても、一人で楽しく生活する術があるのは恐ろしいとは思いませんか。

「性格を変えたい」と願う人の多くは、他者との信頼関係を真摯に結べる性格へと、変えたいと願うはずです。それならば、画面と向かい合う時間を減らして、家族や友人と積極的に関り、信頼関係を持てることに時間を費やすべきです。

 

大きな声を出せるように発声練習する


自分の性格を前向きに明るく、そして自己主張できる人間へと変えたいのであれば、他者の前でも堂々と大きな声で話せるように練習してください。気が弱い人の多くは声が小さいと言います。大きな声を堂々と出すためには、毎日家で発声練習をする必要があります。

一人で大声をだすなんてばかばかしいと思うかもしれませんが、声だけは練習が必要です。大きな声で話せるようになると、次第に自信もついてきて、しっかりと自己主張できる人間へと変わることができますよ。

 

さて、自分の性格を明るく前向きに堂々としたものへと変えたいと願う時に、やってみるべき6つの行動を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

性格を変えることは容易ではないと考えられています。しかし、上述の6つの内容を読んでもらえばわかりますが、性格を変えることははっきり言って「とても簡単」です。前向きに、明るい性格になることは簡単なことなのです。

性格を変えることは簡単でも、難しいのは「生活を変えること」です。早起き習慣やジョギング習慣など、慣れていない人には苦痛かもしれません。しかし性格を変えるという抜群の効果を見込んで、自分のやる気を絞り出して、どうか1か月でも続けてみてください。

それによって思考が前向きに明るくなることを実感できたら、是非ともそのまま続けてください。続けていくほどに、「性格を変えたい」と悩んでいたことが不思議なほどに、明るく前向きな思考の人間になっているはずですから!

 

まとめ

自分の性格を変えたいなら。やってみるべき6つの行動

・早起きを習慣にする
・心身ともに不健康になる食品添加物を、なるべく摂らないようにする
・嫌いな人とは接しないようにする
・毎日30分のジョギングを習慣にする
・テレビやパソコンやスマホの時間をなるべく短くする
・大きな声を出せるように発声練習する