ヒーリング音楽を聴きながら、快適な眠りにつく5つの方法

ヒーリング音楽を聴きながら、快適な眠りにつく5つの方法
波の音や、川のせせらぎ。小鳥のさえずりなど、数多く販売されているヒーリング音楽。日々ストレスと戦う現代人にとっては、自然と触れ合う時間をとることも難しくなっているため、ヒーリング音楽を聴き、癒しを得ているという人も少なくありません。

特に、睡眠前に寝室でヒーリング音楽を聴き、それから眠るという方法を習慣づけている人も多いもの。パソコン作業や車の運転など、日中刺激している脳をヒーリング音楽を用いることでゆったりと休ませる…これはとても大切な時間だと言えるでしょう。しかし、良いヒーリング音楽も使い方を間違えてしまっては効果は半減。快適な眠りを得ることはできません。

ここでは「ヒーリング音楽を聴きながら、快適な眠りにつく5つの方法」と称して、ヒーリング音楽を有効活用するための方法をお伝えします。



 

ヒーリング音楽を聴きながら、
快適な眠りにつく5つの方法

 

ヒーリング音楽を聴く前に、寝室の環境を整えましょう


ヒーリング音楽だからといって、どんな環境で聴いても安眠に導いてくれるというわけではありません。不眠症の人や、脳だけが疲れている場合は最初の睡眠導入までに時間がかかってしまうもの。その手助けをしてくれるヒーリング音楽ですが、その効果を活用したいのであれば、寝室の環境を整えるということは、とても大切

遮光カーテンや、部屋の電灯。音の遮断など、ヒーリング音楽以外の音や光が入ってこないような状況をつくることが大切です。また、寒すぎても暑すぎても人は熟睡できないもの。温度管理にも気を配りましょう。

 

ヒーリング音楽を聴く際に、ヘッドフォンは使わないようにしましょう


他の音を遮断したいからといって、ヘッドフォンを使用しながらベッドに入るのはNGです。ヘッドホンをつけていると、身体は少なからずその部分を意識してしまうもの。ヒーリング音楽が与えてくれる心地よさ以上に、異物を身につけているという意識から、緊張がうまれてしまいます。

また同時に寝返りをうったり、身体を動かしたりした際にヘッドフォンが外れてしまい、眠りから覚めてしまう…という可能性も。せっかく眠ることができても、睡眠途中で目が覚めてしまっては意味がありません。ヘッドフォンの使用は避けましょう。

 

ヒーリング音楽を聴く際は、タイマーを使用しましょう


ヒーリング音楽は、睡眠導入時に利用すべき音楽。眠りについた後は、聴き続ける必要はありませんし、一定の音量の音を聴き続けていると人はある一定以上熟睡することができないというデータもあります。そのためヒーリング音楽を聴く際は、タイマーが必須。あまり小刻みに設定する必要はありませんが、1時間程度で切れるようにしておきましょう。

 

携帯電話でヒーリング音楽を聴くことは控えましょう


現在、携帯電話にも様々な機能があり、また様々なアプリが発売されています。ヒーリング音楽を気軽に聴くことができるアプリなどもあり、人気商品となっていますが、実は携帯電話と睡眠はあまり相性が良いものではありません。携帯電話から発せられている電磁波は、電源が入っている限り人の脳を刺激するもの。つまり安眠妨害をしているとも言えます。

いくらヒーリング音楽で脳を休めようと思っても、携帯電話から電磁波が発せられているとその効果は打ち消しあってしまいます。目覚ましとして使ったり、音楽を聴いたりと便利な機能満載の携帯電話ですが、安眠のためには夜は使うことを控えましょう。

 

ヒーリング音楽のメロディに心を委ねましょう


寝室の環境を整え、ヒーリング音楽を聴く方法を整えたらあとは布団に入り、ヒーリング音楽を聴くだけ。このとき、色々な悩みや明日の用事が頭に思い浮かんだとしても考えることをやめましょう。心地よいヒーリング音楽のリズムに心を委ねること。これが、最も効果的にヒーリング音楽の力を取り入れることにつながります。川の流れに身を委ねるように、音楽の世界に身を委ねること。

余分な力を抜き、余計なことは考えないこと。音楽は耳で聴くものですが、ヒーリング音楽はその音を心にまで行き渡らせることでよりパワーを発揮してくれるもの。あなたの心が拒絶していては、ヒーリング音楽の効果は発揮されません。身体に余計な力が入っていると感じたら、まずは深呼吸。そしてあとは身体も心も音楽の世界に委ねましょう。

 

いかがでしたか。ここではヒーリング音楽を聴きながら、快適な眠りにつく5つの方法についてお伝えしました。前段階、ヒーリング音楽の聴き方、そして心構えという3つの大切な点を理解し行うことができれば、ヒーリング音楽は心を癒しスムーズに睡眠導入を行うための心強い味方になってくれるもの。

また、現在ではヒーリング音楽の種類も豊富でクラシック系から自然音など、好みの雰囲気を選ぶことができるため、飽きずに様々なパターンの音楽を聴くという別の楽しみも生まれます。

また、なかなか眠ることができず、夜に苦手意識を持っていた人の中にもお気に入りのヒーリング音楽を見つけ、また就寝時の環境を整えることで夜が大好きになったという人もいます。同じ「睡眠」という行為を行うのであれば、少しでも心身ともにリラックスし、疲労回復できる時間をすごせるように、ぜひ今回の記事を参考に生活にヒーリング音楽をとりいれてください。

 

まとめ

ヒーリング音楽を聴きながら、快適な眠りにつく5つの方法

・ヒーリング音楽を聴く前に、寝室の環境を整えましょう
・ヒーリング音楽を聴く際に、ヘッドフォンは使わないようにしましょう
・ヒーリング音楽を聴く際は、タイマーを使用しましょう
・携帯電話でヒーリング音楽を聴くことは控えましょう
・ヒーリング音楽のメロディに心を委ねましょう