勉強の集中力をアップ!効果的な7つの音楽の選び方

勉強の集中力をアップ!効果的な7つの音楽の選び方

「集中したいのになかなか集中できない」「どうしても集中力が持続しない」このような悩みを抱えている方は多いですね。その様な方には『音楽』がお勧めです。勉強中に音楽を聞くのは大変お勧めの方法です。

学校の試験、資格試験、社内試験…と成熟した社会である日本は試験で溢れています。社会の成熟度に比例して、何をするにも高い技能が求められるからなのですね。その証明として試験を科するわけです。

最も手っ取り早く、能力の測定と証明ができますからね。ゆえに、試験勉強も含めて、この日本では生きていく為に常に勉強することが求められるわけですよ。しかし、人間の集中力はそう都合よく出来ていません。

集中して勉強する、持続すると言うのは大変難しいものです。今回は勉強を集中して行えるように、音楽の選び方についてご紹介したいと思います。ぜひ、ご参考になさってください。



 


勉強の集中力をアップ!
効果的な7つの音楽の選び方

 


とにかく自分の好きな音楽を聴こう


どんなに優れたものも個人の『好き』には叶いません。超一流の料理人が作った料理より、母の作った料理の方を選んでしまう場合が多いのも、結局は個人の趣味嗜好が判断基準となってしまうからでしょう。

音楽も料理と同じく、個人の趣味や嗜好が大きく影響する分野です。それは、様々なタイプのアーティストがいることからもわかりますね。勉強の集中力をアップさせる音楽も個人の趣味で選ぶのがお勧めです。

それが最も失敗しない方法であり、最も効果的な選択方法と言えます。まずは勉強を始める前、勉強中に好きな曲を掛けてみてください。きっと、集中力が上がりますよ。

 


勉強の邪魔にならない控えめな曲を選択しよう


勉強の集中力を上げるポイント第一は好きな音楽を聴くことですが、そのなかでも勉強中は控えめな曲を選ぶのがオススメです。あまり騒がしい曲を掛けると、頭が音楽に傾き過ぎるのですね。

音楽に集中しているのを勉強に集中していると錯覚することもあり得ますので、ここは注意したいところです。勉強終了後に勉学が全く進んでいないことに気付くことも有り得ます。

こうならないために、勉強中の選曲は控えめな曲が推奨されるのです。また、大音量での音楽観賞も注意したいですね。

 


周囲が騒々しいならば少し激しい曲を選ぼう


前項で控えめな曲を推奨しましたが、周囲が騒々しい場合は話しは別です。騒々しいところで、勉強の集中力を保つのは大変な労力を必要とする行為です。ここは、少し激しめの曲で対応しましょう。

周りがうるさいと、普段でもイライラしますからね。決して、静かな環境でのみ一日を過ごせるわけではないでしょうし、少し騒がしいところで勉強せざるを得ない状況も有り得るでしょう。

ここは周囲の雑音を打ち消すレベルの選曲を行いましょう。ですので、少し激しめの音楽を掛けるのがオススメですよ。

 


休憩時間は切り替えの為にハードな曲を掛けよう


人間の集中力は何時間も持たないことは既知の事実です。延々と勉強していても、結局はダラダラと勉強時間を費やしているだけで、中身が無いことはよくあります。何事もメリハリが大切なのですよ。

ゆえに、定期的に休憩をとることが推奨されるわけです。その時に音楽を聞くのも大変おすすめなのです。選曲はずばりハードな音楽です。今までと違う旗色の曲を聞くことで、一気に脳を切り替えます。

結果、うまい具合に脳が切り替わり、休憩後の集中力が増すのですよ。ここは音量も気にせず、大音量で激しい曲を思いっきり聴くと良いでしょう。

 


定番のクラシックで集中力をアップさせよう


集中したい時にクラシックを聞くのは定番中の定番です。クラシックを聞くとリラックスした気持ちになることができます。人はリラックスしている時に集中力が増しますからね。

特に、想像的な勉強をする時はクラシックでリラックス状態を作り取り組むのがオススメです。実例としては、数学の難しい証明問題などでしょうか。一度お試しください。

「クラシックはわからないから…」と敬遠するのはあまりにもったいないですよ。いずれにしろ、食わず嫌い程もったいないことはありませんからね。一度聴いて見ると180度イメージが変わりますよ。

 


自然音でアルファー波を出して集中力を上げよう


「海を見ながら考え事をする」「緑溢れる大自然の中で物想いに更ける」シーンはよくイメージされる状況だと思います。これには、もちろん科学的な根拠があります。自然音はアルファー波を発生させます。

アルファー波とは脳が集中している時に出す脳波のことです。ゆえに、人は自然音が聴ける海や森の中で考え事をするのですよ。また、その行動をよく目にすることから、イメージも起きているのですね。

これを勉強に活かさない手は無いでしょう。実際、自然の中に行くのも良いですが、今は音源も売っているので利用すると良いですよ。「アルファー波で集中!」は非常にオススメですよ。

 


他人の選曲を試してみよう


最後に他人の選曲を利用するのもおすすめです。世界には自分と同じ考え方の人間が実にたくさんいますので、同じような趣味嗜好の人間が選んだ選曲を利用するのです。

すると手間を掛けずに音楽の選曲が行えて、すぐに勉強に集中できる環境を作れます。選曲する時間も勉強に使えるわけですね。しかも、今はネットを使って簡単にそれらを探すことができます。

一昔前ならば推奨できない方法だったのですが、現在は動画配信サイトなどを使って、簡単に自分と似た嗜好を持つ人間の選曲を利用できます。利用しない手は無いでしょう。

 

いかがでしたか。勉強に集中できる音楽の選び方についてはご理解頂けましたでしょうか。音楽を聞きながら勉強する行為に批判的な意見を述べる方もおられますが、本来は相性の良いものです。

アルファー波の件のように科学的な根拠もあるわけですしね。要は聴き方の問題なわけです。どんなに優れた方法も使い方を間違えれば、役に立ちませんし邪魔になることもあります。

しかし、当記事を読まれた方は大丈夫ですね。勉強に集中させるための効果的な音楽の選び方について、しっかりと理解されているわけですから。今日から勉強の集中力の問題は解決ですね。

あなたが効果的に音楽を利用し、集中して勉強できることを祈念しております。また、その際に当記事が選曲のお役に立てば幸いです。

 


まとめ


勉強の集中力をアップ!効果的な7つの音楽の選び方

・とにかく自分の好きな音楽を聴こう
・勉強の邪魔にならない控えめな曲を選択しよう
・周囲が騒々しいならば少し激しい曲を選ぼう
・休憩時間は切り替えの為にハードな曲を掛けよう
・定番のクラシックで集中力をアップさせよう
・自然音でアルファー波を出して集中力を上げよう
・他人の選曲を試してみよう