帝王学のリーダーシップ論を学んで社会の視野を広げる方法

帝王学のリーダーシップ論を学んで社会の視野を広げる方法

帝王学は、歴史上の人物が実際に実践していたリーダーシップから学ぶことができます。特に徳川家康は、これに非常に長けていたと言えます。その結果、江戸幕府は長期にわたる栄華を築きました。帝王学を学び、社会で活かせることは多くあります。

職場は組織構造を持っている方がほとんどだと思うので、そのような方々は上下左右の関係性の中で様々なストレスを抱えているはずです。そのような環境の中で、帝王学は大きな力を発揮します。その中でも、自分を頂点にしたコミュニティで効果的に作用してくれます。

部下ができると、自分と部下を含めた人間の成果で評価されるようになります。そのためには、部下を掌握する必要があります。これは、帝王学の基礎となっているので、大いに勉強にあるはずです。ここでは帝王学のリーダーシップ論を学んで社会の視野を広げる方法を紹介していきます。



 

帝王学のリーダーシップ論を学んで
社会の視野を広げる方法

 

目標を明確にする


まずはじめに、目標を明確にすることが大前提です。明確な目標を提示してあげなければ、部下は戸惑っていまいます。それに加えて、組織として成果をあげるためには、全員が同じ方向に向かっていくということが求められます。そのために、目標を明確に示してあげましょう。それによって部下はやるべきことをイメージできるようになります。

 

「やらなくていいよ」と言う


これは、非常に効果的な手法です。やる気のない部下がいたとして、その他の人間にそれが影響しているとします。その場合、やる気のない部下とチームを組んでいる人間に、「やらなくていいよ。」と言いましょう。その時、言われた人間は慌ててやる気のない部下にやる気を促す努力をするようになります。人を動かすのは、身近な人間であることを忘れてはいけません。

 

方針を決める


リーダーは、目標に向かっていく方針を明確に示さなければなりません。どのようにして目標に向かっていくのかを部下にしっかりとわかりやすく説明し、理解してもらうことが必要になります。リーダーは方針を決め、それを理解させましょう。そこまでやってはじめて結果が出るということを頭に入れておいてください。

 

感化させる


帝王学の中核を担っているものが、感化させるという考え方です。リーダーは、部下を感化させなければなりません。言葉をかえると、部下をモチベートするということです。それができなければ組織として結果を出すことができません。リーダーは、目的、やりがい、社会貢献度などを部下に示し、感化させましょう。自発的なエネルギーは大きな結果を生むことができます。

 

部下を掌握する


帝王学は、部下を掌握することで結果を出すという考え方をします。そのため、リーダーは部下を掌握するように努めましょう。リーダーは目標を達成するためのイメージを持ち、それに向けて部下たちがどのように動けば結果につながるのかを具体的に想像する必要があります。それに沿って部下たちを動かすことで、結果につながっていくということを頭に入れておきましょう。

 

頭ごなしに叱らない


帝王学は、その名称から勘違いされてしまいがちですが、部下を力で押さえつけるという考え方ではありません。そのため、頭ごなしに叱るということは控えましょう。部下が失敗をしてしまうときには、必ず理由があります。それをしっかりと引き出してあげてください。それを把握した上で指導をすることがリーダーには求められます。

 

アフターフォローを行う


頭ごなしに叱らないことと同様に、叱ったあとには必ずアフターフォローを入れてあげるようにしてください。叱ったままにしてしまうと、負の感情が残ってしまいます。これは帝王学ではありません。叱ることも時には必要ですが、そのあとには必ずフォローをしてあげましょう。それによって、部下は自発的に頑張ろうと思えるのです。

 

いかがでしたでしょうか。

帝王学のリーダーシップ論は、権力や力で押さえつけるというものではありません。リーダーに必要な行動と考え方を明確に示してくれるものなので、部下を管理する役職に就いている人にとっては特に多くを学べる学問と言えます。

リーダーは、多くのストレスを抱えながら、人との付き合いを行っていかなければなりません。そのため、理にかなったやり方で、そのストレスを緩和していかなければ身がもちません。そこで、帝王学を活用してみてください。

目に見えて事態が好転していくはずです。人の上に立つということは、どういうことなのか、何をすればいいのか、何を目指していけばいいのか、これらをしっかりと学ぶことができます。帝王学のリーダーシップ論を日々の仕事の中で活かしていってください。

 

まとめ

帝王学のリーダーシップ論を学んで社会の視野を広げる方法

・目標を明確にする
・「やらなくていいよ」と言う
・方針を決める
・感化させる
・部下を掌握する
・頭ごなしに叱らない
・アフターフォローを行う