つまらない人生を楽しく変える5つの行動とは?

つまらない人生を楽しく変える5つの行動とは?
つまらない人生に嘆いているあなた。つまらない人生だって、あなたの行動次第では楽しく前向きに生きがいを持つ素晴らしい人生にすることができるのですよ!あなたの人生はあなた次第でいくらでも変えることができるのです。

人生がつまらないという人の多くは、受動的に生きています。つまり世界の中心は「他者」たちで成り立っていて、「他者」の意向通りに自分の立ち位置を決めているのです。「俺なんてどうせ世界に求められていない。」「自分の事なんて誰も目にとめない。」と、他者目線を自己解釈して自分をさげすむのです。

それでは人生は楽しくなりません。自分の人生の主役は自分なのです。自分を世界の中心に持ってきて、自分の人生を豊かに彩る努力を「自分で」するのです!以下につまらない人生を楽しく変える方法をお伝えします。以下の5つの方法を参照にして、あなたの人生を豊かに楽しく彩る努力をして下さい。



 

つまらない人生を楽しく変える
5つの行動とは?

 

早起きは1万の得!


昔から日本では「早起きは三文の得」と言いますよね。早起きをするといいことがたくさんあるからです。「三文なんてたいしたことない」と思われるかもしれません。しかし現代でいえば、「早起きは1万円の得」くらいに言いなおすことができます。「1万も得するのか?!」と驚かれることでしょう。

早起きをすると頭の中が鮮明でよく回転します。そして思考が前向きになるのです。家に仕事を持ち帰った時、寝る時間を遅らせて夜の間に仕事を片付ける人がほとんどですよね。そこの思考を転換させて、「早起きして仕事」をしてください。そうすることで頭の回転が良く、体も疲れが取れて活力に満ち溢れていい仕事ができるからです。

逆に夜は思考が後ろ向きになり仕事もはかどりません。いい仕事をしたいのであれば、4時間くらい仮眠をとって疲れを取り、早朝に起きてからにしてください。仕事以外にも早起きをすることで健康的な思考になる効果が得られます。

 

身だしなみを清潔にしよう


人生が詰まらないと嘆く人の多くは、身だしなみに気をつけていません。人生を楽しく豊かにするために、他人との交流は大切です。身だしなみに気を配らないことで、他者とのコミュニケーションが最初から上手くいかずに、人生をつまらなく感じる場合があります。コミュニケーションの最初の一歩と思い、常日頃から身だしなみは大切にしてください

いつ「大切な人との出会い」が来るかわかりません。いつだれと出会っても、第一印象をよくするために身だしなみには気を配るべきです。

 

部屋の中を整理整頓


部屋はあなたの生命力を養う場所です。毎日睡眠をとり、自分の中の活力を取り戻すための場所があなたの「部屋」です。部屋が乱雑に散らかっていると、部屋に帰ってもくつろげずにため息が出ます。汚い部屋に戻るたびに「自分の人生はこんなものだ」と卑下してしまいます。

そうならないためにも、部屋はいつも整理整頓するように心がけてください。インテリアも好きなものをそろえてください。「部屋の中は心の中と同じ」と言います。「部屋の中など所詮自分しか目にしないから」と家具やインテリアに手を抜く人がいます。しかし部屋の中こそ「自分への投資」と思い、しっかりとお金をかけていい家具やカーテンをそろえるべきです。

お金をかけたそれらのインテリアに囲まれて毎日を過ごすことで、自分の人生を「価値あるもの」だと確信することができるからです

 

部屋の掃除をプロに頼んでも徹底しておこなう


上述したように、自分の人生を楽しく活力あるものにするために、部屋は重要です。毎日買える場所は清潔に整理整頓し、毎日目にする家具屋インテリアにもしっかりとお気に入りのものをそろえるべきです。そうすることで自分の価値を高めることができるからです。

しかし忙しい毎日の中、部屋の掃除もままなりませんよね。ゴミ出しや洗濯など、生活に追われる家事を回すだけで精いっぱいの人もいます。当然部屋はどんどん汚れていきます。どんなにインテリアにお金をかけても、ほこりが舞う部屋はあなたの運気を奪います。

そういうときは、有料サービスを利用して部屋を徹底的に掃除してください。部屋の掃除は思い切ってプロに任せるのです。ちょっとお値段は張りますが、部屋がきれいだと人生に活力が出ます。前向きに生きる強い気持ちが持てるようになるのです。自分の人生を楽しくするための必要な投資だと割り切り、部屋の掃除は定期的におこなってください。

 

ペットを飼って共に生きる


人生をつまらないと感じる人は、ペットを飼ってみてはいかがでしょうか。生き物を買うことで「孤独を癒す」という効果があります。しかしそれだけではありません。

人間があふれ返った人間社会は、都心に行くほど顕著になります。自分が地球上のただ一つの生命体にすぎないという「自然の恩恵」を、人間社会の中では忘れてしまうのです。一個の生命体として、これはとても危険なことです。生にも死にも敬意を抱くことさえ忘れてしまっているのですから。

ただ生きて、子孫を残し、死ぬだけの存在である動物を身近に感じることで、自分もまた同様の「生命体」であることを、ペットは思い出させてくれるのです。人生に大きな価値や意味や偉業を求めるのは、人間社会にあまりにものめりこみすぎている証拠です。

多くの人は多くの動物と同じように、生まれて、死ぬだけの存在なのです。そのこと自体が、とても尊いのです。それを思い出すためにも、ペットを飼ってその心を傍に感じるのです。

 

さて、つまらない人生を楽しく変える7つの方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。人生をつまらないと感じる多くの人は、人間社会にどっぷりとのめりこんでいる人です。効率重視でその場限りの快楽に慣れ、「何もない」時間を「つまらない」と感じています。

しかし「何もない」時間が多くあって当然なのです。ただ時間が流れていくのをボーっと過ごす時間だって、大切なのですよ。効率重視の社会に慣れすぎず、自分を許し自分に寛大になることで、自然と人生をつまらなく感じる心はなくなります。

早寝早起きを習慣づけ、太陽とともに過ごすことで、心に余裕が生まれます。前向きな気持ちが生まれます。更に毎日過ごす自分の部屋を整理整頓し清潔に保つことで、前向きな心の余裕を守ることができるのです。

 

まとめ

つまらない人生を楽しく変える5つの行動とは?

・早起きをして思考を前向きにしよう
・身だしなみを清潔にしよう
・部屋の中を整理整頓し、家具やインテリアにお金をかけよう
・部屋の掃除をプロに頼んでも徹底しておこなおう
・ペットを飼って共に生きることで、自然の生き方を思い出そう