お金が貯まる方法を試しても上手くいかない人の7つの理由

お金が貯まる方法を試しても上手くいかない人の7つの理由

お金が欲しい!と思って色んな本を読みあさっているあなた!今年はいくら貯金出来ましたか?毎月目標額はクリアしていますか?

お金を貯めたい、と思っていてもバーゲンで運命のバッグと出会ってしまったり、疲れてついついご褒美ランチを自分に奢っているといつまでたっても貯金は増えてくれません。

お金が貯まらない人には共通点があるのです。世の中どうなるか分かりません。あなたの会社が来年どうなるか予測出来ないのが現代です。貯められるうちにガンガン貯めておきましょう!

今回は、お金が貯まる方法を色々試しても全然上手くいかない人にありがちな7つの理由について考えてみましょう。



 


お金が貯まる方法を試しても
上手くいかない人の7つの理由

 


貯金の黄金法則を知らない


あなたが会社員だとしたら、毎月入るお給料の額は大体決まっているはずです。そこから家賃や光熱費、ケータイ代等を引いた差し引き金額が、いわばあなたの生活費ですよね。

貯金が確実に貯まる人が必ずおこなっているのが貯金の黄金法則“天引き貯金”。あなたの生活費から、うむを言わさず貯蓄してくれるのですから、自然にお金が貯まります。

生活費ー天引き貯金=あなたの本当の生活費。これが正しいやり方です。月末お金が残ったら貯金しよう…。そんな考えではいつまでもお金は貯まりませんよ。

 


目標があいまい


貯金しなくちゃ、とは思っていてもなかなか出来ない人は、“貯金する理由が見当たらない”のかも知れません。目的がないと、人間は楽な方に流されがちです。

目標額と、お金を貯めたら何をしたいかを具体的にまとめ、紙に書いて壁に貼っておくか手帳に挟んで毎日目に触れる様にして下さい。

目標額の半分貯まったら、自分にプチご褒美をするなど、モチベーションを高める工夫も必要です。自分の夢を明確にして、お金が貯まった時を具体的にイメージする事が大切です。

 


性格が優柔不断


行きたくないコンサートにも付き合いで行ったり、気乗りしない合コンにも参加するなど、友達との付き合いが多い人はムダなお金を使いがちです。

お金を貯めたいなら、交際費は自分で決めた金額以外は使わない!と心に決めましょう。

友達と付き合っていると、自分の夢よりも現実の世界に流されがちになります。友達は確かに大切ですが、誘われるたびに付き合っていたのでは、自分の夢がおろそかになってしまいます。自分に大切なのは何か、冷静に考えて下さいね。

 


部屋の掃除が苦手


お金が貯まらない人に殆ど共通しているのが、部屋の掃除が苦手だという事。掃除が苦手な人は、物をきちんと整理したり大切に扱わないので、同じ物をいくつも買ったり、衝動買いをしてしまったりと余計な出費をしがちです。

自分の気持ちも不安定で、貯金したいと思っていても、目についた商品に心を奪われてしまうなど、行動と思考が比例しない場合が多いのです。

貯金をしたいなら、部屋の掃除を習慣にしましょう。それだけでも、ムダな出費がかなり減らせるハズです。

 


生活が不規則


毎日の生活習慣が不規則な人は、食生活も乱れがちです。貯金を増やしたいなら、なるべく外食はしないで自炊するのが鉄則です。

疲れたからと毎日コンビニに寄って好きな物を食べる習慣がついていると、少額とはいえ積もり積もれば結構なムダ使いをしている事になるのです。

毎日使える金額を決めて、それ以上の金額はお財布に入れておかないなど、自分の甘い気持ちを予防する事が大切です。

 


趣味が多い


水曜日は英会話、土曜日はヨガ、毎月1回はゴルフ場…。アクティブに人生を楽しむのは素敵です。自分のやりたい事を優先させるのは悪い事ではありません。

しかし、真剣にお金を貯金したいと思っているのなら、少し行動をセーブする事も大切です。自分がやりたい事を1つに絞り、付き合いや習慣で続けているおケイコ事はきっぱり止めてしまうのもアリです。

外出が多いと出費もかさみます。よく考えて自分の生活のムダを省きましょう。

 


面倒くさがり


情報をこまめにチェックしたり、使わない電気はコンセントを抜く等、生活でちょっとした工夫をすれば、日々の生活費を節約する事は出来るはずです。

面倒くさがりな人は、生活でもムダな事をしがちです。貯金を増やしたいなら、日々の生活の節約も心がけましょう。チリも積もればちょっとした金額になるはずです。

生活のムダを見直す事も、大切な貯金だと思って努力しましょう。習慣にしてしまえば、意識しなくても節約が身に付いていくはずです。

 

いかがですか。お金が貯まらない人には共通する生活習慣があります。この記事を読んで、「当てはまる…。」と思った方は、明日からの参考にして下さい。

まずはお給料の天引き預金を申し込む事、おケイコ事や、友達との付き合いをちょっと減らすだけで、2~3万円は貯金に回せるかもしれません。

「来年までに100万円貯めてフランスに行く!」といった具体的な目標も効果があります。自分で強く「貯金しよう!」と思うと、日々の生活も自然に見直すようになりますから、まずは意識してみましょう。

「思考は現実化する」といいます。目標額を達成した時の自分を思い浮かべ、今日から、今から、まずは貯金を始めてみましょう!

 


まとめ


お金が貯まる方法を試しても上手くいかない人の7つの理由

・貯金の黄金法則を知らない
・目標があいまい
・性格が優柔不断
・部屋の掃除が苦手
・生活が不規則
・趣味が多い
・面倒くさがり