お金がない状況でも貯金できる人が行う7つの賢い節約術

お金がない状況でも貯金できる人が行う7つの賢い節約術

「お金がないのに貯金なんて出来るわけがない。」と思っていませんか? 何も収入が多ければ貯金が出来るというものではありません。収入が多ければ、やはりそれなりの暮らしもしたくなりますし、一度上げた生活水準は中々下げることは出来ないものです。

逆に、たとえ年収300万円でも数百万円の貯金がある人もいます。貯金が出来るか出来ないかは「心構え」次第だということでしょう。お金がなくても賢く節約すると結構貯まるものです。

ここでは、そんな上手な遣り繰りの方法を紹介しますので、是非参考にして頂き、貯金額アップにチャレンジしてみましょう。まずは心構えから正し、徹底的に無駄な支出を省いて、コツコツと長く継続していくことが大切です。



 

お金がない状況でも貯金できる人が
行う7つの賢い節約術

 

財布をきれいにする


あなたはどんな財布を使っていますか?買い物レシートやほとんど使わないカード、一杯の小銭でパンパンに膨らんでいませんか?お金を呼び込むためには、まずお金に対する気持ちから改める必要があります。お金が貯まる人というのは、必ずといっていいほど、紙幣はきちんと向きが揃えられ、硬貨は別の小銭入れに入れてあり、レシートやカードなどはこまめに整理され、すっきりと気持ちよくしています。

 

家計簿をつける


「さあ、節約するぞ!」と気合いだけ入れても、そんなに簡単にはいかないと思って下さい。現在どんな風にお金が流れているのかを、まずは知らなければなりません。それには家計簿をつけて、実際に何にいくら使ったのかをしっかり把握していきましょう。お金の流れを可視化すると、無駄な使い方がよく分かるものなのです。市販の家計簿帳、普通のノート、パソコンのツールやエクセル等、どんな方法でも構いません。

 

固定費を見直す


毎月の支払の中には、家賃・光熱費・電話代・保険など決まって出ていくものがあります。家計簿をつけていると毎月の金額の変動もよく分かるようになります。

金額が高かった月はどんな風に生活していたか、あるいは、もうちょっと抑えられるものがないかと客観的に考えることが出来るようにまります。特に携帯電話代は、各社色んなプランが設定されています。お店に行って相談したり、日頃からネットで情報収集していくことも大切です。

 

支出の種類別にお金を振り分ける


お給料が入ったら、固定費・食費などの生活費、飲み会や習い事などの社交費、その他自由に使える小遣い、そして絶対に使わないと決めた金額の貯蓄のように、お金を分けていきましょう。

それぞれ口座を分けて使っていくのが理想的ですが、貯蓄は口座に、後は封筒に分けていく、といった方法でも構いません。最初のうちはお小遣いを多めにしても良いですが、このような管理方法を続けていると、自然と自分に対する戒めが利くようになってくるので、徐々に貯蓄額を増やしていきましょう。

 

外食をしない


料理をするのが面倒だからと、食事を外食やコンビニのお弁当で済ませていませんか?食事代を抑えるには、そんな生活は禁物です。スーパーで安売りしている食材を上手に活用して自炊するようにしましょう。

一回の食事代がたとえ100円の違いでも、一日3回が30日続くとそれだけで9000円という金額になります。それに、外食ばかりだと栄養も偏りますし、体を壊す原因にもなりかねません。栄養のバランスも考えてお買いものするようにしましょう。

 

クレジットカードでポイントを貯める


ただ支出を抑えるだけでなく、クレジットカードやスーパーの割引カードなど、ポイントを貯めて活用できるものはどんどん活用しましょう。電気代・ガス代・電話代などをクレジットカード払いにすると、自然にポイントが貯まっていくのでとても便利です。ここでは、必ず使わなければならないものをクレジット払いにすることが大切です。無駄遣いに「ポイントで安くなるから」と安易に買い物するのは禁物です。

 

たまにはストレス発散を


節制する生活を続けていたらストレスも溜まります。たまには、自炊するにしても贅沢な食材を買うとか、欲しかったものを買うとか、ストレスを発散することも大切です。

ただし、計画性もなしにストレス発散のためというのでは、過度に使いすぎてしまう恐れがあるので、一ヶ月に一回とか、週に一回とかルールを決めて外食で好きなものを食べる、といったような工夫をしながら上手にストレスを発散して、節約生活を継続していかなければなりません。

 

節約生活をしていても、色んな誘惑に負けてしまいそうになることもあると思います。それにもめげない強い意志が必要です。そのためには、いつまでにいくら貯金する、というような目標を立てることもとても重要です。

また、生活自体を楽しんで送れていなければ、節約生活なんて辛いだけですし、長く続くはずがありません。本やネットなどで他の人の知恵や体験を参考にしたり、お得な情報を常日頃から収集する癖を付けていきましょう。

良い情報に出会えると、例え僅かの金額の差でも嬉しいですよね。他人の知恵も参考に、自分に合った節約の工夫の仕方を楽しみながら考えて、まさに「塵も積もれば山となる」でいきましょう。

 

まとめ

お金がない状況でも貯金できる人が行う7つの賢い節約術

・財布をきれいにする
・家計簿をつける
・固定費を見直す
・支出の種類別にお金を振り分ける
・外食をしない
・クレジットカードでポイントを貯める
・たまにはストレス発散を