女性の恋愛心理を知って、べったり惚れさせるワザ。

女性の恋愛心理を知って、べったり惚れさせるワザ。
女性と男性は、恋愛をすると心理的にとても大きな違いがあることがわかりますね。相手の喜ぶことをしてあげたつもりでも、全く心に響かなかったり、相手の言動など「?」と感じることだらけだったりもします。

女性脳、男性脳と考え方に違いがあることは理解できなくもないですが、具体的にはいったいどんなアプローチが効果的なものなのでしょうか、そのコツをお伝えします。

ここでお伝えするベタ惚れワザを実行するのは、最初は自分の思考に反するようにも思えるので、ある程度辛さもついてくるかもしれません。ですが、一旦女性を自分に惚れさせることができれば、あとは男性側がマイペースにリードできるものです。ダラダラと惰性で続けるよりも、短期決戦でベタ惚れワザを実行して好きな女性を自分のものにしてしまいましょう。



 

女性の恋愛心理を知って、
べったり惚れさせるワザ。

 

起承転結よりも大切なのは共感力


女性はとにかく、話が長いですよね。特に、起承転結があるわけでも、問題と解決があるわけでもなく、ダラダラと「何か」を話しているもの。

どんな話をしているのかと聞いてみると、実は特に内容もなく、なんとなく感じたことを話しているだけのよう。そして、その感じたことというのも、なにかストーリーがあるわけでもなく、その場の印象ということも多いのです。

恋愛でも、その女性心理を使ってみましょう。女性の実のない話にはまず共感してあげることを大切にするだけで、「わかってくれる!」「特別な人!」と気持ちをグッと引き寄せることができます。

 

右脳をよく使う女性は、イメージが大切


レストランに行くとしても、料理の良し悪しよりも雰囲気や清潔感にこだわるのが女性です。恋愛する上でもこのような女性心理は優先順位を高くしてあげることが大切ですね。何をするにも、どんなイメージを持つかを先行して考えておきましょう。

デートなどでは、キレイな景色を見に行くという目標や結果より、それまでの道のり(つまり課程)を楽しめるかどうかでデートの感想が違ってしまいます。よく漫画やドラマなどでリムジンで迎えに来てくれる王子様的な存在が出てくるのはこんな理由からでしょう。

 

根拠が無くても言葉で表現してあげるくらい抽象的に


恋愛心理で、ぜひ活用したいのが言葉の力ですね。女性の心にしっくり来るような言葉かけは、長きに渡り記憶に残ることでしょう

女性と恋愛する上で、大切にしたい心理とは、抽象的であること。男性の思考とは真逆のものなので時に理解しがたいものかもしれませんが、女性の辞書に「根拠」という言葉はない!と思い込むくらいで丁度良いでしょう。理由や自信なども不要です。時には歯の浮くようなセリフも、根拠なしにポロポロ言ってあげるだけで効果絶大になるものです。

 

依存心を刺激して、たまには突き放すことも必要


女性は男性と比べて依存的な生き物で、恋愛心理では特にそれが顕著に現れることが多くあります。男性に比べると女性は無駄に優しいところがありますよね。これは、相手に対しての優しさではなく、自分に返ってくることを前提とした優しさであることが多いもの。

「嫌われるのがこわい」という思いが「尊重」を飛び越えて相手に合わせる「我慢」などで現れるので、相手からは優しいイメージを持たれるのです。女性はいつでも「嫌われるのがこわい」わけですから、ある程度は突き放す態度というものが依存心を刺激し、離れられなくできるわけです

 

比較するのが好きな女性心理を応用する


女性の恋愛は心理的に男性のそれとは感覚が大きく違うもの。なぜならば古来から女性は、選ぶ側よりも選ばれる側に立つことが多かったからです。そのため、女性は男性よりも恋愛中も他の女性を意識しがちなもの。

すでに選ばれているはずでも、いつでも他の女性をライバル視しているのです。そんな女性の恋愛心理を理解して、恋愛中も少しずつ他の女性と比較して彼女を特別扱いしてあげることができれば、彼女の心を満たし、ベタ惚れさせることができます

また、会話の中で他の女性の名前が出るだけで、一瞬不安が過ぎりますが、比較されて優越感を味わえれば、緊張がほぐれた安心感から良いイメージを持てるはず。

 

女性には理由ではなく感情を伝えることで理解してもらう


付き合う前でも、付き合ってからでも多少の意見の違いから口論になってしまうこともあるでしょう。そんな時も、女性特有の恋愛心理を理解した言葉かけをすれば、ケンカの後にも二人の距離を一層近づけることができます。

女性にとって大切なのは、理屈よりも感情。すなわち、ケンカの原因や解決方法を理屈で伝えたとしても上手く行く事はないのです。論理的な解決方法以外に大切なことなど無さそうにも思えますが、ここは一旦落ち着いて、解決に至る前に感情の整理をしてあげましょう。

まずは女性側がどう感じているのか。そして、男性側がどんな気持ちなのか。「悲しい」「つまらない」「嫌だ」など、つまらないことにも思えますが、ここの手順が女性にはとても重要です。

 

いかがでしたでしょうか。知れば知るほど女性と男性の違いの大きさを目の当たりにするような恋愛心理だらけかもしれませんね。ですが、世の中は男性と女性しかいません。ご紹介したこれらのワザは他のどの女性にも応用可能ということになります。

また、恋愛や結婚は、それぞれお互いの違いを理解して、相手の足りない部分を埋めてあげることが二人が長く幸せでいられる秘訣です。恋愛の初期段階で自分と相手との考え方の違いを理解するだけで、二人の将来はより確実なものになることでしょう。

男性の側からしても、感情を大切にしてくれる女性の優しさは時に救われるもの。女性の感じる感情を理論的ではないと一蹴してしまうのではなく、そのような考え方も人間らしい生き方には必要だと認めることができれば、自分自身も人間的な視野が広がることにつながります。

 

まとめ

女性の恋愛心理を知って、べったり惚れさせるワザ。

・起承転結よりも大切なのは共感力
・右脳をよく使う女性は、イメージが大切
・根拠が無くても言葉で表現してあげるくらい抽象的に
・依存心を刺激して、たまには突き放すことも必要
・比較するのが好きな女性心理を応用する
・女性には理由ではなく感情を伝えることで理解してもらう