失敗を成功に変える!見落としがちな6つの条件とは?

失敗を成功に変える!見落としがちな6つの条件とは?
「成功するためには失敗が必要不可欠」とは言われるけれど、そうはいっても失敗はできるだけ避けたいものですよね。失敗から学ぶことは多いとはわかっていても、やはり成功しかしない人生を送りたいのは誰だって同じです。

しかし、失敗をうまく扱うことによって成功に変えたり、その後の成功につなげたりすることも不可能ではありません。むしろ、失敗から逃げ回ったり、失敗から目をそらしたりするほうが長い目で見れば損なのです。

失敗にしっかり向き合うには痛みもともないますが、その後に必ず一段階レベルアップした自分に出会うことができます。今回の記事では失敗を克服して成長するための見逃しがちな7つの条件について解説していますので、ぜひ実践してください。



 

失敗を成功に変える!
見落としがちな6つの条件とは?

 

失敗から逃げない


失敗をしたときに絶対にしてはいけないことが一つあります。それは、「失敗から逃げる」ことです。失敗したことによる被害や責任の追及はたしかに恐ろしいものの、向き合わずに逃げてばかりでは被害をさらに大きくしてしまうことがあります。周りからの評判も落ちるでしょう。

また、すぐに対処していれば回避できたはずのリスクを増大させてしまうことにもつながります。とても危険な行為ですので、隠蔽だけは絶対にさけてください。

 

機会としてとらえる


一度おかしてしまった失敗を成功に変える際には原因分析が必要不可欠ですよね。このとき、自分でも知らなかった欠点や不注意さに気づくことがあります。

意識していなかった短所をこのような形で目の当りにすると良い気持ちはしませんが、きちんと向き合えば成長のきっかけとなるのは確実。そう、成功のためのチャンスが生まれてくるのです。

「失敗」したからと弱気にならず、そこから何を学ぶことができるのかを考えてみましょう。次のミスを防ぐためのヒントを得られるはずです。

 

対策を考える


失敗を成功に変えるには、失敗を解決するための対策を考えることが肝心です。それをせずにパニックに陥っているだけでは何も変わらないからです。

めちゃくちゃな失敗の根幹にメスを入れるとなると苦しさを感じることもありますが、ここは一つ感情を捨てて乗り切りましょう。ネガティブな感情にいつまでも付き合っていると疲弊してしまうからです。逆に、感情にとらわれず理屈で押し切ったほうがこういうシチュエーションではうまくいきます。

 

周りに相談や協力を


失敗をすると「周りを驚かせたくない」という気持ちが勝ってしまい、自分だけで抱え込んでしまいがちです。また、自分だけで何とかしてみせると意地を張ってしまうこともあるでしょう。

しかし失敗を成功に変えたいとき、このような心構えは何の役にも立ちません。プライドを捨てて周りに相談したり、協力を頼んだりするほうが事が首尾よく進む場合もあるのです。周囲の人々に協力してもらえるよううまく交渉するのもスキルとして欠かせません。

 

敗因分析をする


失敗とその処理が片付いたら、次はなぜ失敗したのかを分析する番です。「機会としてとらえる」と似ているかも知れませんが、ここでは失敗分析をさらに本格的に深く行い、成功のための材料を作ります。

どんな失敗がどのような原因で発生したのか、それについてどう思っており、今後どのようにして同じような失敗を回避していくのかについて、紙に書き出していってください。パソコンやスマートフォン、タブレットなどを使って考えるスタイルもアリです。

そして敗因分析結果に基づいた生活を続けた結果成功を手に入れたら、今度は勝因分析を行います。この敗因分析と勝因分析を繰り返し行っていくことにより、淡々と過ごしているよりもさらに大きな成長と成功を手に入れられるのです。

 

常に自信を持つこと


失敗した直後は気分が沈みがちで、「自分はなんてダメな人間なのだ」と思ってしまいますよね。しかし、失敗を成功に変えたいと思うなら、このようなマインドは邪魔でしかありません。不必要に自分を責めることにより委縮してしまい、本来発揮できるはずの力が出てこなくなってしまうからです。

そのため、失敗による責任を認めつつも、決して自信を失ってはいけません。胸を張って堂々と対処に当たってください。

 

成功のために失敗を活用する6つのコツ、いかがでしたか。

できれば何としてでも避けたい失敗。失敗すれば周りには怒られるし、給与が下がったり解雇になったりするかもしれないし、さらに自信喪失するしで、良いことなど少しもないように思えますよね。

しかし、失敗も扱い方によっては次の成功につなげることができます。トラブルを起こしたという事実を潔く認めて周囲の協力を得て、着実に対策を打てば学ぶことが必ずあるのです。早期対処することにより失敗をナシにできることも。

そして何よりも無駄に委縮せず、自信を失わずにキープしながら作業にあたることが大切です。ポジティブに構えていれば流れが自然と変わっていきますので、堂々と進みましょう。

 

まとめ

成功に失敗を生かすには

・失敗したことを認める
・機会としてとらえる
・対策を打つ
・周りにも協力してもらう
・敗因分析をする
・自信を失わない