知り合いの名前を思い出せない時に使ってほしい7つのテク

知り合いの名前を思い出せない時に使ってほしい7つのテク

人の記憶は時の経過と共に、忘れ去られる運命にあります。また、知り合いの名前をいつまでも憶えていられることにも限界があります。子どもの頃の記憶がカラーになって、鮮明に思い出される瞬間もあります。

人は一生を全うする間に、どれほどの数の知り合いにめぐり合えるのかは、人それぞれによって異なってきます。あなたにも知り合いがいます。その方々の名前はしっかりと記憶されている筈です。

けれども時と場合によっては、知り合いの名前を思い出せないことが出現します。それではこれ以降、知り合いの名前を思い出せない時に使ってほしい7つのテクを、皆さまとご一緒に見ていきたいと思います。



 


知り合いの名前を思い出せない時に
使ってほしい7つのテク

 


いろは四十八組を当てはめてみましょう


日常的によく用いられている知り合いの名前を思い出すテクニックは、いろは四十八組を、あ行から順に当てはめていくオーソドックスなやり方です。このときに、相手の人の雰囲気を参考に思い出します。

このときに、タレントや俳優の美形か面白い顔か、それともぽっちゃり型などを関連付けて記憶していきます。それとは別に、自分の周囲の風景の存在と名前を関連付けていくこともあります。

いずれにしても、いろは四十八組を一行ずつ当てはめていく方法は、即戦力には対応出来ないものかもしれません。しかし、名前を思い出す機会が頻繁になってくると、そのスピードも増してくるようになります。

 


会話しながら探し出していきましょう


時には名も知らずに話し始めています。知り合いの名前を思い出すテクニックは、会話の中から模索していきます。そこでは、名前を思い出すヒントを見つけるクイズ形式に似た会話を呈していきます。

「お父さまは何とお呼びしていましたかしらね」「お母さまはお元気ですか」などと言って、記憶の糸の端を見つけようとします。また、会社名が変わったのでと言って名刺を差し出したり、相手から貰ったりします。

こういう場面は、時々出現するものです。そこで自分の定番となる文言を掲げていきましょう。「誰かに似てると言われませんか」と誰彼とに言ってみます。すると会話は盛り上がってお名前のヒントを与えてくれます。

 


友人に教えてと声をかけていきましょう


結婚式やお葬式などでは、予期せぬ知り合いに再会します。さて、あの人は誰だったかな。苗字は覚えているけれども、下の名をすっかり忘れてしまった。目の前の人の名前を思い出せないことが起こります。

すると、会話のチャンスをフイにするかもしれません。そういうときのテクニックは、そばにいる顔見知り風の人に聞きます。そして、すぐに話しかけていきましょう。同窓会でも、お顔と名前が一致しにくいものです。

何十年ぶりの再会ともなると、全く別人のように容姿は変貌するのが当たり前です。そこでもやはり、親しい友人の力を借りて名前を教えてもらいましょう。そして、ここでも会話に花を咲かせていきます。

 


当て推量の名前で呼びかけていきましょう


度忘れという言葉があります。当人を前にした途端にお名前は煙のようにスーッと消えました。誰でも慌ててしまいます。ところがこれは加齢に係らずに起こる現象で、単なる度忘れで魔が射したようなものです。

どうあがいてみても名前は浮かびません。そこで、一つのテクニックを使います。開き直ってしまいましょう。深呼吸をして、頭に浮かんできた当て推量の名前を、自信に満ちた声で呼びかけていきます。

相手は違う名前を名乗ります。ここからがキャリアの見せ所です。「先輩の知り合いに本当に瓜二つですね。間違えてすみませんでした。素敵な人なのですよ」などと言って、相手の話に合わせていきます。

 


連絡先を教えてと声をかけていきましょう


名前を思い出せないときの鉄板方法として、広く知られている方法です。それは連絡先を聞くという方法です。近頃の携帯電話は多様な機能を備えています。その携帯電話を利用するテクニックです。

知り合いやお相手の人との親密さや信頼関係が無いと、少し難易度が高い方法かもしれません。携帯電話の赤外線通信を使った電話帳のデーターのやり取りの際に、登録してある名前を聞き出してみます。

そして、お相手の要約した特徴をメモに書き込んで保存していきます。こうすることで、お相手の情報やその人物のスナップ写真が添付されていれば、容易に本人確認が出来るというものになります。

 


自分から先に名乗っていきましょう


社会生活では、人との接触は避けられません。そして、知り合いの名前を思い出せないときも経験します。そのときのテクニックは、自分の方から先手を切って名乗り出てしまうことです。名刺を渡したりします。

そして、フルネームや職場や家族関係などを、サーッとかいつまんで要約して話してしまいます。そうすることで、お相手の人からも同様のアプローチを頂けます。そうすることで、知り合いの名前を知っていきます。

名前を覚えるのは大変な苦労です。そこで、あなたは名前を憶えることに見切りをつけていきます。それは、自分から名乗ることを習慣づけることです。するともう、名前を覚える苦役から解放されていきます。

 


何とお呼びすれば、と聞いてみましょう


職場では名前を覚えるのも大変です。そこで所属部署やフルネームを書いた吊り下げ名札を下げています。お名前は一目瞭然で確認できます。けれども一歩プライベートの場ともなると、名札は下げてはいません。

知り合いの名前を思い出す多様なテクニックを忘れたときは、進退窮まったと観念してキッパリと諦めます。そして、「お名前は何とお呼びすればよいですか」と素直に聞くしかありません。

それから、お名前を忘れた非礼を詫びていきます。言い訳はあまりしないほうが印象をよくします。あなたは一時は、不快なやるせない気分に浸りますが、直ぐに忘れてしまうことが大切になります。

 

いかがでしたか。知り合いの名前は忘れずにいたいものです。けれども、現実には思い出せないこともあります。度忘れや、全く忘れてしまったりします。そうなると、幾つかのテクニックを駆使していくことになります。

親しい友人に聞く手や自分で必死になって会話からヒントを得ようともしました。そして、自分から名乗るテクニックも見せました。結論としては、自分の気性に合致する方法を見つけて、それを習得することです。

ここ一番に役立つことが最良のテクになっていきます。さて、知り合いの名前を思い出せない時に使ってほしい7つのテクを、あなたとご一緒に見て参りました。この項があなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


知り合いの名前を思い出せない時に使ってほしい7つのテク

・いろは四十八組を当てはめてみましょう
・会話しながら探し出していきましょう
・友人に教えてと声をかけていきましょう
・当て推量の名前で呼びかけていきましょう
・連絡先を教えてと声をかけていきましょう
・自分から先に名乗っていきましょう
・何とお呼びすれば、と聞いてみましょう