被害妄想を治すために、実践してみるべき5つの行動

被害妄想を治すために、実践してみるべき5つの行動
被害妄想は誰にでも起こりうる感情の一つです。では被害妄想になる原因とはどんなことでしょうか。人と接しているときに相手に感じてしまうこともあれば、誰かの心無い言葉に傷ついている自分に被害妄想的な感覚を覚えることもあるでしょう。

軽度の被害妄想ならば社会生活を送るうえでそれほど辛くはないですが、被害妄想が強いと日々の生活に支障をきたすこともあります。人と接するのがつらく関係を持つことを避けるようになってしまってはどんどん苦しくなってしまいます。

ではどうしたら被害妄想という感情にとらわれなくなるのでしょう。被害妄想に支配されないようにはどうしたらいいのでしょう。ここでは自分目線で被害妄想かなと感じたときに被害妄想を治すために実施してみるべき行動をお伝えします。



 

被害妄想を治すために、
実践してみるべき5つの行動

 

被害妄想ってどんな症状なのか


被害者妄想とはどんなものなのでしょう。これはありもしないことを思い込んでしまうことで引き起こされる感情です。他人から危害を加えられる、迷惑をかけられてるなどの言動からわかることがあります。

これは持って生まれた性格的なものから精神的な疾患で起こるものまでいろいろとあります。社会生活の中で感じるストレスや人との関わりにより起こりやすく、嫉妬などの感情が引き起こすこともあります。

被害妄想的な言葉を発する人には突き放したり否定すると逆効果でさらに妄想は強くなる傾向にあります。

 

自分が悪いと思う弱い心をもたないようにする


被害妄想が強い人は、なんでも自分のせいにする傾向があります。周りの人が冗談で「それは被害妄想だよ」といった言葉にも激しく反応して考え込んでしまったり、必要以上に真剣に受け止め自分を責めてしまいます。

仮に被害妄想が強いとしてもそれを自分が弱いからだと思わないでください。たとえばみんなが私の悪口を言ってる気がする。と感じたら「今日は体調が悪くてそう聞こえるだけ。」と思い込みましょう。

弱いイコール悪いことのようなイメージがありますが、弱いことは全然悪いことではないし強くいなくてはならないこともありません。「今日は疲れているだけ」などと体調不良のせいにでもして、好きなことをしてリラックスできる時間を持ちましょう。

 

被害妄想してしまう自分を受け入れるようにする


被害妄想は、ありもしないことが頭に浮かび被害者意識が生み出す感情です。意識がそこに集まって被害妄想が酷くなるのです。ですから、妄想してしまう自分を認めて受け入れるようにしましょう

たとえば、恋人が浮気をしてるんじゃないかと不安な妄想が酷くなっても「浮気を疑うことなどよくある話。浮気を疑える相手がいるだけ幸せ。」「またいつものが始まった」「そんなこともあるよね」とと開き直り軽く考える癖をつけましょう。

 

気分転換に好きなことに没頭する時間を持つ


被害妄想は、時間の無駄だと考えましょう。被害妄想のほとんどが、勝手な想像です。そんな確信のもてない妄想を永遠に考えていても時間の無駄。それよりも楽しい時間を過ごすことを考えましょう。

ゲームが好きならゲームクリアに没頭するとか、映画鑑賞が好きならDVDをレンタルしたり映画館に観に行くなど時間をもっと有効に使ったほうが心がとても潤います。被害妄想で思い悩むのは心を削るだけの行為です。被害妄想が始まったらいったん深呼吸をして違うことを考えましょう。

 

幻覚などの症状が起こったら病院で薬を処方してもらう


被害妄想の原因が病気から起こっている場合もあります。統合失調症の症状は被害妄想が強く出ることが多く、その不安から幻覚を見ることもあります。またうつ病も思考がネガティブになりがちで被害妄想が強くなります。認知症は物を取られた被害妄想が強く家族や家に出入りする人に対して疑い深くなります。

そんなときは精神科で診察してもらい薬などで治療をしましょう。被害妄想はドーパミンが作用していることがあるのでそれを遮断するために薬物治療を施します。そのほかにカウンセリングなどの精神療法もあります。気になる点があるのなら医師の診察のうえ、適切な治療を受けることをおすすめします。

 

いかがでしたか、これが被害妄想を治すために実践してみるべきことです。ここでは被害妄想だと自分で感じられる人が実践すべき対処法を書きましたが、被害妄想という言葉は、そもそも使う側にはそれほど重い意味をもって言った言葉ではなくても言われた側にすれば意外と重く取ってしまう言葉なのです。

今まで安易に使っていたなら冗談めいて人に向かっては言わないほうがいいでしょう。そのためさらに被害妄想が悪化する人がいることを理解しておくことが必要です。もしもあなたのご家族や知人に被害妄想が酷いと感じられる人がいるのなら、その人の心に寄り添うような「つらかったね」「不安だったね」などとその人が安心できる言葉をかけてください。

それから妄想には決して同意しないこと。妄想の内容を根掘り葉掘り詳しく聞き出さないことがポイントです。これらの対処法でも改善が感じられないなら、精神的に病気として存在している可能性があります。最寄りの医療機関に相談することも視野に入れてください。

このように実際に被害妄想というものがどういったものなのかを理解して適切な対処法を実践してください。

 

まとめ

被害妄想を治すためには

・自分の被害妄想の症状を知る
・自分が悪いと思う弱い心をもたないようにする
・被害妄想してしまう自分を受け入れるようにする
・気分転換に好きなことに没頭する時間を持つ
・幻覚などの症状が起こったら病院で薬を処方してもらう