人間関係のストレスを減らし、楽になる7つの技

人間関係のストレスを減らし、楽になる7つの技
人間関係ですぐにストレスを溜めてしまうタイプと聞くと自分のことだと思う人は多いのではないでしょうか。一般的な日本の会社で円滑な人間関係を築くことは非常に難しい事です。人間は一定上の人数が集まるとグループや派閥を作る傾向がありますし、とくに競争社会においては妬みやひがみも生まれやすくなります。

そのため、人間関係でまったくストレスが溜まらないという人のほうが、むしろ珍しいと言えますし、そのような人は「空気が読めない」とか「性格が悪い」などと評価されるでしょう。

しかし、できればストレスは溜めずに日々の生活を送りたいですよね。そこで、職場や学校、友人グループ間における人間関係のストレスを減らすためのテクニックを7つお伝えします。



 

人間関係のストレスを減らし、
楽になる7つの技

 

友人作りのセーブ


人間関係でストレスが生まれるタイミングの1つに友達を作ろうと努力している時というのが挙げられます。よく知らない人との信頼関係を構築するには、いつも以上に気配りをしなければいけませんし、相手が何を考えているかわからない状況でコミュニケーションを取ることはとても気疲れします。

そこで、無理をして親しい友人をたくさん作ろうと思わないようにしましょう。親友と呼べる存在はせいぜい片手で数えられる程度の人数がいれば十分です。

 

職場の人間関係のコツ


職場においては、人間関係のストレスを抱える人がたくさんいます。それは、同じ部署の先輩や上司、他部署の先輩や上司など、たくさん気を使わなければいけない人がいるためです。しかし、職場の人間すべての人と仲良くするという事は不可能です。

特に派閥やグループがある職場においては、職場の人と必要以上に親しくすると余計な派閥争いに巻き込まれてしまう事がありますので、広く浅くをモットーにしましょう。

 

言動の裏読みをしない


人間関係でストレスをためやすい人の特徴に、相手の言動の裏をつい読んでしまうという事があります。例えば、「かわいいね」というシンプルな褒め言葉だけでも、嫌味やお世辞なのではないかとあえて裏読みをしてしまうのです。

しかし、相手の言動の真意は意外とそのままであることがほとんどですから、余計な思惑を働かせずに、あるがままの意味として受け止めましょう

 

周りの目を気にしない


職場や友人グループの中で、あまりに周りに気を遣いすぎてしまうため、八方美人になっている人はいませんか。周囲の人全員に好かれよう、よく思われようと気にしながら日々を過ごすことはストレスを溜める原因になります。

もちろん、誰かに嫌われたくないという気持ちは誰しも同じですが、自分の意見や個性を押し殺してまで人に好かれても意味がありませんから、周囲にどう思われているかは気にしないようにしましょう。

 

目立ちすぎない


人間関係の構築で失敗してしまう例として、目立ちすぎるというケースがあります。上司に1人だけ好かれて特別扱いをされたり、プロジェクトのリーダーをいつも立候補するなど、別に悪いことではないのですが、人は目立つ人に対して嫉妬心持つことが多くあります。

周囲から一度嫉妬される存在になると、人間関係でストレスを溜める場面が増えてしまいます。目立ちすぎず、かといって、人に頼り過ぎない、適度な立ち位置を意識しましょう。

 

苦手意識の解消


人は相手に苦手意識を感じることでストレスを感じます。そこで、人のいいところを見つけることに楽しみを感じるように訓練をしましょう。人のいいところを見つけられるようになれば、苦手意識というのは薄れます。

さらに、相手を褒めるクセをつければ、お互いに良好な人間関係を築くことができますので、一石二鳥です。

 

人によって態度を変えない


誰かに嫌われたり妬まれると、ストレスを感じますよね。しかし、そう思われてしまう原因は自分にもあるということを自覚しましょう。人に嫌われないためには相手に媚びるのではなく、誰に対しても分け隔てない態度を取ることが一番です

人によって態度を変えるといのは、周囲から嫌われる原因になりやすいので、注意が必要です。

 

いかがでしたか。

ストレスというのは生きていく中で大なり小なり誰にもあるものです。しかし、必要以上にストレスを溜め込んでしまうのはいいこととは言えません。ストレスは溜めすぎると精神的にバランスを保てなくなって、病気になってしまうこともあるためです。

人に気配りができる人や周囲に気を使える人は、往々にしてストレスを溜めやすい傾向にあります。良い人間関係の構築方法は正解がない問題ですから、そのような問題を手探りで解決しようとすればするほどストレスが溜まるのです。

人間関係で大きなストレスを感じている人は、今回解説した方法を実践しましょう。ストレスは考え方や自分の振る舞い次第で抑制することが十分可能なのです。

 

まとめ

心がけ次第で楽になる!人間関係のストレスを感じない方法とは

・親しい友人をたくさん作ろうと思わないようにする
・職場の人間関係は広く浅くをモットーに深入りし過ぎない
・相手の言動の裏を読もうとしないようにする
・周りから自分がどう思われているかは気にしない
・目立ちすぎず頼り過ぎない立ち位置を心がけよう
・相手のいいところを見つけて褒めるクセをつけよう
・誰に対しても分け隔てない態度で接しよう