人間関係に疲れた時のストレスフリーになれる思考術

人間関係に疲れた時のストレスフリーになれる思考術
人間関係に疲れたと感じた時はストレスを感じている時です。自分ではストレスが溜まっていると自覚がなくても無意識のうちにストレスは溜まっていることは多くあります。それに気づかずに無理をして頑張り続けてしまうと、心の病気になってしまうのです。

人間関係に疲れたなと感じたら心が無理をしているサインだと考えて、自分自身で溜まったそのストレスを取り除いてあげることが必要です。自分自身でストレスを取り除くにはいくつかの方法があります。ストレス解消のために気分転換をするのもいいですが、考え方を変えるだけでもストレスフリーになれる方法はあります。

そこで、人間関係に疲れた時にストレスフリーになるために効果的な思考術について7つの方法を解説します。



 

人間関係に疲れた時の
ストレスフリーになれる思考術

 

素直に受け止める


考え方がいつも合わない人って誰しもいますよね。会議や話し合いの場でいつも意見が対立する人とは、なるべく一緒に仕事をしたくないと思うのは自然なことです。しかし、人間は十人十色ですから考え方は全員一致するはずがありませんからいちいち突っかかっていては気づくと人間関係に疲れた状態になってしまいます。

気が合う人、合わない人がいて当然だと考えるだけでイライラしたり、落ち込んだりする気持ちは大幅に軽減されます。意見が違う人に対して敵意を向けるのではなく「そういう考え方をするんだな」と素直に受け止める方がストレスがたまりません

 

相手を悪く思わない


人間関係が疲れたと感じるとき、自分にとって苦手な特定の人がいるという場合が多いですよね。このような場合、相手が自分のことを嫌いで、いじわるをしているのではないかとだんだん拡大解釈してしまう傾向にあります。

しかし、人間心底悪い人はあまり多くはありません。意見の食い違いが発生したとしても、その相手は悪意があったわけではないかもしれないのです。自分が思っているほど悪い人ではないのではないかと考えるだけでその人と相対した時に感じるストレスは軽減されます

 

好かれようと思わない


人間関係に疲れたと感じる人には周囲に好かれようといつも回りの顔色をうかがっているという人が多くいます。しかし、周りにいるたくさんの人全員に好かれるということは非常に難しいことです。誰かに同調すれば誰かに反感を持たれるという可能性も大いにあります。

そこで、誰にも嫌われたくないと考えていて、周囲の人の調整役ばかりをしている人は「万人に好かれなくてもいいんだ」と思考を変えてみると気持ちが楽になるのです

 

誘いを無理して受けない


会社で飲み会が多くて人間関係に疲れたを感じている人は多いですよね。飲み会は、上司や先輩にとってはコミュニケーションをとるために良かれと思って企画しているのかもしれませんが、そもそもお酒の場が苦手な人や自分の時間を有効活用したいと思っている人にとっては迷惑に感じるものです。

また、飲み会の誘いを断ったら周囲にどう思われるかということを気にして断れない人は多くいます。しかし、予定がある時や気分が進まない時には断ることも一つの方法です。意外と飲み会の誘いを断ってもそれ以外の場でコミュニケーションをしっかりとれていれば問題ないものなのです。

 

苦手な人への挨拶


苦手な人と接する機会が多く、人間関係に疲れたと感じるようになった人は、苦手な人を避けるようになってしまうかもしれません。しかし、同じ職場や環境にいる人を避けて過ごすというのはかえって気疲れしてしまいます。

苦手な人には、避けるという対応ではなく、むしろ笑顔で挨拶をするということを実践した方がいいのです。笑顔で挨拶されて嫌な気分になる人はいませんから、相手も自分に対して好意的になってくれるかもしれません。

 

友人関係を整理する


学生時代から続く付き合いが多すぎて人間関係につかれたと感じることもありますよね。学生時代は仲が良かったものの、社会人になって話しも合わなくなり、無理して会うことが苦痛に感じる人もいます。このような関係を断ちたい人との関係は切っても支障がなければ切ってしまうのも選択の1つです。

仕事関係の人の場合には将来的に自分に不利になるかもしれませんが、もう会うこともあまりない人に対して気を遣うのはやめてもいいんだと思えれば気は楽になります。

 

人づきあいも仕事と開き直る


会社での人間関係が面倒で人間関係に疲れたと感じることはあっても、そこでの人間関係を悪化させるのは自分にとって損になるという状況においては、避けることもできませんよね。

そんな状況にいる人は、人づきあいも仕事のうちだと開き直ることも必要です。「これも給料をもらうための仕事のうちなんだ」と考えれば、多少の苦痛も頑張って耐えようと思えるになるのです。

 

如何でしたでしょうか。

人間関係に疲れた時には、その疲れをうやむやにしてはいけません。溜まったストレスは時間の経過によって減ることはあっても、ストレスの原因になっている人間関係の問題が解決されていなければ、ずっと残ったままになります。

人間関係に疲れたというストレスは、期間が決まっているプロジェクトや仕事に対する重圧よりも厄介なもので、その人間関係が消えない限り解消されることはありません。そのため、自分自身の考え方を変えるという方法で解決するのがもっともスムーズです。

今回解説した人間関係に疲れた時のストレスフリーになる方法は、7つとも同じ方法ではありません。すべてを実践するのではなく、自分にできそうなものからチャレンジしてみましょう。

 

まとめ

人間関係に疲れた人におすすめの思考とは

・世の中には色んな考え方の人がいて当然だ
・自分が思っているほど悪い人ではないのではないか
・周囲にいる人全員から好かれなくてもいいんだ
・無理して飲み会の誘いに答えなくてもいい
・苦手な人にも挨拶は笑顔でする
・切っても支障がないつながりは思い切って断つ
・面倒くさい人づきあいも仕事のうち