なにかあるとすぐ音信不通にする人の心理を読み解こう!

なにかあるとすぐ音信不通にする人の心理を読み解こう!

人は、生きていれば、トラブルや面倒な事にまきこまれる可能性は、どこにだってありますよね。そんな時、その目の前の問題を収束させようと真っ直ぐに向かい合う人、また、それ以上、火の粉が自分にかかってこないように、いち早く敵前逃亡する人の二つのパターンがあります。

当然、問題が大きければ大きい程、必死で出来る限り努力しても必ず結果がついて来るとは限りません。ですから、その場を離れ、自分には関係ない!と自分にも周囲にも言い訳するのが、一番楽かもしれません。

その結果、「仕方がないな~」と許して貰えたら、幸いですし、悪評がたとうが知った事ではない、巻き込まれた人達がどんなに困っていようと、そこから目を背けさえしていれば、そんな様子を見ることもなく、罪悪感さえ持つ事もなく済むのですから、むしろ、必死で対応してる人なんて不器用なだけ!と思うのかもしれませんね。

また、男女の関係でもよく、そんな話を耳にしますね。そんな時、パートナーを置き去りにする人の心理とは一体、何なのでしょう?実際にそんな人達がいるのは残念な事ですが、仕方のない事実。そこで今日は「なにかあるとすぐ音信不通にする人の心理」を読み解いてみましょう! ではご覧ください。



 


なにかあるとすぐ音信不通にする人の
心理を読み解こう!

 


身勝手・不誠実以外の何物でもない!


相手が存在するのであれば、いかなる理由、心理があったにしても、音信不通という行為は身勝手と言うしかありません。

内容が何であれ、相手から連絡を受けても、それを無視してしまうという行為は、その場から逃げたいという相手への不誠実な心の現れでしょう。

相手への誠実な気持ち、わずかでも思いやりがあれば、これだけ連絡ツールが発達している時代であれば、音信不通になる状況に理由は付けられないというのが、正直な所でしょう。

 


優先順位を付ける、一点集中型!


例えば、仕事や大好きな趣味に没頭する事で、昨日までは頻繁に連絡を取っていた相手に対しては音信不通にしてしまうという心理もあるでしょう。

当然ながら、仕事の場合、期限のある物、重要なプロジェクトに参加しているなどの状況であれば、寝食さえも二の次になり、全力投球せざるをえない時もあるでしょう。しかも、心理的にも追い詰められている状態なら尚の事、重要ではない連絡など取る暇はないのが当然です。

つまり、重要ではない、優先順位で下位と判断されたという事になりますね。しかし、仕事を音信不通の隠れ蓑にすることも無い訳ではなく、何かの言い訳である場合もあるので、見極めが必要です。趣味も同様です。より重要だったのです。

 


話したくない、知られたくない!


例えば、浮気中の彼。その浮気を隠したい、他の女性に夢中、元カノとの復縁など女性問題で、とても後ろめたく、話したくない、会いたくない、知られたくないという心理から連絡を取らず音信不通の状態になる事もあります。

また、私生活で何か問題を抱えている状況、例えば、借金、仕事でミスをしたなど人に言いたくない事情が出来た場合の音信不通は、人に相談する事もできない、知られて責められるのが恐いなど心理的に気弱な人間でしょう。

原因追究や再発防止にエネルギーを使わず、姿を隠し、放置して、問題を自然消滅させたいという、大変ずるい方法と言えるでしょう。何とも身勝手で情けない心理です。

また、男女関係において、別れたいけど、口に出して、その気持ちを言い出せず、連絡ツールを使っても、彼女の怒った顔が浮かび、怖くて出来ない、あるいは悪者になりたくない、結局、自ら決着をつける勇気がなくて、音信不通という事もあるでしょう。

 


一人になりたい!


心理的に何か問題を抱え、一人になってじっくり考える時間が欲しい!という心理で、何の前触れもなく音信不通の状態になる事もあるのです。「とにかく今は1人になりたい。人と関わりたくない。」と思ったのでしょう。

ある日突然、「全ての人間関係から完全に解放されたい」と思い、人と関わりを持たない状況を作る為に、一切周囲との連絡を断つ音信不通状態。これは、一般的に、女性と比べると男性に多い傾向にあると言われます。

因みに、男女関係のケースでは、この結果、距離を置いて別れるカップルは80%くらいですが、離れて良さがわかって元サヤに収まることも無いとは言えないので、倦怠期のカップルは試してみるのも一策でしょう。

 


怒っています!


何かトラブルや裏切りを受けた結果、怒りが頂点に達した場合に多いのが、いきなりの音信不通です。こればかりは、一方的に責めることは出来ないかもしれません。

プライドが傷つけられたと感じた場合にも、大変激しい怒りの結果、一切関わりを持ちたくないと思い、敢えて音信不通になります。そんな相手とは、理解し合う事なんて無理、話しても無駄だから話したくないという心理からでしょう。

これは、お互いを理解・納得し合うことを諦め、そんな事の為に労力を消耗するつもりはないという心理が働いています。

 


自分にとって大切な物を見つけた!


男女関係の中では、「恋愛から1度離れて、何か1つのことに打ち込みたい」という心理の現れで音信不通になる場合もあります。

そこには、打ち込みたい事を見つけた時、男性の場合、彼女の存在があり、中途半端にコンタクトを取ったりすると、ついつい頼ってしまったり、決意が揺らいだりしそうで恐い、という心理もあるようです。これは、一般的な女性の「つらい時には、彼に甘えて励まして欲しい」という心理とは、真逆だと言えますね。

 


自己アピールや自分の気持ちの確認


時に、音信不通には「自分の存在の大きさを、周囲にアピールしたい」という心理もある様です。男女関係においては、関係が少々まんねり化してくると、こんな形で相手の気を引く男性もいます。

連絡取れないと気になるでしょ?心配になって来るでしょ?という具合でしょうか。少し子供じみてはいますが、時折、そんなケースを耳にします。

それとは逆に、自分の気持ちを自己確認するために、あえての音信不通にするというケースもあるようです。お互いの気持ちや関係に、少し陰りが見えて来ると、自分の本当の気持ちにも自信が無くなるものです。「自分にとって彼女は、絶対に必要な存在なのだろうか」などと、ふと考えた時に、連絡を絶って自己確認をするパターンです。

勿論、この時、突然音信不通にあった彼女の気持ちなど、考えてなどいないのが、当然で、自己中心的でわがままな性格、心理を持った人物と言えるでしょう。

 

いかがですか?以上が、「なにかあるとすぐ音信不通にする人の心理を読み解いてみた」結果です。人の心は、弱い物ですよね。そして、一度、「楽」を経験してしまうと、決して、自分に厳しく出来なくなってしまうものです。

おそらく、そんな人は「人を傷つけたくなかった」「自分ではどうする事も出来なかった」「誰かが何とかしてくれると思った」などと、最初から言い訳も用意しているはずです。

そして、自分に自信がなく、いままで、自分の力で何かを成し遂げた経験もないのでしょう。当然、逆に、目の前の問題に真っ向から取り組む人の心理を読み解く事も出来ず、「自分には理解出来ない」と感想をもらす筈です。

しかし、人は一生、困難な事から逃げ回っている事は出来ません。一生のうち、どこかでは、自分で決断し、自分自身で解決しなければいけない問題にぶつかる時が必ず来るのです。一度、真正面から挑んでみたら、何か違った世界が見えるものだよ!と、機会があれば言ってあげたい気持ちでいっぱいです。

 


まとめ


なにかあるとすぐ音信不通にする人の心理を読み解こう!

・身勝手・不誠実以外の何物でもありません
・優先順位を付ける、一点集中型!
・話したくない、知られたくない!
・一人になりたい!
・怒っています!
・自分にとって大切な物を見つけた!
・自己アピールや自分の気持ちの確認