嫌だ嫌だと感じる物事を好きに変えられる7つの発想転換術

嫌だ嫌だと感じる物事を好きに変えられる7つの発想転換術

会社勤めやそうでない人たちも、日頃の生活する場では意にそぐわないことや嫌に感じることはあるものです。それらはストレスになって溜まっていきます。

毎日のストレスは、正しい生活リズムを刻むことによってほとんどは取り除かれます。けれども嫌だと感じる物事はいつでも起こってきます。

どうすれば良いのでしょうか。一つの解決法は、あなたの前向きな姿勢が功を奏します。まず嫌だと感じる物事を分析して、何をどうするのかを知ることです。難しく考える必要はありません。

ほんの少し考え方を転換するだけで良いのです。頑張り過ぎないことがポイントになります。それではあなたと共にその方法を見て行きましょう。



 


嫌だ嫌だと感じる物事を
好きに変えられる7つの発想転換術

 


プライベートな楽しみ


忙しい現代社会では多様な産業が変化を追求しています。職場では明るい未来を目指して前進しています。

日常の生活ではそんな変化を求める環境に飲み込まれないように、私たちは日夜努力しています。

そして、嫌だと感じた時にその感情をどうにかしようと努力して行くことは、生活改善手段の一つとなります。

ところで一週間は短いようで案外と長いものです。そこで週の半ばにごほうびの日を設定するのです。その日は残業を早く切り上げて、プライベートな時間に充てて気晴らしをします。

 


気分転換する


嫌だと感じた時は、その場から一旦離れることも必要になります。室外に出られるなら、外の新鮮な空気に触れることや周りの景色を眺めることも、気分を回復させる効果があります。

そして、嫌と感じたことに対処するために、誰かに相談して解決策を探るのもよい方法です。自分が嫌と思うことを他人に打ち明けるのが苦手な人は、ここが一番のポイントです。

そういう人はプライドが高い人です。けれども嫌だと感じないためにも、いらぬ誇りは投げ捨てて相手の人と真摯に向き合うことも大切なことになります。

 


深呼吸をする


嫌だと感じてしまうと、呼吸も乱れがちになります。そうなると平静になろうとする気持ちとは裏腹に、意識の高ぶりを感じるものです。

私たちは呼吸の仕方を調節することが出来ると言われています。呼吸には身体や心の変化がすぐに現れてきます。

不安や緊張で胸が締め付けられそうな時は、ゆっくりと深い呼吸をすると気持ちが落ち着いてくることはよく知られたことです。

嫌だと感じた時は、呼吸を整えることや目をつむって瞑想したり、音楽を聴くことも鎮静作用によって心地よい気分に浸ることができます。

 


チョコレートを食べる


全力で仕事に取り組む姿は立派なものです。そういう姿勢からは、嫌なことなど少しも無いように感じられます。

けれども嫌なことは誰にでもあることです。嫌だと感じた時は体が疲れているのかもしれません。

そういう時は、即効性のある疲労回復食材で手軽に食べられるチョコレートを、少し食べることをお勧めします。

それと疲れた頭には甘いお菓子類で糖分補給をすると活力源になります。チョコレートと同じようにあまり多量に摂取せずに適量食べることによって、体を休めるためには必要なものになります。

 


情報を上書きする


仕事に専念している時は一切の雑念は湧かないものです。けれどもちょっとしたタイミングで、嫌なことが入り込んできます。

そうした時は、頭の中に今やっていることとはまったく異なる情報をインプットして、嫌なことの情報を書き換えるテクニックを使って、心を正常に正していきます。その方法は簡単なものです。

手近にある好きな写真や動画を見ることで達成できます。

そして、嫌なことが思い当たるのならそのことを改善するために、先輩や同僚の意見を聞いたり、自分自身も解決策を紙に書いて実行して行く心構えを持つことも必要となります。

 


どうでもよい心


嫌だと感じるものを避けたり、それから逃げたりすることは理に適ったことです。そして、その嫌だと感じるものを積極的に取り除いていく行為は、ポジティブなよい感情の現れになります。

けれども時として取り組みの障害になる誘惑が待ち構えています。人見知りの激しい人や自分では気が小さいと思っている人や、気位が甚だしく高い人などでは、どうでもよいと思う感情が顔を見せたりするものです。

それさえ十分に承知して上手く乗り切って行ければ、嫌だと感じることは取り除かれていくようになります。

 


素敵な笑顔を取り戻す


嫌だと感じているあなたの顔を鏡で観てください。それは決して普段のあなたの顔ではない筈です。嫌だと感じるその原因を探って改善して行く地道な努力も必要になってきます。

そして、これからは生まれ変わったつもりになって、まったく今までとは異なるあなたの顔を演出して見せるのです。

それは笑顔を見せることです。出来れば笑った時に声を出して、思いっきり大きな声で笑うあなたを印象付けて行くのです。

そうすることで、あなた自身はもとより周囲の人たちから、親しみを勝ち取ることが出来るようになっていくからです。

 

いかがでしたか。嫌だという感情はあまり良いものではありません。そこでその嫌だというものを無くす取り組みを始めてみて、行き詰ってしまうこともあります。

目標が違っていたか、または目標のハードルが高すぎたことが原因かもしれません。目標の見直しは大切なことです。

そして、出来ることから徐々に時間をかけてやっていけば良いのです。これから先は今までのこととは違う問題になりますが、嫌なことには違いありません。

それは、時間外労働やパワハラやセクハラ、いじめなどの問題です。これらの問題はあなたの努力だけではどうにもなりません。

そういう時は専門機関に相談することをお勧めいたします。嫌なことは結構あるものですね。嫌なことは少しでも早く無くしていければ幸いです。

 


まとめ


嫌だ嫌だと感じる物事を好きに変えられる7つの発想転換術

・プライベートな楽しみ
・気分転換する
・深呼吸をする
・チョコレートを食べる
・情報を上書きする
・どうでもよい心
・素敵な笑顔を取り戻す