【イライラ解消法】怒りがスッと引っ込む魔法のテクニック

【イライラ解消法】怒りがスッと引っ込む魔法のテクニック
今日は、イライラ解消法についてお伝えします。よほどの聖人君子でもない限り、イライラすることのない人なんていません。

特に、いろいろな価値観が複雑に絡まりあった現代社会では人と人との間のぶつかり合いを避けることができず、苛立つことがしょっちゅうです。仕事や家庭内、友人関係など、イライラが発生する場所もどんどん増えつつあります。

しかし、確かに苛立ちは避けられない現象だとはいえ、怒りすぎると周りの人々だけでなく自分にとっても害です。イライラしていては気持ち良く過ごせるはずもなく、また血圧が急上昇するという健康被害があります。気持ちは分かりますが、イラついた気分によって得られるものは何もないのです。

そこで役立つのが、この記事で解説しているイライラ解消法7選です。時間やお金をかけることなくすぐにできる解消法ばかりなので、ここぞというときに役立ててみてください。



 

【イライラ解消法】
怒りがスッと引っ込む魔法のテクニック

 

イライラ解消法1:眠る


嫌なことがあったとき、イライラするときに寝ることを「ふて寝」と呼びます。普段はジョークとして扱われることの多いふて寝ですが、イライラ解消には非常に効果的であることが立証されています。

実は、眠っているときには成長ホルモンが分泌されています。これは子供だけでなく、大人にとっても同じことが言えます。そしてこの成長ホルモンには体を成長させるだけでなく、精神を安定させる作用もあります。

そのため、怒っているときにいったん眠ってみると起きたときには気分が良くなっているようになります。悲しい気分の解決策としても良好ですので、ぜひ覚えておきましょう。

 

イライラ解消法2:深呼吸をする


怒りは非常に突発的な感情であると同時に、気分だけでなく体にも大きな影響を及ぼします。交感神経が優勢になり、結果血圧が上昇して呼吸が荒くなります。イライラして怒鳴った後に息がゼイゼイする症状を経験したことのある人は多いでしょう。

そこでおすすめなのが「深呼吸」です。イライラして酸素の足りなくなっている脳に酸素を補給することにより、副交感神経を優勢にすることができます。最初はもどかしいですが徐々に落ち着いてくるので、応急策として覚えておくのがおすすめです。

 

イライラ解消法3:水を飲む


「深呼吸」すると同様、イライラしているときに脳に酸素を送る方法として「水を飲む」も非常に効果的です。また、苛立ちの原因の一つである脱水症状を和らげることにより根本から解決するというアプローチを取ることもできます。

できればきれいな天然水を用意し、適量を飲むようにしてください。澄んだ水が体中を満たしていくのと同時にイライラが消えていくのを実感できます。さほどお金をかけずに実践できるイライラ解消法です。

 

イライラ解消法4:アロマを活用する


嗅覚は五感すべての感覚の中でも気分や記憶に最も深く結びついています。そのため、一瞬で気分転換をしたいならアロマを活用してみると良いでしょう。

イライラしているなら、柑橘系の爽やかな香りや精神鎮静作用のあるラベンダー・カモミールなどの香りがおすすめです。

 

イライラ解消法5:ツボを押す


東洋医学の教えの一つである「指圧」は、様々な病の治療に効果的です。もちろん、イライラ解消法として役立つツボもあります。

例えば、手心(しゅうしん)というツボ。手のひらの真ん中にあるこのツボは、押すと徐々に苛立ちを抑えてくれます。親指でゆっくりと回しながら押すのがポイントです。他にも小指からずっと下った手のひら側の手首にある神門(しんもん)も覚えておきましょう。

 

イライラ解消法6:スポーツや歌で発散する


イライラと胸にたまる不快な気分は、スポーツや歌に没頭することによって発散することができます。体を動かしたり大声で歌ったりすると幸福ホルモンが分泌されるため、結果として不快感を忘れ去ることができます。やけ食いしたりタバコ・お酒に依存したりするよりもはるかに健康的で能率的なイライラ解消法です。

 

イライラ解消法7:怒りの原因を分析する


イライラには必ず原因があります。そしてその原因の中にはこれからさらに素敵な生活を送るためのヒントが隠されています。

そのため、怒りを感じたときには感情に身を任せる代わりに自分がなぜイライラしているのかを考え、できれば書き出してみましょう。その原因が自分以外にあったとしても、何らかの教訓をつかむことができます。

 

以上7つが、怒りを感じたときにぜひ実践したいイライラ解消法です。

怒りのおさめ方は人によって異なるので、上の7つの中から自分に合ったものを選び、気づいたときに実践するようにしていけばOKです。どんな方法を試すのであれ、いずれは怒りが静まることを意識しながらトライし、自分の身につけていくのがポイントです。

このようにイライラを自力で上手にコントロールする方法を学べば、心と体に対するつらい負担を減らし、日々を生き生きと若々しく過ごすことができるようになります。周りの人々のためにも、そして自分のためにもすすんで覚えておきたい世渡り術の一つです。大してお金がかかるものではないので、早いうちに覚えて活用できるようにしましょう。

 

まとめ

不快なイライラを解決するための7つのテクニック

・イライラは眠って忘れてしまおう!
・深呼吸で脳をリラックスさせよう
・イライラは水分不足から起こる!
・アロマの香りで気分転換♪
・イライラに効くツボを覚えておこう
・運動や歌でストレス発散
・イライラの原因分析をし、反省してみよう