イライラがひどくなる時に考えてほしい7つの原因

イライラがひどくなる時に考えてほしい7つの原因

一日が始まりました。青い澄み切った空。眩しい太陽の暖かい陽射しを浴びると、身も心も浮き立ってきます。身体はすっかりスタンバイしています。ピーンと張りつめる空気を全身に感じます。

やる気が緊張感をつき抜けていきます。職場の様子が脳裏に浮かびます。今日も多様なストレスとご対面です。けれどもイライラがひどくなるのは御免です。どうしてなのかその原因を探ってみたい。

そうすれば気持ち的に余裕が生まれて、正しい選択が可能になります。という訳で、この項ではイライラがひどくなる時に考えてほしい7つの原因を、みていきましょう。



 


イライラがひどくなる時に
考えてほしい7つの原因

 


腸内環境が悪いこと


月経前症候群(PMS)は、月経のある8から9割の女性が体験していることで、月経前に起こる心や体の症状のことです。周囲の人々に当たり散らしてしまい、落ち込んでしまい訳もなくイライラします。

PMSの原因は今のところ複数存在しています。最近の研究では、セロトニンが注目されています。いわゆるセロトニンの分泌が高まる治療によりPMSが改善したというのです。

そこでセロトニンが合成できる腸内環境の確保がポイントになってきます。イライラ感の原因は、腸内環境が悪い可能性があります。腸内環境を改善するためには、食物繊維を摂取することがポイントになります。

 


焦ってしまうこと


仕事が上手く軌道に乗らないときや資料やデーター待ちのときは、緊張はピークを駆け昇ります。やがて思わぬ結果を招いたりすると、その緊張感は爆発寸前です。頭の中は真っ白です。

我に返ると背筋に冷たいものを感じます。頭のなかは目まぐるしく動き今の状況や今後の展開を瞬時に思う。気ばかりが急く。何とかしなくてはという気持ちが湧いてくる。そして、イライラして落ち着かない。

この原因は、焦りのイライラ感です。この状況を打破するためには原点に立ち戻ることです。仕事に失敗した反省の意味も込めて、一から出直す強い決意を持つことがキーポイントになります。

 


不安になってしまうこと


多忙なビジネス社会にいても、経済状況が思わしくないときには未来の夢は描きにくいものです。そんな漠然としたネガティブ思考は身の回りにあふれます。人々は目に見えない存在に恐れ戦く思いを持ちます。

大げさに言えば恐怖に似た感情です。心優しき人は、意味不明のものについて考えたりします。そして、自分の将来を重ねて一抹の不安を覚えます。やがてそれはイライラする感情となります。

この原因は先の見えない不安です。この解決方法は、もやもやの気持ちを発散させるために、親しい人たちとディスカッションしたり、楽しいことに挑戦する行動力を発揮していくことが、何よりも重要なことになります。

 


疲れを溜めていること


規則正しい日常生活を送ることは大切なことです。消耗したスタミナは、正しい食生活や熟睡による十分な睡眠をとることで回復します。ところが激務が続き生活が乱れると、体に過剰にストレスが加えられます。

それは通常では解消できずに体力や知力は修復できません。そうなると身も心も悲鳴を上げて、疲弊を強調するイライラ感の症状を発してしまいます。この原因は身体が疲れ過ぎていることです。

そこで、頭や体を十分に休めて栄養のある食事や、軽い運動などを取り入れます。また、静かな環境に身をゆだねて身も心もリラックスさせ、正しい日常生活をとり戻して疲労をとり除くことがポイントになります。

 


嫌な人を意識すること


職場ではコミュニケーションの場があります。人は多くの人との連携により、共に学び共に生きています。さらに援助されたり癒されもします。時には他人との関係が思わしくなく煩わしい存在となります。

そして、心を揺さぶられ我慢ならないイライラ感を募らせます。その原因は、人間関係にあります。解決方法は、問題となる人物を擬人化したり、その人物を子ども時代まで遡らせた姿に変換して想像します。

さらにドラマの登場人物に扮して演じて見せることで、嫌な存在の相手を意識しないようになります。その結果、心の余裕が生まれ相手に振り回されない自分を作ることがポイントになります。

 


言わないようにしていること


病気などで突然休暇を取ると、他人に迷惑が及んでしまいます。いわゆる引っ込み思案の人は、物事を深く考えすぎてしまう性質があります。言いたいことを言えずに立ち往生してしまいます。

他人に迷惑が及ぶことを恐れて発言したいのに言えません。発言して迷惑が及ぶことが怖くて実行できません。この引き留めの感情が作用している状態が継続するイライラした気分になっていきます。

この原因は、理性がストップをかける抑圧です。この解決には、抑圧している感情を解放します。停止している事柄を受け入れることと、実行可能な事柄は躊躇せずに済ましてしまうことで解決します。

 


不摂生にしていること


生理日の予兆では、訳もなく落ち着かない気持ちになり、イライラ感は募ります。生理不順になるとその思いは一層顕著になります。通常の生理は、25日から38日の周期にあれば順調です。

生理不順はその範囲を外れた場合です。女性ホルモンは生理と深い関係にあり、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が悪いと生理不順になります。

女性ホルモンの分泌は、些細なストレスの積み重ねでも影響します。その原因は、生理不順によって起こります。生理不順の改善は、不摂生のもとになる生活習慣の改善とストレスを溜めないことです。

 

いかがでしたか。イライラは不快なもので、特定の状況下で発生するものや理由が判別しないものもあります。イライラは、私たちの体がストレスを過剰に感じた兆候の証として発する信号のようなものです。

適度のストレスは私たちには必要なものです。ストレスの無い世界を例えてみましょう。腸内では蠕動運動というストレスが加わらないとテキメンに便秘になります。適度の運動ストレスは毎日必須です。

イライラの長期化には、一刻も速く専門医に相談することをお勧めします。さて、イライラがひどくなる時に考えてほしい原因を見てきました。あなたのイライラの豆ノートに、コメントされますように願っています。

 


まとめ


イライラがひどくなる時に考えてほしい7つの原因

・腸内環境が悪いこと
・焦ってしまうこと
・不安になってしまうこと
・疲れを溜めていること
・嫌な人を意識すること
・言わないようにしていること
・不摂生にしていること