ストレス耐性が強い人に学ぶ、ポジティブ思考になる秘訣

ストレス耐性が強い人に学ぶ、ポジティブ思考になる秘訣

よく周りにあの人ストレス感じているのかな?と考えてしまうほどエネルギッシュな人いませんか?日頃のちょっとした事がストレスになってしまうケースは沢山あります。

仕事や家事、人付き合いなどそれはストレスと感じない人などいませんよね?今回はストレス耐性の強い人からストレスを上手に発散してポジティブ思考になれる秘訣を教えちゃいます。

簡単に出来る事からちょっと自分で意識して努力しなければいけないものまでありますが、どれも効果抜群です。ストレス耐性の強い人からその秘訣を学んでいきましょう。

覚えて実践あるのみです。



 


ストレス耐性が強い人に学ぶ、
ポジティブ思考になる秘訣

 


ストレスと感じないようにしよう。


ストレス耐性の強い人は少々の事をストレスと感じない性格の持ち主とも言えます。例えば仕事でも平気で笑顔でこなしています。一体どういう神経しているのか首をひねりたくなりますよね?

こういう人はストレスをストレスと感じない思考回路を持っています。脳が強いといいましょうかあるいは馬鹿といいましょうか?このような人は基本マイペースです。

そして自分を強く持っています。自分を強く持っている為に失敗したりしますが対して反省はしません。出来なかったらしょうがない程度にしか思っていません。

会社の中が全員こういう人になったら会社は周っていきませんが、部署内に一人はいても良い存在です。また仕事中も何か別の事を考えているものこの人種です。

 


毎日の入浴でリラックスしよう。


基本ストレス耐性に強くなるにはその反面の休息をじっくりたっぷり取る事です。毎日入浴しましょう。特にぬるめのお湯に15分から30分ゆっくり浸かりましょう。

これだけでもストレス耐性はかなり強くなります。一日の嫌な事はお風呂で洗い流すような習慣をつけておけばいい事であると考えます。睡眠をしっかりとる為にも必要なものです。

毎日の習慣にしてネガティブな気持ちはお風呂の水とともに洗い流して良い思考を持って睡眠するように心掛けましょう。こうする事で副交感神経が活発になり身体と心に癒しの一時を与えます。お風呂は起きているうちで唯一副交感神経が優位になる時間です。

積極的にとる事をすすめます。

 


ストレスの捌け口を見つけよう。


ストレスは休暇の時に落としてしまいましょう。一番いいのが自分が没頭できる趣味を見つける事です。これがあればストレス耐性は大きく上がります。

仕事中も休暇が待ち遠しいぐらいの趣味を見つける事です。一番悪いのが仕事を趣味にする事です。仕事をしている事で発散できればこれ以上のものはないですが仕事が上手くいかなくなると一緒に沈んでいってしまうと言う性質を持っています。

仕事が上手くいっているうちはいいのですが、それで失敗している人何人も見てきています。趣味のようなクリエイティブな仕事ならそれでもいいのかも知れません。

しかし仕事以外に何かを見つけるとやはりリスクは少なくストレスに対して立ち向かう事が出来ます。休日はゆっくりしていて何もしないというのではなく積極的に何かをするように働きかけていきたいですね。

 


毎朝の起床でコントロールしよう。


ストレス耐性が強い人は生活リズムの乱れが少ないものです。逆に一日の生活リズムがちゃんとしていない人はストレスに対しても弱いものとされています。どのようにして生活リズムを一定に保つのでしょうか?

それは朝に起床時に光を浴びる事です。これによって狂っている体内時計がリセットされます。入眠する時間ではないのです。

起床時に日光の光を浴びる事が一番良い方法ですが、夜勤などある不規則な生活の方は起きたら強めの光を浴びる事を行ってください。寝る時は当然暗い環境がいいのですがそこから急に明るい環境へと変化させる事です。

実践してみてください。生活リズムがちゃんとしているだけでかなり身体が楽になるはずです。

 


朝の時間を有効活用しよう。


最近流行りの「朝活」です。仕事に行く前の朝の時間を利用して身体を動かしたり教養をえてみたりする事です。これによってストレス耐性が強くなります。

簡単にやるには例えば1時間早く起きて会社へ行く前に喫茶店でゆっくりモーニングサービスでも頼んで新聞でも広げてみてはいかがでしょうか?あるいは1時間早く起きて1つ前の駅から歩いて散歩してはいかがでしょうか?このような朝活をする事で仕事への違う価値観が生まれます。

あれこれ悩む前に朝1時間早く起きて朝の時間を活用してみませんか?ベットでうだうだして時間を過ごしているよりかはよっぽどいいはずです。そんな時間あるなら寝ていたいと言う気持ちは十分に解りますが朝の時間をこのように活用してみませんか?

 


運動をしよう。


身体を適度に動かす事によってストレス耐性は上がります。身体を温め汗をかく事でリラックス効果が得られます。皆さんは運動していますか?

運動をせずに同じデスクに座っているようではストレスは溜まる一方です。ストレス耐性が強い人は運動もしています。例えば仕事帰りにジムへ寄ったりスイミングしたりしています。

お金が無いと言う方は一駅歩いてみてはいかがでしょうか?ストレスは運動によって発散されます。皆さんは運動不足ではないですか?

運動不足は心にも影響を与えるものです。運動しましょう。

 


嫌な事も取り組む事で好きになる事を学ぼう。


これは精神論になりますが、嫌な事をやるとストレスが溜まると言う方はほとんどではないかと考えます。私も確かに嫌な事からは極力目を背けたいものです。

しかし嫌な事でも取り組んでいくうちに好きになると言う事があります。対人関係でも会っていくうちにその人の人格が見えてきて好きになっていくと言う事があります。何事も嫌いと言って目を背けるのではなく地道に取り組んでみてはいかがでしょうか?

好きな事に変わるかも知れません。好きな事に変わった分ストレス耐性は強くなります。嫌な事も取り組み次第で好きになる事を覚えておきましょう。

 

いかがでしょうか。人間が生きていく上ではストレスと上手く付き合っていかなければいけません。上手く付き合う事が出来ないと上手に生きていく事は困難になります。

嫌な事でも平気で出来るようなストレス耐性の強い人は人生を上手く生きていきやすいものだと言えます。どうか出来る事から始めてみてストレス耐性の強い自分を作っていきましょう。それがあなたの人生を豊かにする事に繋がります。

そうすればストレスは吹き飛んでいくはずです。そういったポジティブサイクルに入れれば簡単に人生を生きる事が出来る事でしょう。皆さんがそうなれるように願っています。

 

まとめ


ストレス耐性が強い人に学ぶ、ポジティブ思考になる秘訣

・ストレスと感じないようにしよう。
・毎日の入浴でリラックスしよう。
・ストレスの捌け口を見つけよう。
・毎朝の起床でコントロールしよう。
・朝の時間を有効活用しよう。
・運動をしよう。
・嫌な事も取り組む事で好きになる事を学ぼう。