気持ちの切り替えをスムーズに行い、仕事を捗らせるコツ

気持ちの切り替えをスムーズに行い、仕事を捗らせるコツ

あなたは気持ちの切り替えが上手に出来る方ですか。それとも中々できないで鬱々としてしまうタイプでしょうか。ビジネスの世界では厳しい現実があります。そこには意欲的な人たちがいます。仕事場の空気はぴんと張りつめています。ストレスに晒された環境。そして、時には仕事に追われて疲労困憊してしまいます。

がんじがらめの精神状態。それを上手にもみほぐして、気持ちの切り替えをうながします。すると仕事は息を吹き返してきます。最も簡便な気持ちの切り替えは、笑顔になることで得られていきます。

鏡を見て唇の口角を少し上げだけで心は弾みます。とって置きの笑顔になり気分も上向きます。気持ちの切り替えを行って仕事を捗らせるにはどのようにしていったらいいかを見ていきます。



 


気持ちの切り替えをスムーズに行い、
仕事を捗らせるコツ

 


成功のイメージを思い出してみよう


仕事も追い込みに入っています。よくあることでエネルギー切れしてきたようです。そこで一息入れてうまくいった仕事のことを思い出します。よい成績を残した思い出は忘れません。すぐに記憶は蘇ります。

その日はしゃれたレストランで軽いランチを摂っていました。その時に注文したマロンケーキとウィンナーコーヒーは、仕事の成功とうまいコーヒーとの、コラボレーションとして鮮明に記憶に焼きついています。

記憶の中のコーヒーの匂いは、嗅覚を刺激して脳にその時の記憶を再現してくれます。体にふつふつとエネルギーが満ちてきました。さあもうひと踏ん張りです。眠気や疲れもなく気持ちの切り替えができました。

 


深呼吸してリフレッシュしてみよう


仕事に熱中していると知らず知らずのうちに背中は丸くなります。浅い呼吸になり眠気も射しています。頭や視力も疲れてきています。小休止のために机から離れます。そして、背伸びをした深呼吸をしてみます。

深呼吸は自律神経を整える効果があります。腹の底から空気を吐き出します。両手を広げ胸を大きく張っていき顔を仰向けていきます。すると背筋が伸びて新鮮な空気が自然に入ってきてくれます。

頭の中はすっきりして、眠気や目の疲れも回復してきます。軽く全身の屈伸運動も併せてします。体は温まってきて気分も爽快です。気持ちの切り替えはスムーズにいき再び仕事に取り組んでいきます。

 


ストレッチしてもみほぐしてみよう


夢中になって物事に取り組んでいるときは、コンをつめて寝食も忘れてしまいます。難関を無事に解決してみると疲労がどっと全身を包んでいます。そこで、両手に力を満たして思いっきり背伸びをしていきます。

かなり無理な体勢でいることがあり背中や腰の痛くなったところをさすり、軽くストレッチを始めていきます。やがて、体が軽く感じられてくると、広い場所に出て空の青さを仰ぎ見ながら深呼吸をしていきます。

目を閉じて太陽に向かうと真っ赤に広がる世界を見られます。すぐに足元に目を転じてみると、頭の中のモヤモヤはとうに失せています。すでに気持ちの切り替えは済んでいて、仕事への意欲は回復しています。

 


プチ達成感を味わってみよう


好調を維持している時は何ら問題もありません。バラ色の夢が見られます。しかし、唐突にスランプを味わいます。それも人生の一場面です。大きな夢はさておき、小さな達成感を味わう余裕を持ちましょう。

近くの目標までを設定したジョギング、一冊の本を読破したときの達成感などを味わいます。また、掃除や新しいレシピに挑戦しても、プチ達成感を味わうように自分の意識を無理にでも振り向けます。

プチ達成感を味わったら自分の意識に働きかけていきます。そうすることで、やり遂げた自身の頑張りを褒めてやるように気持ちを高めます。「すごい。頑張ったね」と無言のままに自分の心に呼びかけていきます。

 


気分の区切りをつけてみよう


何かを成すときには心との密接な連携が見られます。体を使う仕事は、心に命令を発して体に働きかけます。心を動かすのは、自分の意識がそう望むことで叶えられます。バーチャルの世界のような感覚です。

ここでいう心は脳と同じ意味です。体を動かすことやよい気分の状態を脳に記憶させます。すると気持ちの切り替えが容易になります。例えば美味しそうなケーキをテーブルまで体を使って持ってきて食べます。

そう想像して願っていくことで、体はリラックスして気分の切り替えもスムーズにできてきます。これは気分をよくする習慣づけになっていきます。また、行動や気分の区切りをつけることに役立っていきます。

 


好きなものをイメージしてみよう


大きなテーマを成した後に、美味しいケーキを食べる喜びは至福のものです。成功と好きなものとのマッチングは脳細胞に深く刻まれます。仕事がこみエネルギー切れの時には、一切れのケーキを思い出します。

ゆったりと腰かける自分をイメージします。コーヒーの匂いを嗅ぎ熱いコーヒーを飲みます。ふっと一息ついて運ばれてきたケーキを見ています。そして、何とも言えない匂いが鼻孔から胸の中に流れてきます。

ケーキを思い浮かべるたびにイメージは強化されていきます。勿論、気持ちの切り替えはいとも簡単に済み、体はリフレッシュされていきます。そこには早く仕事を済ませてしまいたい意欲が感じられます。

 


励ます言葉をかけてみよう


心と体は一つのものです。思考して体を動かすのは心への働きかけです。気持ちの切り替えは、その心をその気にさせることで成し遂げられます。自分の意識をコントロールする術を理解することが必要です。

肉体が疲れたら、自分の意志で休みをとるように仕向けていきます。そして、疲れがとれる食物を食べようと考えます。体を食物のある方向に進めるように意識します。そうして体を動かしていきます。

自分を励ますことも心に働きかけます。そうすることでやる気を出すように意識を鼓舞していきます。心が萎えていると何ごとも成せません。そうすることで気持ちの切り替えはスムーズに捗っていきます。

 

いかがでしたか。気持ちの切り替え方法が出来そうでしょうか。気持ちの切り替えるという行為は日常生活だけにとどまらず、ビジネスでも多いに活躍する必須条件となっています。難しく考えることはありません。気持ちをボジティブに切り替えていくには、最もポピュラーな方法は自分の好きな趣味に一心不乱になって取り組むことです。

そうすることでリラックスできます。気分転換には趣味は極めて有効です。気持ちの切り替えが上手な人は、人生を楽しむ術を心得た人です。心を健康に保つ方法は自分を甘やかさないことが重要になります。

気持ちの切り替えはあなたの心掛け次第になってきます。さて、『気持ちの切り替えをスムーズに行い、仕事を捗らせるコツ』を、あなたとご一緒に見てきました。この項が、あなたのお役に立てばうれしいです。

 


まとめ


気持ちの切り替えをスムーズに行い、仕事を捗らせるコツ

・成功のイメージを思い出してみよう
・深呼吸してリフレッシュしてみよう
・ストレッチしてもみほぐしてみよう
・プチ達成感を味わってみよう
・気分の区切りをつけてみよう
・好きなものをイメージしてみよう
・励ます言葉をかけてみよう