目標管理で、部下のモチベーションを引き出すコツ

目標管理で、部下のモチベーションを引き出すコツ
部下というのは難しいもので、決して自分の思うようには動いてくれませんよね。ところが、適正な目標管理ができれば、こちらの思っている何倍もの力を発揮してくれるのも部下。自分とはタイプのちがう人間だからこそ、足りない部分を補ったり、時にはチームをリードしてくれる、素晴らしい能力や組み合わせがあります。

目標管理を駆使して、部下のモチベーションを引き出した上で、それぞれ最高のパフォーマンスを実現させるためには、上司として気をつけておきたいコツがいくつかあり、それは日常的、そして計画的に行動に忍ばせておく必要があるのです。

ここでは、部下を要領よく束ね、チームが同じ方向をみて努力できるようにする目標管理のコツを解説します。

[ →続きを読む… ]

部下のモチベーションを上げる最強の方法とは?

部下のモチベーションを上げる最強の方法とは?
部下をもつようになると見なくてはいけない範囲がぐっと増え、全員のモチベーションを上手に管理して常にチームをリードし続けなければいけません。性別が違ったり、育った時代が違ったりで、上司も部下も十人十色。それぞれがとても個性的に見えるものです。

どんな相手でも余計な引っかかりがなく、お互いのコミュニケーションがスムーズにいけば問題ないのですが、こちらがオープンな姿勢をとっていたとしても、その部下のこれまでの経験などから、無駄に警戒されてしまったり、軽く見た態度で業務を怠ってしまわれることもあるでしょう。確実に部下たちのモチベーションを維持できなくては、チームで結果を出すことは難しいですね。

上司と部下は信頼関係が一番大切。信頼関係のコツを掴んで、モチベーションを上げ、それぞれの立場で出来ることをもってお互い支えあるような関係を作りましょう。

[ →続きを読む… ]

部下のモチベーションをあげる6つのスゴ技!

部下のモチベーションをあげる6つのスゴ技!
部下のモチベーションアップは会社やプロジェクトチーム全体の生産性向上のために必要不可欠です。経営陣や自分一人だけが頑張っていても業績は上がらず、部下を含めた全員の協力が必要ですよね。

とはいえ、部下のやる気を引き上げるのはそう簡単なことではありません。職場にて自分と部下との向いている方向のベクトルが違うなんてことはよくあります。こちらが一生懸命に取り組んでいても、その気持ちが部下に届いていないことはざらではないのです。

この状態では何をやってもうまくいきません。部下のモチベーションを上げるためにできることをどんどん行い、チームワークを円滑にすることが必須です。そのために必要な6つのスゴ技について解説します。

[ →続きを読む… ]

部下をやる気にさせるとっておきの方法とは?!

部下をやる気にさせるとっておきの方法とは?!
会社で部下を持つ立場の人は、どのようにすれば上手に部下をやる気にさせることができるか悩むことでしょう。自分以外の人間にやる気を出させることは、実はとても難しいのです。どんなに自分にやる気があっても、会社での仕事はチームでの連携が大切なのです。

個々のやる気をいかに引き出せるかが、仕事の成功を左右します。そこでつかみどころのない「部下」という種類の立場の人間に、やる気を出させるために有効な方法をお伝えします。

仕事に一途に頑張ってきて、仕事自体には精通していても、人間の教育や指導に関しては、誰もが最初は初心者です。「上司」と「部下」であっても、どのような性質かも定かではない「部下」という名の「他者」を、尊重しつつも叱咤や指導をしていかなくてはならない責任は重大です。

以下の6つの方法を参考に、押しつけではなく「自発力」を育む気持ちで、忍耐強く焦らずに頑張ってください。

[ →続きを読む… ]

上司と上手くつきあうには?タイプに合わせた接し方一覧

 上司と上手くつきあうには?タイプに合わせた接し方一覧
仕事をする上で、切っても切れないのが上司。チームの仕事や部下たちを守ってくれている大切な立場でもありますが、部下からすれば色んな意味で大きな壁でもあります。

上司と上手くいかないと、どんなに得意な仕事でも影響があるもの。せっかく自分のペースで良い成果をあげようとしても、上司からしたらそれを邪魔するのも、別の誰かにやらせるのも簡単です。上司というのは厄介なもので、ただの監督者というだけでなく、仕事のオペレーションを担う上で大きな権限があるものなのです。

ですが、上司も人間、なんとなくかわいい部下にいい仕事をまわしたりなんてこと、少なくありません。ここでは、上司のタイプに合わせて、接し方のコツをご紹介します。どれも小さなコツばかりですが、これを実践して周りに気づかれないうちに上司との心の距離を縮めてしまいましょう。

[ →続きを読む… ]