結婚式のスピーチで他と差をつけるためのアドバイス

結婚式のスピーチで他と差をつけるためのアドバイス

結婚式でスピーチを任されることは人生の中でそうそう何度もあるものではありません。部下に頼まれた上司、親族代表、そして友人代表と立場も様々です。お酒に酔ってスピーチを台無しにしてしまったり、自慢話で場をしらけさせてしまうスピーチなど、素晴らしいスピーチとは程遠い大失態を犯してしまってはスピーチを頼んだ新郎新婦に申し訳が立ちません。

結婚式のスピーチで他と差をつけるにはどうしたらいいか、一緒に考えてみましょう。スピーチの成功はあなたの評価をアップさせてくれますよ。ここではスピーチの忌み言葉を使わないなどの常識はあるものと考えて、更に印象深いスピーチになるアドバイスを伝授いたします。



 


結婚式のスピーチで
他と差をつけるためのアドバイス

 


雰囲気に合わせるため事前調査をしましょう


よくよく熟考したスピーチの内容が結婚式の雰囲気とあっていなければちぐはぐな感じがしてしまって残念な結果となってしまいます。形式を重んじる格式ある結婚式で、あまりにくだけた内容では招待してくれた両家のご両親から常識の無い奴だとレッテルを貼られかねません。

逆に、ガーデンパーティーのように明るい雰囲気なら少々、テンションを高くした内容や話し方でも問題はないでしょう。事前に新郎新婦に確認が必要になりますが、そこまで気を配ってスピーチを考える人もなかなかいませんので新郎新婦も悪い気はしないでしょう。

スピーチに織り込む新郎新婦のエピソードと合わせて事前調査をしてもう一度、スピーチを練り直してみてください。事前調査で他のスピーチに一歩差をつけてやりましょう。

 


会場を味方につけましょう


一生懸命考え抜いたスピーチを読んでいるのに、ふと気づくと誰も聞いていなくてみんな、黙々と出された料理を食べていた。そんな結果になってしまったらせっかくの努力が報われませんね。

スピーチを聞かない人もマナー違反ですが、どうして聞いてくれないのかというとそれはスピーチに魅力がないからです。似たりよったりのスピーチには誰も注目してくれません。聞いてくれるのはかろうじてスピーチで緊張しているあなたを面白がる友人たちくらいでしょう。スピーチの合間に会場にいる友人などに手伝ってもらって、あなたが話している間に相槌をうってもえるよう事前に根回ししてみましょう。

今日を迎えるのを楽しみにしていました、みなさんもそうですよねと会場に呼びかけた時に拍手を入れてもらい会場の賛同を得る演出をしてみましょう。事情を知らない出席者も思わず一緒に拍手をしてくれるはずです。明るい呼びかけに賛同を得られたら、新郎新婦に改めてお祝いの言葉を贈りましょう。主賓席でにこやかにスピーチを見守る2人に会場の雰囲気も更によくなりますよ。

格式ある結婚式の場ではなかなか難しい演出になりますので、その場合は両家のご両親をスピーチの合間に褒めてあげるような文面を盛り込むとご年配の方からの受けが良くなりますよ。

 


声は大きく、背筋を伸ばしましょう


どんなに素晴らしいスピーチも、読み手がボソボソとした声ではざわついた会場の中では誰も聞く気がなくなってしまいます。スピーチで前に出た瞬間から笑顔と大きくはっきりとした声で話すことを忘れないように心がけてみてください。緊張から声が震えることもあるかもしれませんが、招待客から見れば微笑ましい姿に見えるものです。笑われていると勘違いして萎縮し、ますます緊張に輪をかける必要はありません。

涙声になるのも逆に場を盛り上げることもあるので気にする必要はありません。食事に夢中になっていた招待客がスピーチしているあなたに必ず注目するはずです。そんなハプニングも結婚式の中ではほんの一瞬です。スピーチを任された時間は新郎新婦の期待に応えるべく、明るいホスト役に徹してみましょう。

公衆の面前に立って、猫背ではみっともないですよね。胸をはって背筋を意識して伸ばしてスピーチに挑んでください。自信の無さが表に出ると他のスピーチと内容だけでなく外面でも差をつけられてしまいますよ。

 

いかがでしたでしょうか。スピーチの下書きが完成したら、何度も何度も必ず声に出して読み上げてみてください。スピーチの時間は長くなりすぎないよう適度に手短になっているか、忌み言葉や重ね言葉が使われていないか、くだけすぎて下品になっていないかもよく読み返しましょう。

誰か第三者に聞いてもらうのもいいですね。自分では気づかない所に気づいてくれるかもしれません。結婚式の間に何人かがスピーチを任されますがその中でも一目置かれ、いいスピーチだったねと言われたら大成功です。あなたに任せた新郎新婦も鼻高々です。

他と差をつけるのは難しく感じるかもしれませんが、度胸を決めてアドバイスを参考に礼儀と常識を備えた態度で望めば一生懸命考えたスピーチを活かせるはずです。新郎新婦の晴れの舞台を飾ってあげる為に、一役かいましょう。

 


まとめ


結婚式のスピーチで他と差をつけるためのアドバイス

・雰囲気に合わせるため事前調査をしましょう
・会場を味方につけましょう
・声は大きく、背筋を伸ばしましょう