高校受験に勝つ勉強法を性格別に徹底解剖

高校受験に勝つ勉強法を性格別に徹底解剖

人生で一度きりの高校受験、これってかなりプレッシャーのかかるものですよね。今回はこの高校受験に勝つ為の勉強法をお伝えします。大学受験であれば予備校の良し悪しは成否を分けますが高校受験では自己流で勉強される方多いようです。

そんな自己流で勉強を行う方に特に知っておいてほしい事、一度しかない高校受験の、勝敗を決める大きなポイント。難関高校を狙っている方も、安全圏の高校を受験する人も、今からお伝えする高校受験に勝つ勉強法これを知っておくだけで、結果が全然変わります。ではご覧ください。



 


高校受験に勝つ勉強法を
性格別に徹底解剖

 


とにかく暗記しよう。


高校受験の勉強法として一番の項目は暗記です。これは教科問わず必要にされる項目です。皆さんはどのようにして暗記していますか?

「暗記パン」なるドラえもんの道具も出てきますが中学校レベルの問題は暗記で解決するケースも数多くあります。効果的な暗記方法を身につけたいものです。効果的な暗記方法とはなんでしょうか?

それは個人差がありますが私のケースで言えば毎日の勉強範囲を決めていて勉強していました。そして適度な時間遊んでおりました。当然難関高校などになるとそうもいきませんが暗記に関しては単調になる傾向があります。単調な作業は時間と共に効率の低下と言うのを招きます。

ですから適度にリフレッシュしながらやると言うのが非常に大事になります。とにかく暗記さえできればほぼ8割は合格したようなものです。あとは違う角度からのアプローチについて話をします。

 


好きな音楽を聴きながらやろう。


高校受験の勉強法として適度にリラックスしながらやると言う方法もあります。自分の好きな音楽を聴きながらやると言う事です。一見集中出来ないような感じもしますがどうなのでしょうか?

実はこれは意外に多くの受験生に支持されている方法なのです。当然歌い出してしまうようなものはダメです。音楽を聴きながらの状態だと脳がリラックスをします。

このリラックスが非常にいい状態なのです。いい方法として適度な時間音楽をかけて行うと言う事があります。好きな音楽を聴きながら行うという方法も有ると言う事を知っておいて下さい。

 


リビングでやろう。


勉強は必ず勉強机でやるという事を思っている人はいませんか?高校受験の勉強法としてこの勉強する場所にはこだわらないと言うのが私のスタイルです。家の中でもっとも効率の良い勉強場所はどこなのでしょうか?

それはリビングです。一見すると自分の部屋で集中してやった方がいいのではないのと思うかも知れませんがこれは違っていてリビングのようなあえて親の目の届く範囲で見せながらやるというのは効率的な勉強にはちょうどいいのです。もちろんテレビを観ながらとかはダメです。

リビングで親の目を気にしながら勉強する事である意味集中が出来ると言うものなのです。自分の部屋では常に自分との戦いとなってしまいます。それはとてもつらい事になります。

勉強する場所は問いません。何故ならテストは多くの人がいて監視官がいて行うものだからです。その環境に近いのが親の監視下にあるリビングであると言えます。

 


図書館で勉強しよう。


勉強するのは外出をして勉強すると言う方法もあります。高校受験の勉強法としては図書館を有効活用しましょう。この図書館で勉強する事は非常に有効なのです。

これは多くの人が利用しているのもありますが図書館は勉強が集中できる環境の整った施設なのです。本に囲まれる事とあの荘厳な雰囲気の中で勉強できる事で一定の成果が出ます。解らない事でも調べると言う事が出来ます。

出掛けて勉強する家ではくつろぐと言う事で勉強の住み分けが出来る訳です。折角近くにこのような有用な施設があるのですから勉強に活用しましょう。他人がいると言う環境で勉強する事もまた良いのです。

 


誰かと一緒にやろう。


勉強は何も一人でコツコツやる事がいいとは限りません。誰かと一緒にやる事もまたいい手であります。高校受験の勉強法としては友人と一緒にあれが解らないこれ教えてなどと言いながら行う事もいい方法だと言えます。

誰かと一緒に出来る事で当然自分のいい意味での監視をする事が出来ます。その監視体制が非常に勉強の効率化に有効な手段なのです。この場合は出来る事なら志望校が一緒の友人を選ぶと良いでしょう。

お互いに高め合いお互いの長所と短所を補う事が出来ればお互いの学力アップに繋がります。誰かに教えると言う事でその事項の確認をする事も出来ます。ですから非常に有用な方法なのです。

 


学習塾に通おう。


手軽に高校受験を考えるのなら学習塾に通ってはいかがでしょうか?学習塾にはそれぞれノウハウがあります。個別の勉強法を確立しています。

当然合っている合っていないはあります。私は合いませんでした。特に難関校の受験にはこの学習塾に通う事が必須になっています。

良い点は当然解らない箇所を教えてもらえるところです。悪い点はその塾に通っている人と比べてしまって自分を追い込んでしまう事です。しかし勉強法の一つとして選択肢の中にあってもいいです。

 


30分経ったらスマホ10分の方法を学ぼう。


今の勉強法だと大体1時間やって10分休憩と言う事がスタンダードかと思いますが実は効率的には30分経ったら10分休憩と言う方法が一番効率の良い勉強法なのです。ちょっと短いと思うかもしれませんが勉強をすると言うのは非常に脳の負担をかける事なのです。エネルギーも使います。

30分ぐらい集中してやったら10分は全く違う事をするというのがとても良いのです。一番良いのが10分の休憩ですからスマホをいじるなどです。このくらいの短時間で効果的にリラックスできるには効果的に脳を休めると言うのではなく脳の違う場所を使うと言う事です。

個人差はありますが集中は50分が限界と言う説があります。特に暗記の多い単調な高校受験の勉強法では30分ぐらいしたら休憩して次の科目へ行く方が良いのです。授業でも当然同じ作業を続けていると言う授業は図工くらいですよね?

実は30分ぐらいで限界を迎える事を知っているのです。これは覚えておいて勉強法に活かして下さい。

 

いかがでしょうか。勝負に勝つ為の高校受験の勉強法をお伝えしました。高校受験は一般的な高校であれば学校の授業を真面目に受けているだけで合格する事が出来ます。

またレベルの高い高校と言えど授業でやらない内容の問題はほとんど出ません。ですから一番良い勉強法が学校の授業を真面目に受ける事。ぜひ今日お伝えした高校受験の勉強法を実践して、学習の効率をアップさせましょう。

 


まとめ


高校受験に勝つ勉強法のコツを教えます

・暗記が効率良く出来る環境を整えよう。
・好きな音楽を聴くなどリラックスして勉強しよう。
・場所は関係ないリビングで勉強しよう。
・図書館へ出かけてみよう。
・友人と一緒にやってみよう。
・学習塾に通ってみよう。
・30分経ったら休憩して次の教科へいこう。