これは納得!早起きは三文の徳と言われる7つの理由

これは納得!早起きは三文の徳と言われる7つの理由

「早起きは三文の徳」とはよく言ったもので、多くのメリットを享受できるのが早起きなのですね。古来よりのことわざとして、学校では先生に、家では両親に「早寝早起き」を指導されたと思います。

ですが、「早寝早起きが何の得になるのかわからない」「早く起きる意味が全くわからない」と言った意見が散見されるのも事実。大人になった今も、ギリギリまで寝ている方は多いのではないでしょうか。

そこで、今回は「早起きが三文の徳」と言われる理由にいて説明したいと思います。当記事を読めばきっと、早起きがしたくなることは間違いありません。では、順に見ていきましょう。



 


これは納得!
早起きは三文の徳と言われる7つの理由

 


自立神経を整えて健康になろう


人間の体は日中活動して、夜眠るように出来ています。電気が発明されたのは産業革命以後のこと。電気と共にある生活は人類の歴史においてまだまだ最近の出来事なのですよ。

つまり、人の体は夜活動するようにはできていないのです。まだまだ、人の身体は適応できていないのですね。それにもかかわらず、夜の活動を行うと当然体調を崩します。特に、自律神経が壊れます。

ゆえに早寝早起きが推奨されるのですね。早く起きることで日中を活動の中心に置くことができるようになります。「早起きは三文の徳」理由第一は健康面にプラスをもたらすことなのですね。

 


光を浴びて体内時計をリセットしよう


「早起きが三文の徳」と呼ばれる二つ目の理由は朝に太陽の光を浴びられることです。人間の体内時計は毎日正確に動いているわけではありません。人間は機械ではありませんからね。若干の誤差があるわけです。

そこで、大切なのが調節です。それを朝に光を浴びることで行っているのですね。体内時計が狂えば、健康な生活は難しいですからね。常に日本にいながら時差ボケにならぬよう、早起きが求められるわけですよ。

 


早朝の水分補給で便秘を解消しよう


生活のリズムを保つことが健康面に好影響をもたらすことは先述したとおり。その中でも体の中身、特に内臓にも良い影響をもたらすのが早起きなのですね。朝に内臓を動かすことで一日のリズムを作るのです。

大切なのは早朝のコップ一杯の水です。これにより消化器官の動きを整え、リズムを作ることで体の健康を作ることができるようになります。特に便秘解消に効果が見込めますよ。

体内デトックスの効果も見込める早起き、「早起きは三文の徳」と言われる理由も納得ですね。

 


基礎代謝を上げて痩せる体質になろう


ダイエットにも役立つのが早起きの効果。「早起きは三文の徳」と言われるのも当然ですね。その理由はズバリ基礎代謝の上昇です。人は本来、日中に活動する生き物であることは先ほど触れた通りです。

つまり、活動のピークが日中に来るようにプログラムされているのが人間なのですよ。そこで、早く起きることでこのリズムを整えピーク値の上昇を促します。

結果、基礎代謝が上がり、痩せやすい体質になると言うことですね。

 


時間に余裕を持つことで心にゆとりを持とう


現代人が忙しいのは周知の事実。皆が日々の生活に追われているのが現代社会です。このように時間にゆとりが無いのが現代の特徴なのですが、それが心にまで波及しているのが問題なのですね。

時間に余裕が無いと心のゆとりを失います。心のゆとりを失うと様々なストレスを大きく抱える要因になります。結果、精神的に問題を抱えてしまう現代人は多いのですよ。

ここは「早起きは三文の徳」の故事に習い、早起きにより時間に余裕のある生活を心掛けましょう。時間に余裕ができれば、自然と心にもゆとりができますよ。

 


早起きで記憶力を上げよう


人間の脳が最も活性化するのは朝です。ゆえに、朝の学習は重視されるわけですが、実践できている人は少ないですね。「早起きは三文の徳」のことわざ発祥の地中国では朝に暗記系の学習が行われています。

中国は人口10億人を超える超競争社会ですから、勉強の競争もし烈です。ゆえに、効果的な学習方法も多くの人が模索し、実践されているわけです。特にエリートの子弟が通う学校で朝の学習が行われています。

ここは中国の故事に習い、脳が最も活性化する時間に暗記系の学習を行っている中国のエリートに我々も習いましょう。私達も早起きで記憶力を上げて、学習に取り組むのがベストですね。

 


朝活で給与アップに繋げよう


具体的に、「早起きは三文の徳」の三文とは現代ではいくらだと思いますか?現代の価値に換算してざっくり言うと3,600円です。少ないと思いましたか?しかし、一年ならば、1,314,000円ですよ。

人生80年時代の現代ならば、105,120,000円と、実に1億円以上の金額になります。最近は朝活を推奨される風景が至る職場で見られます。

ここは故事に習い、我々も朝活に勤しみ金銭的なメリットを享受するべきでしょう。前項で述べた、脳が活性化する時間に創造的な仕事を行うことで給与アップに繋げましょう。

 

いかがでしたか。「早起きは三文の徳」と言われる理由についてはご理解頂けましたでしょうか。実に多くのメリットを享受できるのですね。健康、勉強、仕事、すべてにおいてメリットしかありません。

確かに、朝早くに起きるのは辛いかもしれません。しかし、このように多くのメリットを享受できると分かった今、モチベーションは格段に変わってくるのではないでしょうか。

一点アドバイスするならば、人の睡眠のリズムは1時間半です。この倍数で睡眠時間を計算すると、起きるのが楽になりますよ。つまり、6時間とか7時間半がベストな睡眠時間と言う訳ですね。

 


まとめ


これは納得!早起きは三文の徳と言われる7つの理由

・自立神経を整えて健康になろう
・光を浴びて体内時計をリセットしよう
・早朝の水分補給で便秘を解消しよう
・基礎代謝を上げて痩せる体質になろう
・時間に余裕を持つことで心にゆとりを持とう
・早起きで記憶力を上げよう
・朝活で給与アップに繋げよう