女性の心理を知って無駄な喧嘩をさける7つの付き合い方

女性の心理を知って無駄な喧嘩をさける7つの付き合い方

口で言い合いになる喧嘩は、二人の胸中に溜まったストレスの発散になります。一方では二人を密接にする効果を発揮します。そのために口喧嘩は有益です。けれどもそこには厳然としたルールがあります。

そして、その範疇ならば互いに許容できます。女性の考えは、男性には理解できないことがあります。男性は理論派で女性は感情的な発言をします。男性は言ってみれば上から目線で物事を考えます。

女性は家事や育児に自分を犠牲にして尽くします。そこでは身近なことが話題になります。ここでは女性の心理を知って無駄な喧嘩をさける付き合い方を示しますので、あなたと共に見ていきたいと思います。



 


女性の心理を知って
無駄な喧嘩をさける7つの付き合い方

 


育児や食事に不平を言わないようにしよう


近年の生活スタイルは、男性が家事や育児に関わります。またその反面男性は、食事や子どものことで愚痴や不平不満を洩らします。そうなると女性は聖域を汚された気になり、心に傷を負ってしまいます。

食事は、家の収入に合致したものがテーブルに並びます。その味は嗜好の問題で女性には堪えます。子どもが無事に育ったのは、赤子から学校に通う間、四六時中惜しみなく愛情を注いできた結果です。

学校の成績は子どもの勉強嫌いさることながら、夫のDNAにも半分は責任があります。まして日頃から家事や育児に関わらないできたのなら、今からでも家族の幸せのために男性は実践していくことです。

 


最後まで黙って話を聞くようにしよう


すぐに感情的な発言になる女性に接するときは、男性は女性の話を最後まで黙って聞いてあげることが必要です。これは言ってみれば、相手の女性を温かく包み込んでいますよという意志表示に通じています。

すると女性は話を聞いてもらうだけで、大部分のわだかまりを解消できます。そうできれば、お互いの心の内に意志の疎通が出来上がってきます。そして、男性の優しい言葉遣いを加えて話し合いをしていきます。

男性は女性の様子を窺いながら、冷静になって話し合いに向き合えます。そうすることでお互いの気持ちを打ち明けた喜びを実感しながら、協力してより確かな結論を導き出すことができます。

 


揚げ足をとらないようにしよう


一般的に女性は、理論的な話しをするのは苦手です。そして、言葉尻や言い間違いを捉えて、からかわれるのを毛嫌いします。さらに追い打ちをかけて「顔も見たくない」などと言われると、黙ってはいません。

即座に逆襲して男性を見下した物言いに転じます。そうなると男性の立場はガタ落ちになり、愛するよきパートナーとの関係も揺らぎます。そこで、突然投げかけられた議論には直ぐに応じてはいけません。

深呼吸する余裕を見せてから言葉を選びながら向き合うことが大切で、そのことが女性を労わろうとする気遣いを表していて、女性から見ると頼もしい存在として認識される有効な手法となります。

 


意見の相違などを尊重するようにしよう


生まれも育ちも違う二人が一緒に生活するためには、愛を仲立ちとしてお互いを信頼することが前提になります。やがてお互いをより深く求める欲求が芽生えてきて、新しい命の誕生へと昇華していきます。

やがてお互いの自我が芽生えてきて、お互いの主張は素直に受け入れ難くなります。お互いの意見や考え方は尊重されるべきものです。そこで二人の意見や考え方の相違が生じてきて喧嘩になります。

お互いを信頼するためには、二人の違う意見や異なる考え方に基づいて、お互いが持っている異なる趣味なども尊重していくことになります。そうすることが、二人の関係を良好に保つノウハウになります。

 


要望を叶えられるようにしよう


二人の心の結びつきは、どのようなコミュニケーションがとられているかによって異なります。コミュニケーションが上手く機能していると、互いの意図が分かりどのように接すれば喜ばれるのかすぐに理解できます。

しかし、コミュニケーションがとられていないと、相手の欲する要望は分かりません。女性と喧嘩になったときは、話を聞き入れるテーブルにしっかりと座ります。そして、相手の話を聞き入れることが大前提になります。

それがコミュニケーションを構築するスタートになります。そこでお互いの胸の内をすべて吐き出します。そうすることで女性の胸の内にあった懸念材料をなくして、女性の訴えを叶えるように向き合っていけます。

 


話し合いは真摯に臨んでいくようにしよう


喧嘩は、日頃の懸念材料を発散させて良好な関係に戻すために必要です。ところが時として男性は、立場を利用して当然のような振る舞をします。女性の訴えの話を聞き流して関係のない話を持ち出します。

それを根拠にして女性を戒めたりします。女性が打ちひしがれる様子からことの重大さを理解します。それは言ってみれば、調子に乗って男性の性質の改善すべき面が出てしまい、女性の心を傷つけたのです。

そこで二人の難しくなった関係の修復を図っていきます。女性からの痛烈な反撃を当然覚悟して、必死になって女性の心が癒えるまで、時間をかけて真摯な態度で接していくことが必要になります。

 


程々のところで収めるようにしよう


喧嘩の材料は取るに足りないものです。しかし、女性の豊かなきめの細やかな感情のアンテナを通して見ると、それらは女性には受け入れ難いものです。それを喧嘩の時に声高に示します。

男性は理論的なメガネを通してみても判断しかねます。そこで二人の主張は真っ向から対立します。結局、理屈に勝る男性はグウの目も出ないように女性を論破します。ところが男性は程と言うことを知りません。

女性はムッとして押し黙りすべての作業を停止します。男性はその瞬間にやり過ぎた行為に気づきます。そして、傷つけたことを詫びて二度と傷つけないという誓いを宣言します。

 

いかがでしたか。女性との無駄な喧嘩をさける方法は見つかりましたか。女性はとかく自分に関わっている人やものなど、全ての対象を自分の気の済むように収めようと考えます。そこには理屈はありません。

女性としての母性的な考えが主導権を握っています。男性は母親には勝てません。そのために女性の言うことを黙って聞けば、大抵のことはうまく収まります。けれども男性の特質としては素直になれません。

結局、女性との幾多の喧嘩を通して学ぶことが、話の分かる男性を育てます。さて、女性の心理を知って無駄な喧嘩をさける話しは参考になりましたか。あなたの人生が幸多きものになりますよう祈っています。

 


まとめ


女性の心理を知って無駄な喧嘩をさける7つの付き合い方

・育児や食事に不平を言わないようにしよう
・最後まで黙って話を聞くようにしよう
・揚げ足をとらないようにしよう
・意見の相違などを尊重するようにしよう
・要望を叶えられるようにしよう
・話し合いは真摯に臨んでいくようにしよう
・程々のところで収めるようにしよう