希望の職に就くために、転職を有利にする6つのコツ!

希望の職に就くために、転職を有利にする6つのコツ!
今の仕事に満足しておらず、転職を希望する人も増えています。しかし大学の新卒でも就職難と言われている現代、転職で希望の職種に就くのは至難の業です。よほどの覚悟と目標意識を持っていなければ、希望の職種への転職は叶いません。

逆に言えば、準備をしっかりとして目標意識を高く持って転職活動を行えば、希望の仕事に就ける可能性があるのです。狭き門であっても門は門です。あなたのやる気次第で門をくぐることができるのです。

一生の大半を過ごす職場で、希望の職に就くことは人生を豊かに楽しくします。多くの生きがいを見出し、仕事への意欲も高まるでしょう。

そこで今回、希望の職種に転職するために、知っておいた方がよい6つのポイントについて説明します。以下をよく読み、希望の職に就くために、前向きに行動してください!



 

希望の職に就くために、
転職を有利にする6つのコツ!

 

転職に有利な資格を取得する


転職するにあたって、必ずあなたの背中を押してくれるのは、「資格」です。あなたは希望の転職先に見合ったスキルを持っていますか?持っているならば、それに沿った資格を持っているでしょうか。

あなたがどのようなスキルをどの程度持っているのか、転職先の人間に確実に伝えるためにも、役に立つ資格を取っておいてください。資格をとるために勉強にも試験にもお金や時間がかかりますが、希望の職種に就くための最低限の投資だと割り切るのです。資格一つで希望の職に就く可能性が増えると思えば、それをモチベーションに頑張れるはずです。

 

今の会社にいるうちに、専門性を高める


転職を希望するあなたは、今の会社に何らかの不満を抱いていますよね。希望の仕事ができないとか、人間関係が劣悪であるとか、理由は様々です。

しかし希望の職に就く前に、今いる職場でできる限りの専門性を高める努力をしてください。目の前の仕事に真剣に向かえない人は、どこの会社に行ってどんな仕事をしても、些細なことでつまずいて転びます。

逆に、どんな仕事であろうとも、目の前の仕事に敬意をもって取り組める人は、どんな職場でもやっていけます。今いる職場に専門性がなくとも、「真摯に仕事をこなせる人材かどうか」を今の職場で発揮してアピールすることはできるはず。

今日の一歩も輝く未来へとつながっているのだと理解し、「やりたくない仕事だから」と手抜きしないで真摯に取り組むべきです。

 

転職活動を始める前に貯蓄をする


転職を希望して、就職活動を始めようかと考えているあなた。今の会社に在籍しながらの就職活動は、スケジュール的に苦しいはずです。100%転職を希望するのであれば、今の会社を退社してから余裕をもって就職活動を行うこともできます。

その場合は、新たな会社に再就職できるまでの、当面の生活費をためておく必要があります。しっかりとした貯蓄があれば、就職活動に全精力を注ぎ、成功する可能性も上がるからです。

 

希望の就職先での将来設計を具体的に描き、伝える


希望の就職先が見つかり、採用試験や面接の段階になったら、「この会社でどんな仕事をしたいのか」「数年間のプランはどのように描いているのか」を問われます。

つまり、転職した先に、その会社でどのような仕事にどのように取り組んでいくのかを、明確に伝える必要があるのです。「なんとなく、自分のやりたい仕事っぽかったし、採用されてから徐々に仕事を覚えていきます。」というノープランの他力本願な姿勢の人間を、企業は絶対に雇いません。

その会社に転職した先の将来設計を、明確に伝えられるように考えておいてください。将来設計が詳細であればあるほど、あなたの真剣さが伝わりやすくなります。

 

会社を介して転職をする


まれに、今務めている会社の上司に頼んで、転職先を斡旋してもらうケースがあります。この場合は円満退社の上の転職である上に、仕事が途切れて無月給の月がないため、本人にとってはベストの形と言えますよね。上司に転職理由をよく理解してもらい、今の会社と付き合いのある転職先を探して紹介してもらいます。

今までの職場での勤務態度や専門性などが、上司伝いに転職先に伝わるわけです。上司も当然、不確定要素の多い人間を他者に推薦はできないため、あなたという人間の信頼性が高いほどに、このような転職が可能となるのです。

 

履歴書でも面接でも積極的に自己アピールをする


日本には「控えめ」や「節度」が美徳とされる独特の文化があります。そのため、転職先の履歴書にも節度を持った控えめな書き方をする人が多いのですが、これは間違いです。転職をするからには、「転職する理由」が明確に書かれていなくてはなりません。

「こういった専門スキルを、今の会社では活かしきれないから御社を希望します!」と自分の専門性を存分にアピールしてください。自己アピールが強すぎると感じられても、その方が意気込みも感じられて、結果プラスと取られるからです。

 

さて、希望の職に就くために、転職を考えているあなたへ。転職を有利にするために注意すべき6つのポイントについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

初めての就職先では、わけもわからず就職活動を行い、「自分の想像と違った!」という気持ちになる人も多いのです。かといって、今の会社での安定した生活を捨てて、リスクのある賭けに出る人は、多くはありません。

転職という一種の賭けに出るのであれば、準備をしっかりとして、「必ず成功させる!」という意気込みをもって転職活動にのぞんでください。そうすれば、通過困難な狭き門であろうとも、やる気と熱意で見事に通り抜けることができますよ!

転職の成功確率を上げるために一番大切なのは、「あなたが自分を信じられるか」というポイントです。ご自分の力を信じて、必ず希望の職種についてくださいね。

 

まとめ

希望の職に就くために、転職を有利にする6つのコツとは?

・転職に有利な資格を取得する
・今の会社にいるうちに、専門性を高めスキルアップをはかる
・転職活動を始める前に、転職中に生活に困らない程度の貯蓄をする
・希望の就職先での将来設計を具体的に描き、伝える
・会社の上司を介して転職先を紹介してもらう
・履歴書でも面接でも積極的に自己アピールをする