転職失敗事例に学ぶ!次の会社選び7つのコツ

転職失敗事例に学ぶ!次の会社選び7つのコツ
転職は、倒産などで収入が絶たれてする人、またやはり自分のやりたいことをやりたいと一世一代の決心をしてする人もいるでしょう。転職は、その人によっては人生を大きく変える出来事でもあります。

どちらにしても今の世の中、転職はなかなか難しいものです。そんな状態でやっと見つけた転職先が失敗な会社だとわかってしまったら・・・こんなはずじゃなかったと頭を抱えてしまいますね。

しかし、気をたしかに持って聞いてください。転職の失敗はあなただけではなく転職で泣く人は意外と多いのです。ここでは転職でありがちな失敗や転職での意外な落とし穴をお伝えします。転職に失敗してしまったあなたも、今まさに転職活動をしているあなたもぜひ参考にしてください。



 

転職失敗事例に学ぶ!
次の会社選び7つのコツ

 

雇用条件の事前確認は必ずする


転職する時に、残業がない会社を希望する人も多いでしょう。しかし、実際求人には、残業はなしと掲げている会社もありますが残業はない会社だけど仕事を持ち帰ってやらなければならないほど仕事量が多かったなどの事例があります。

会社での残業はないことになっていても、残業持ち帰りが暗黙のルールになっている会社もあるのでよく確認しましょう。雇用条件の確認は転職の失敗を防ぎます。

 

コネ入社は職種選びに気をつける


人のコネを利用して入社する場合には、すぐにその会社の即戦力になれれば特に問題はないのですが、転職した先がまったくの畑違いで仕事もまったくの初心者な場合は、社員たちから風当たりが強いこともあります。

コネ入社は楽ですが、転職の失敗も多いところです。自分にとって自信のある職種以外のところならそれなりの覚悟を決めて入社したほうがよさそうです。

 

社員以外にも公平に接する


転職した後、上司と部下の関係はすぐに明らかにわかりますが、注意すべきは陰のボスの存在です。これは意外な場所にいることがあるので気を抜くと転職の失敗につながります。

たとえば、下手な社員よりも勤続年数が長いパートのおばさんなどがそれだったりします。また社内の清掃をしている人なども、長いこと社内に出入りしていることから社内のいろんな人と精通してたりするのです。

それらを避けるためには、まずは相手がどんな立場の人でも公平な態度で接することを忘れずにいましょう。

 

雇用条件が急に変更しないか確認する


面接した時の話が、入社してすぐにもかかわらず雇用条件などが変わってしまうことがあります。採用時に決まっていたとは思いたくありませんが、入社してすぐだとそう疑ってしまいます。

しかし、このような場合は実際にあります。そのようなことがないように、事前に急に雇用条件が変わることがないか確認しておきましょう。

 

社員の年齢が気になるなら事前に確認する


これは労働条件に必ず記されていることではありませんが、このような転職の失敗も多いのです。同年代がいなく、あまりにも年齢が離れた社員層だと仕事だけではなく他にもやりづらい感じが否めません。

このようなことは、仕事自体には関係してるとはいえないので厄介な問題かもしれません。あとはもう割り切って年代を超えた付き合いをするか、また転職をするしかないでしょう。

 

仕事を与えられないときは社内情報を収集する


転職したはいいが、配属先がなかなか決まらなかったり研修が終わっても仕事を与えてもらえない会社があります。この時代に、社員があまるほど雇用できる会社があるのかわかりませんが、仕事がなくて暇な時間ほど長く感じることはないので苦痛です。

また、その会社はもう仕事がないほどこの会社は傾いているのかもしれません。しかしこの場合は、転職を失敗したと早々にやめてしまうよりも、社内で情報を集めたりしてその会社をよく見極めてください。

 

雇用条件は当たり前のことでも確認する


雇用条件は、記載していることもされていないことも面接のときにしっかり確認しましょう。たとえ当たり前のことでも確認してください。それは、書いてる側と読む側で受け取り方のニュアンスが違うことがあるからです。

しっかり納得できるまで聞いておくと後々に問題が乗じるケースが減ります。後でだまされたといったところで企業に個人が勝てないことが多いのです。そのために雇用条件はよく確認してください。

 

転職をしようと思ったとき、メリットとデメリットだけを見てしまいがちです。しかし、それは人それぞれで違うこと、その人の求めるものややりたいことでも違ってきます。何の不満もない転職ができた人は転職を成功というでしょう。

実際の転職は人の話で決めてはいけません。誰かに相談をするのならアドバイス程度に受け止めてください。その人がいくら満足できたとしてもあなたは不満に感じるかもしれません。結局は自分に合うか合わないかのことです。

これだけは絶対譲れないところもあるでしょう。そこだけを重視して探しましょう。他の妥協できるところは妥協して気持ちに折り合いをつけることも必要です。そして転職の失敗を避けたいなら事前に良く調べ、よく確認することが大切です。

 

まとめ

転職失敗事例に学ぶ!次の会社選び7つのコツ

・雇用条件の事前確認は必ずする
・コネ入社は職種選びに気をつける
・社員以外にも公平に接する
・雇用条件が急に変更しないか確認する
・社員の年齢が気になるなら事前に確認する
・仕事を与えられないときは社内情報を収集する
・雇用条件は当たり前のことでも確認する