嫌い嫌いも好きのうち。異性を振り向かせる方法とは

嫌い嫌いも好きのうち。異性を振り向かせる方法とは

恋愛のプロセスでは、多様な心の変化が起こります。異性の一言で、宇宙は微笑みかけます。好きや嫌いな感情は、容易には言い表せられません。しかし、初恋はある日突然目の前に訪れてきます。

体の目覚めの青春を迎えると、誰彼なく異性を求める行動を示します。異性を求める欲求は健全なものです。好き嫌いだと思うのは、誰にでもある感情です。異性を求め合い、そして、結ばれていきます。

そこには、努力や工夫を凝らして成果を上げることを、当然のように求められるでしょう。これ以降、「嫌い嫌いも好きのうち。異性を振り向かせる方法とは」を、あなたとご一緒に見て参ります。



 


嫌い嫌いも好きのうち。
異性を振り向かせる方法とは

 


わたしを知ってもらい、話すチャンスに賭けていきます


好きだと思う人がいます。そして、早くよい関係を作りたいと思います。しかし、焦りは禁物です。この段階では、あなたはまだ異性と面識はないのです。そのためにまず、顔見知りの関係になることが先決になります。

多少とも話せる場をセッティングするために時間を費やします。デートするチャンスを窺います。待っている時間に自分磨きをします。世間話のニュースの情報集めや、お顔や髪形やお肌のお手入れがあります。

また、似合う洋服の知識も仕入れたりします。それらのことを、この次に会ったときに順次に披露できるように準備します。そうすることで、用意周到なあなたの計画は意外性をお相手の人に強くアピールできます。

 


遠方メールで、わたしへの思いを伝えてきました


海外からのメールでした。差出人は最近少し気に留めていた人からのものです。その人は、どちらかと言うと嫌いなタイプの人でした。何だろうと興味を引かれました。スペインのバルセロナからです。

家族旅行の模様が伝わってきました。そして、毎日メールが送られてきました。わたしはどう返信してよいか迷いました。「メールありがとうございます。楽しんでください」と言う、定型文だけを返信していました。

しかし、心の奥底では嬉しさが溢れていました。その思いはいつの間にか、お相手の人やその家族と一緒に、その場を共有していて、楽しく過ごしているその人の気質などが分かるようになっていました。

 


わたしの名前を連呼して、大事に扱ってくれます


好きとも嫌いとも思っていない人でした。けれども、出会うたびにわたしの名前を言っていました。それを聞くたびに、妙に嬉しくなって親しみを感じたものでした。やがて、朝の挨拶を交わすようになりました。

世間話をする機会も巡ってきました。ある日、世間話が盛り上がりました。そして、近くの名所旧跡の珍しい場にいく約束を交わしていました。お相手の人には、その日は他の予定が入っていたようでした。

「前からの予定はあるけど、あなたとのデートを優先してキャンセルします」と、わたしの目を見て力強く言ったのです。わたしはドキットとしました。それからは二人のお付き合いは、ぐっと親密さを増してきました。

 


わたしをよく見てもらい、心に焼きつけてもらいます


嫌いではないと思っている人に、自分をしっかりと見てもらうチャンスは、そうそう訪れるものではありません。勇気を振り絞ってその一瞬に、望みを託していきます。それは、自分をしっかりと撮ってもらうことです。

自分では上手に撮れないので是非摂って下さいと哀願します。それには、あなたは前もって鏡の前で笑顔を試しておきます。そして、本番ではしっかりとお相手の人から見つめられることがキーワードになります。

あなたを印象づけるために、可能な限りの顔のスナップ写真を撮ってもらいます。笑顔や泣き顔や、すまし顔やエッチ顔などをお相手に記憶させていくことが、隠された異性を振り向かせるテクニックになります。

 


「嬉しいわ」の一言で、わたしを意識してもらいます


好きだとも嫌いだとも思っていない異性とは、一線を画しておきたいものです。けれども何かの機会に、ちょっとした手助けなどをしてもらった折に、「ありがとうございます。嬉しいわ、助かりました」と、言っていました。

その人はそれから後も、何かと気に掛けてくれるようになりました。わたしは甘んじてその行為を受けています。悪い気はしないものです。むしろその無償の行為を嬉しく思うようになってきました。

そこで、笑顔のお返しを思いつきました。会うたびに自分にとって最高の勝負笑顔のお返しをしています。今では、その人の心根がとてもわたしの気持ちを明るくしてくれます。

 


似た要素を集めて、わたしを身近に感じてもらいます


好きな人とは、共通の話題を持ちたいものです。わたしは常に好きな人を意識するようにしています。そのために、たとえ少し嫌いなものでも、好きな人が薦めるものは無条件で受け入れています。

近頃では好きな人と共有できるものが、随分とあることが分かりました。似ている感覚はまるで一卵性の双子のようです。好きな人も二人には共通の項目が多くあって、「似ている要素があるね」と、言っています。

そして、以心伝心のようにわたしの思いが分かるようだと言ったのです。その結果、好きな人との距離はぐっと近くに感じられます。そして、好きな人と親密になりたい気持ちはこのところ高まっています。

 


我がままを言って、わたしを受け入れてもらいます


恋愛感情はときには不可解な面を見せます。嫌いと心では思っていても、体はその意志とは裏腹な行動を示します。そこではどんな立派な公式でも、問題を解くのは難しく説明のしようもありません。

お付き合いも気心が知れてくると、多様な面が姿を見せます。お姫さま気質に似ている人は、自分で出来ることでも男性に甘えて、我がままを言います。それを男性が聞いてやることも知っています。

お姫さまは内心ではしてやったりと、勝ち誇った心境になっています。ここでは女性が恋愛のイニシァチブを握っています。男性は知らず知らずのうちに、お姫さまの女性に魅了されてしまいます。

 

いかがでしたか。異性のことはどこまで理解できていますか。それには、あなたが女性か男性かによって、その生理的な内容は違ってきます。ここで取り上げていた例は、恋愛の図式では平易なものでした。

そして、あなたにピッタリのものを厳選しました。現実の世界では、表現し尽くせないものが数多くあります。しかし、難解で高度な知識は恋愛には不向きなものです。要は相手の人があなたに振り向くことです。

あなたを欲して、如何に獲得するかがここでの方法のポイントです。さて、「嫌い嫌いも好きのうち。異性を振り向かせる方法とは」を、ご一緒に見て参りました。この項があなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


嫌い嫌いも好きのうち。異性を振り向かせる方法とは

・わたしを知ってもらい、話すチャンスに賭けていきます
・遠方メールで、わたしへの思いを伝えてきました
・わたしの名前を連呼して、大事に扱ってくれます
・わたしをよく見てもらい、心に焼きつけてもらいます
・「嬉しいわ」の一言で、わたしを意識してもらいます
・似た要素を集めて、わたしを身近に感じてもらいます
・我がままを言って、わたしを受け入れてもらいます