マインドマップを使って人生設計をする方法!

マインドマップを使って人生設計をする方法!
「マインドマップ」は引き寄せノートやビジョンブックと同様、自己啓発を目指す人の間で大変な注目を浴びています。自分が実現したいことや夢などを実際に書き(描き)出して可視化することによって目標実現をより身近な存在にするという考え方です。

そうした意味ではマインドマップも引き寄せノートも、そしてビジョンブックも非常によく似ているものの、マインドマップの書き方は少々独特だと言えるかもしれません。その独特な作成の仕方から「何となく難しそう」、「自分にできるのかわからない」と感じる人も大勢います。

でも、心配は無用です。正しいコツさえつかんでいれば誰でも気軽にマインドマップを作成することができます。もちろん、人生設計のためにも活用できますので、ぜひ試してください!



 

マインドマップを使って
人生設計をする方法!

 

紙の真ん中から始める


マインドマップを作成するとき、「絶対に守らなければならない鉄則」というものがあります。この鉄則を守らないとどんなマインドマップでも失敗してしまう、というものです。

とはいえ、あまり難しく考える必要はありません。紙の真ん中部分からマインドマップを書き始めれば良いだけです。でも、すみっこから書いていくとあとでスペースが足りなくなって確かに不便そうですよね。

 

最初はあいまいで構わない


マインドマップを作るとき、全てのアイディアを明確にして一気に書かなければならないのかと考える人は多いようです。確かにそれでは大変ですし、だからこそ敬遠してしまう人も多いのでしょう。

しかし実際には、マインドマップ作成時に書くことを全部はっきりとビジュアル化しなければならないということはありません。最初のうちはところどころあいまいな部分があっても構わず、後から足していけば大丈夫。好きなように書き足しができるからこそのマインドマップなのです。

「この部分はまだはっきりしていないな」と思っても無理をせず、自分のペースで進めていきましょう。

 

徐々にイメージを伸ばしていく


マインドマップを利用して人生設計を行うときに活用したいのはイメージの力です。想像力を膨らませ、自分が将来どんなことをしたいか、どんな自分になっていたいのかについて考えていきます

ですが、途中でイメージに詰まってしまうこともあるでしょう。「これ以上は何も思い浮かばない」と思うことは誰にでもあります。

ただ、こういう行き止まりはマインドマップにおける失敗ではないのでご安心ください。時間をおいてみればいつかは最適なイメージが浮かび上がるようになります。焦らず、瞑想やイメージングを活用したり外に情報を求めたりしましょう。

 

枝を伸ばしていく


マインドマップが人気を集めているのは、基本的に自分の好きなように書き足すことができるから。ノートなどに箇条書きにする場合はスペースが足りなくなったり配置に悩んだりすることがありますが、マインドマップではその心配がないのです。

そのため、思いついたことをどんどんプラスしていくことができます。できるだけ詳しく書いてマインドマップの「ブランチ(枝)」を伸ばしていくと実現希望のイメージもはっきりしてくるのでおすすめです。

 

カラフルなマインドマップを作る


マインドマップの楽しさは、まるで童心に戻ったような感覚で楽しく作れることと言っても過言ではありません。色とりどりのペンや鉛筆を使ってカラフルに枝を伸ばしていくことができます。落書きも大歓迎です。

自分が見ていて楽しいマインドマップを作ることが第一目標ですので、好きなだけカラフルにして構いません。楽しみながらマインドマップを作成していきましょう。

 

アプリを使ってみる


マインドマップは画用紙など紙を使って作るのが一般的ですが、最近ではマインドマップを作成できるフリーソフトやアプリも登場しています。紙のように制限のないフリーソフトやアプリの場合どこまでも書き足していくことが可能なので、人生設計をできるだけ詳しく書きたいという人にはおすすめです。

作成したマインドマップはパソコンやスマートフォンのスクリーンから閲覧できるだけでなく、印刷しておくことも可能。これならいつでもどこでもマインドマップを見られますし、誤字脱字の心配もないので安心ですよね。すっきりと整ったマインドマップを作れます。

 

マインドマップを利用して人生設計を行う方法、いかがだったでしょうか。

「人生設計」という大目標を目前にしてイメージングに困ってしまうこともあるかもしれませんが、マインドマップならあまり悩む必要がありません。イメージが湧いてきてから改めて書き足していくことができるからです。

また、好きなようにカラフルに作成できるのもマインドマップの楽しさの一つ。とにかく「楽しく書くこと」が一大ポイントですので、あまり堅苦しく考えず、実現したい目標について考えながらリラックスして書き足していきましょう。

ノートや画用紙など紙を使って書いていく方法と同様、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などのフリーソフトやアプリを活用するのもおすすめ。すっきりと見やすいマインドマップを作ることができます。

 

まとめ

マインドマップを使って人生設計を行うための「コツ」とは?

・大原則:真ん中から書いていくこと!
・最初は漠然としていても大丈夫
・ゆっくりとイメージングの枝を伸ばしていく
・どんどん書き足してイメージを強化しよう!
・色ペンなど使ってカラフルに作るのがポイント
・フリーソフトやアプリもおすすめ