モチベーション理論の意味と他人に影響を与える6つの要因

モチベーション理論の意味と他人に影響を与える6つの要因
「モチベーション理論」ということばの意味をご存知でしょうか。仕事において、家庭において、学校において、どんな社会に属していようとも、人は常に他人に影響を受けます。しかし他者の視線は時に自身の集中力を欠き、自分の目標を忘れるほどに心を揺さぶります。また、特に大人の社会では、悪意をもってあなたを陥れようとする卑怯な人物も存在します。

そういった外部からの影響を受けずに、自分自身の目標をしっかりと持ち続け、自分を前向きに動かし続ける「動機」を研究した理論のことを「モチベーション理論」と言います。

モチベーション理論の意味は難解に思えるかもしれませんが、モチベーション理論に則って生きることで、人生は楽しく快活に輝きを増します。また、モチベーション理論に沿った生き方の人は、周囲の人間にも多大な良い影響を与えます。そこで今回、モチベーション理論の意味を簡単に紹介するとともに、他人にどのように影響を与えていくかをわかりやすく解説します。



 

モチベーション理論の意味と
他人に影響を与える6つの要因

 

自分を動かす「動機」を明確にする


「どうすれば自分のモチベーションは高まるのか?」を考えてください。「どうすればやる気が出るか?」ということです。

やる気が起こる原動力は、人によって様々です。わかりやすいところでいえば「お金」や「周囲からの評価が高くなること」や「良い実績を残すこと」などが挙げられます。「何のために頑張ると、一番やる気が起きるか?」ということです。

モチベーションを維持するためにも自分を動かす「動機」や「原動力」なるものを明確にしておけば、「やる気」が失せたときに「やる気」を取り戻すことができます。モチベーションを維持できずに目標を見失うことの多い人物は、周囲からの信頼や人望に欠けます。

 

常に目標を掲げる


目的を見失うことのないよう、常に自分の目標を意識してモチベーションを保つことに意味があります。目標から目をそらさない人物は、何事においてもぶれない強い意志を感じさせるため、周囲からの信頼が高まるのです。「この人についていけば道を誤らない。」という安心感を他人に与えるのです。

目標を見失わないよう、紙に書いて壁などに貼っておくといいですね。

 

他人の目を気にしない


自身に確固たる目標があるときは、それに向かって前進し続けるため、周りの評価が気にならなくなります。モチベーションを保つ意味は、「目標達成」と「前進し続ける」ことにあります。

しかしモチベーション維持の弊害となる要因の一つに「他人の目」や「周囲の評価」があります。モチベーション理論の意味をよく理解し実践しようと思う場合は、自己の力を信じて他人の目や他人の声に耳を傾けない意思が必要です。

 

他人の意見を客観的に聞く


他人の意見は悪魔のささやきのようにあなたの心をとらえて離さない時があります。しかし思い悩まずに一歩引いて、自分のことも他人のことも客観的に見つめる目を持ってください。「自分」という人物の人生を外側から見る目を持つのです。難しいかもしれませんが、他人を見るように自分を見て、自己を評価するのです。

モチベーションを持つ意味を明確にしておけば、目標達成までの自分の軌跡を、あらかじめ描くことができます。目標までの道筋がはっきりしていたら、他人に何を言われようとも迷走することもなくなります。ぶれないあなたの姿勢を見て、「無駄な意見を言わないでおこう。」と周囲の人間も気を遣うようになるでしょう。

 

「前向き」な人に列は連なる


モチベーション理論の意味を知ることは、「自己を動かす動機を明確にすることで、目標到達をスムーズにする。」ことにつながります。文章にすることは簡単なのですが、モチベーション理論の意味を知って実践することはとても難しいのです。

周囲の意見に左右されすぎず、自分の目標から目をそらさずに前進し続けられる人は少ないでしょう。モチベーション理論の意味を理解することも難解ですが、それを実践することはもっと難しいのです。

しかしだからこそ、それを実践した時の効果も大きく、あなたが思う以上に周囲から見たあなたは「強靭な精神力を持つ目標意識の高い人」として尊敬に値するのです。

 

セルフモチベーションで自分の人生を彩る


自分を動かす「動機」が何かを知ることで、自分自身のモチベーションをコントロールすることができます。これこそが、モチベーション理論の意味を知る最大のメリットだと言えます。

自分にエサを与えて、自分自身を動かすことを「セルフモチベーション」と言います。ずば抜けた才能のある人物よりも、セルフモチベーションで自分の人生を作り上げる「コツコツタイプ」の方が、高い成果を上げることも多々あるのです。

 

さて、モチベーション理論の意味を知り、それを実践することで他人にどのような影響を与えるのかを検証してみましたが、いかがでしたでしょうか。

モチベーション理論の意味を本当に理解し、実践したいと願うのであれば、より詳しくモチベーション理論の意味を掘り下げて知るために本などで勉強するといいですね。

小中学校から高校くらいまでなら「容姿」や「ノリ」や「話術」などが優先されて「人気度」「成功度」が決まりますが、大学からが本番の長い人生の始まりです。大した取り柄がなくとも、地道な努力を根気よく積み重ねることで、「ぽっと出」の才覚を追い越して活躍することも可能なのです。ウサギと亀の寓話の実践であるとも言えますね。

あなたもモチベーション理論を学んで、是非セルフコントロール法を身に着けてください。

 

まとめ

モチベーション理論の意味と他人に影響を与える6つの要因

・自分を動かす「動機」を明確にする
・常に目標を掲げる
・他人の目を気にしない
・他人の意見を客観的に聞く
・「前向き」な人に列は連なる
・セルフモチベーションで自分の人生を彩る