夫のストレスを解消する7つの食事療法

夫のストレスを解消する7つの食事療法
夫のストレスを解消する有効な方法としては、食事療法をその一つに挙げることが出来ます。食事は身体を維持するために欠かせない、生命にとっての大切な営みなので、睡眠と並ぶ毎日のルーティーンとして重きを置いて考えるべきだといえます。

また、食事からは栄養の摂取だけでなく、その味覚による満悦といった、嗜好における快楽も得られるため、精神的なストレスを緩和する効用が大きいといえます。

このため、夫婦関係において、夫のストレスを解消すべく、妻が食事療法を施すといったケースは多分にあるのです。ここでは、夫のストレスを解消する7つの食事療法についてお話していきましょう。



 


夫のストレスを解消する
7つの食事療法

 


1.食事メニューに夫の嗜好に合わせた品目をとり入れる


先ず、夫のメニューを考案する際に、妻がしなくてはならないことは、夫の嗜好を知っておくということでしょう。

夫が好きな品目を理解し、なるべくそういったメニューを毎日の食事に取り入れることが大切です。ストレスを緩和するには、安眠・入浴・娯楽などの方法もありますが、直接身体に栄養を補う食事療法は、ストレス緩和というよりは健康管理といった予防医学の範疇に属するものであるといえるでしょう。

 


2.一度の食事で、なるべく様々な味覚を楽しめるような工夫を施す


一度の食事で、なるべく様々な味覚を楽しむことの出来るような工夫を施すとよいでしょう。

毎度の食事にたくさんの品揃えというのは、金銭的にも時間的にも辛いところではありますが、なるべく趣きを尊重して、和食の醍醐味とでもいうべき多品目を実践するとよいでしょう。それにより、季節の旬の素材などを多く味わうことが出来、食生活が豊かになるはずです。

 


3.分量は適量かつ控えめに


毎回の食事の分量は、適量、かつ控えめが原則です。なぜなら、多くつくり過ぎると、過食による肥満など、その他の成人病を招くこととなり、それによってかえって夫のストレスが増してしまうからです。

肥満の人は過食による満腹感から一見ストレスとは無縁なようですが、イライラしやすいという肥満に特有の症状があり、それが原因となって、ますます過食してしまうといった悪循環に陥る傾向もあります。

これには、カルシウム不足や睡眠不足が影響しているなどともいわれています。

 


4.一品料理の場合には、飽きのこない味付けを


さて、そうはいっても、一品料理で済ます場合もあるでしょう。そうした場合、なるべく、飽きのこない味付けを施すとよいでしょう。

たとえば、カレーであれば、香辛料を充実させたり、海鮮カレーにしてみるなど、一風変わった一皿に仕上げるとよいでしょう。

夫が食卓にやってきたとき、「おっ!」と驚きをみせるような一品にできれば合格です。

 


5.珍味などを添え、食感を楽しむ工夫を


珍味は自家製だとなかなか作るのが難しいですが、スーパーや市場などで購入するにも結構、労力を要するものがあります。

そういった「珍味」を食卓に添えることで、夫は「自分の為にそういった品目を買いに走ってくれている妻がいる」という有難い気持ちを実感することが出来、また、それによりストレスが緩和されることとなります。何らかの困難な事情や辛い事柄があっても、そういったさりげない思いやりによって、幸せな感覚を得ることが出来るものなのです。

 


6.晩酌は程々であれば効果的


晩酌は程々であれば効果的だといえます。あまり、ストレス解消を酒に頼るのも安直であるとはいえますが、やはり、酒にはほろ酔いの即効性があることも否めません。食後に、または食中に、ゆったりとした気分で少しずつ嗜みましょう。

抗安定剤などを服用するぐらいならば、むしろ酒をという医師もいる程、酒には精神的効用があります。否定的な感情を払拭し、気分を高揚させてくれるため、鬱にも効果的だといわれています。

ただ、飲み過ぎると、アルコール中毒や成人病など、別の問題に至る可能性もあるため、適量を厳守しましょう。

 


7.鍋物などの場合には、最後はおじやや煮込みうどんなどでほっこりと


鍋物などを囲んで一家団欒というのも、食事療法としては適しています。温かい食事は、身体を温めるため、血流が改善し、免疫機能も向上するなど、効果が大きいといえるでしょう。

ストレスの程度は、こうした健康状態の回復によって大きく緩和されます。そして、鍋物を汗をかきながら平らげた後は、おじやや煮込みうどんなど、ほっこり感を確実にできるような一品で締めるとよいでしょう。

身体が温まることで、安眠が促進され、それにより、その日のストレスは解消されることでしょう。

 

さて、このように、夫のストレスを解消する7つの食事療法についてお話してきましたが、
実際には、夫のストレス解消に絶対的な食事療法があるわけではありません。何と言っても妻の「真心」の実践そのものが最も療法の決め手になり得る要素であるといえます。

人は別の事柄でストレスを抱えていても、「思いやり」の心を実感できることによって、「幸せ」である自分に気づき、精神的な耐久性を得るものなのです。よって、妻は家庭の「幸せ」をしっかり受け持つという心構えがあれば十分であるともいえます。

 


まとめ


夫のストレスを解消する7つの食事療法

1.食事メニューに夫の嗜好に合わせた品目をとり入れる
2.一度の食事で、なるべく様々な味覚を楽しめるような工夫を施す
3.分量は適量かつ控えめに
4.一品料理の場合には、飽きのこない味付けを
5.珍味などを添え、食感を楽しむ工夫を
6.晩酌は程々であれば効果的
7.鍋物などの場合には、最後はおじやや煮込みうどんなどでほっこりと