職場の人間関係に疲れたら、すぐにできる7つの対処法

職場の人間関係に疲れたら、すぐにできる7つの対処法
社会人になれば毎日職場に通い、務めることになりますよね。この「職場」にはストレスの元がたくさんあるのです。現代日本では特に、「職場での人間関係に疲れた」という人が大勢います。

就職するまで職場にはどんな人がいるのかわかりません。毎日行かなくてはならない職場で、気の合わない人と一緒に行動しなくてはならないのは苦痛でしかありません。しかし我慢してストレスをためすぎると、体を壊してしまうことも。

そこで職場での人間関係に疲れたという方のために、すぐにできる7つの対処法を調べてみました。自分でも出来そうと感じたものを実践してみてください。毎日の胃の重さが、不思議と軽減していく快感を感じることが出来るかもしれませんよ。それでは、職場の人間関係に疲れたらすぐにできる7つの対処法をお伝えします。



 

職場の人間関係に疲れたら、
すぐにできる7つの対処法

 

控えめに目立たないよう心がける


まず、職場という大勢の人間が集う場所で「目立つ」ことは禁物です。日本では昔から「出る杭は打たれる」と言いますよね。出てはいけないのです。

昨今の欧米化で、個性を突出されることこそが美徳だという若い考え方もあるのですが、大抵の日本企業はまだまだ「日本的」なのです。「目立つ」ことにはある程度寛大になっては来ているものの、「目立つ杭が打たれる」ことに対しては「やっぱりね。目立つからだよ。」と考える風潮が残っています。

身の程をわきまえて大人しく生きようとまでは言いませんが、必要以上に目立った行動を避けて、人間関係のトラブルから身を守るべきです。

 

最低限の付き合いに抑える


職場での人間関係に疲れたと感じる人の多くは、職場で必要以上に交流関係を広げている人ではないでしょうか。社交的で大勢で過ごすことが好きな人ならばともかく、「一人で居たい」「家で読書したい」と、一人の時間を大切にしたい人も多くいるのです。

「みんな参加するから」と足並みをそろえることも大切ですが、無理をしすぎずに、行けないものは「行けない」と堂々と言いましょう。そうすることで、人間関係に疲れたという事も、少しは感じなくなってくるからです。

 

親友は職場以外に持つ


職場にはたくさんの人がいて、中には気の合う人もたくさんいますよね。同僚と親友になることも良くあることです。しかし同じ職場内の人間では、同じ考えに傾倒してしまうという危険も付きまといます。

職場外の親友を持つことで、人間関係に疲れたと感じるときに「その職場おかしいね」と、外からの意見を差し伸べてもらえるのです。職場の人間関係以外のところに「疲れた」と弱音をはける友人を持つことは、とても有効的です。

 

職場の人間以外の人に愚痴を言う


職場の人間関係で「疲れた」と感じることがあっても、その職場内で愚痴を言うことはおススメできません。同じ職場内で人間関係でもめると、周囲の人間はとても気を使います。また、周囲の好奇の目にさらされることもあるのです。それがますます苦痛になることも。

そこで、職場でどんなにストレスにさらされても、同じ職場内の人間には相談しない方が良いでしょう。いざという時には力になってもらうこともあるかもしれませんが、人間関係の「疲れた」という愚痴は、職場以外の人にするべきです。

 

休みの日は自然の中に身を置く


人間関係に疲れたと感じるとき、思い切って人間から遠ざかるといいですよ。現代は人間が多すぎるのです。一歩外に出れば面倒な人間関係にさらされているのだから、ストレスが溜まって当然なのです。

人間関係に疲れたときは、人間の少ない山や地方の森などにいき、自然に身を置くことで心がすっと軽くなるでしょう

 

睡眠をしっかりととる


人間関係に疲れたと感じるとき、悩んで寝不足になってはいませんか?寝不足は心身ともに蝕みます。悩んでいる時こそ、しっかりと睡眠をとってくださいね。睡眠をとることで、一日疲弊した心も体も元に戻してくれるのです。

人間関係に疲れたときは、日中に思い切り身体を動かして疲れさせ、何も考えずに布団に入るのが一番の解決方法です。

 

毎日30分のジョギングをする


人間関係に疲れた時、精神が疲弊してどんどんマイナス思考になってしまう人がいます。これが進行するとうつ病などにもなりかねないため、早めの対処が必要です。

人間関係とは関係なさそうですが、毎日のジョギングを習慣付けることで、周囲で言われる細かいことが気にならなくなりますよ。ジョギングをすることで、脳内に分泌されるセロトニンというホルモンが、思考を前向きにしてくれるからです。

 

さて、職場の人間関係に疲れた時に、すぐにできる7つの対処法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

毎日行かざるを得ない場での人間関係のトラブルは、本当に精神を消耗します。しかしよく考えてみると、生きている間中何らかの人間関係に取り巻かれ続けるわけです。疲れたからといちいち疲弊していては始まりません。強くたくましくならなくてはなりません!

上の7つの方法以外にも、何か自分なりのストレス解消方法を見つけて、実践していけるといいですよね。長くいる職場でストレスを感じることの無いよう、思考を前向きに保てるよう努めましょう。プラス思考でいると、不思議と人のうわさの種にのぼりにくく、トラブルの対象にもならなくなります。

 

まとめ

職場の人間関係に疲れたら

・「出る杭は打たれる」ため、なるべく控えめに目立たないよう心がける
・職場での交流は最低限の付き合いに抑え、無理のないようにする
・親友は職場以外に持つ
・職場の人間の愚痴は、職場以外の人に言う
・休みの日は自然の中に身を置き、人間関係から離れる
・毎晩の睡眠をしっかりと摂ることで、心も体もリセットする
・毎日30分のジョギングをすることで、前向きホルモンを分泌させる