復縁が可能な期間を逃さないための7つの見極め方

復縁が可能な期間を逃さないための7つの見極め方

「口論の末、勢い余って別れてしまった」「まだ、大好きなのに…」と言ったことは多々ありますね。自分のことを分かってほしくて、つい強い口調で責めてしまった、という体験は誰にでもあります。

いつも一緒だからこそ甘えが出るのでしょう。思ってもいないことを口にしてしまうことは、本当によくあります。ゆえに、復縁を望む方が多いのですね。

『覆水盆に返らず』とは言いますが、壊れたものは二度と戻らないのでしょうか…否。恋愛に限って言えば、元に戻すことは可能です。そのために大切なことは期間の見極めです。

あなたが復縁を望み、期間の見極めさえ怠らなければ、十分復縁は可能です。そこで今日は、復縁のチャンスを見逃さないためのポイントをまとめましたので、ぜひ参考にしてください。



 


復縁が可能な期間を逃さないための7つの見極め方

 


半年以内に決着をつけよう


復縁期間の見極めと言っても限度はあります。いくら、サインが出ていると言えど、長期に渡って相手のことを想い続けている、あわよくばよりを戻したいと考えているケースは滅多にありません。

稀に別れた後、何年も経って復縁した、と言った話を聞きますが、それは例外中の例外です。参考になる類のものではありません。落ちついて、焦らずに臨むことは必要ですが、半年を一つの目安としましょう。

実際、大半の復縁カップルは3カ月~半年で復縁しています。これを過ぎると、一気に復縁の可能性が低くなり、難しくなりますので、まずはこの期間を頭に入れて行動するようにしましょう。

 


メールの返信スピードから判断しよう


復縁可能な大体の期間を頭に入れたら、実際に相手から出されるサインから復縁可能な期間を判断しましょう。まずは、やはりメールですね。(※最近ならば、ラインに置き換えて判断しても良いでしょう)

手軽に連絡を取れる手段でもありますから、ここからのサインは見逃せません。復縁を思い立ったら、まずは軽くジャブを打つつもりで、メールを送ってみましょう。

すぐに返ってきたら可能性アリ、なかなか返ってこなければもう少し待てのサインです。返信無しならば、復縁期間は過ぎてしまったと見て良いでしょう。こうなる前にメールは送る事を推奨致します。

 


相手からのメールの有無で判断しよう


相手からのメールの有無で復縁を判断することも可能です。別れてしばらく経った後にくる相手からのメール、何気ない、他愛のない内容ゆえに見落としがちですが、これは相手からのサインです。

「私はあなたと復縁を望んでいますよ」「まだ、あなたに気がありますよ」そういったサインなのですね。これを逃すと相手もあきらめモードに入ってしまいますので、このメールは決してスルーしてはいけません。

必ず、返信し、関係を繋いでおきましょう。復縁するにはベストな期間とも言える時ですので、大事に使っていきたいところです。

 


デートの誘いに対する反応をみよう


メールの次は直接アプローチを掛けましょう。ずばり、デートへの誘いです。単純に、誘ってみてOKが出たならば、チャンスの時と言えるでしょう。ただし、NOだからと言って諦める必要はありません。

NOの時は二通りに分かれるからですね。まずは、復縁期間が過ぎているがゆえにNOの場合と、復縁期間に達していないがゆえにNOの場合があるからです。喧嘩別れした時などは拙速な行動はあだとなります。

結果を急ぐばかりに、相手に迫りすぎると拒否反応を示されます。その場合は冷却期間を少し置いて再度アプローチを掛けるようにすると良いでしょう。

 


冷却期間後のデートの誘いは最後のチャンスだと知ろう


別れた後、一定期間の冷却期間を置くことは多くの方がされていることでしょう。喧嘩別れした後、翌日に「復縁しよう」、では信用できないでしょうからね。ゆえに、一定期間を冷却期間として置くのですね。

そこで、大切なのがこの冷却期間後の行動です。冷却期間を一定期間置いた後、デートの誘いがあった場合、それは最後のチャンスだと捉えて、応えるようにしましょう。

相手は、期間を置き、時期を見極め、意を決して行動しているのです。つまり、誘う側は最後のチャンスと捉えて行動しているのです。これは見極めポイントとしては重要な所ですので、覚えておきましょう。

 


ファッションの変化から好意を見極めよう


別れた後も友人のように接したいと考える人がいますね。そのような人の場合、復縁する気が無くてもデートなどに応じます。そこで、復縁可能かどうかを見極めるポイントとして、ファッションに注目しましょう。

ポイントはファッションの変化です。変化があるならば復縁可能な期間です。「違う相手がいるのかな」「新しくできた好きな人の好みかな」などと邪推してはいけません。

違う自分をアピールしているのです。「前は上手くいかなかった、でも今の自分は違う」とファッションでアピールしているのです。デートの日に変化を見せてきたことに、素直に注目して見極めましょう。

 


異性との関係を仄めかされたら動こう


これは真のラストチャンスと言えますね。異性との関係性を仄めかされたら、復縁可能な期間は残り僅かです。一見、全くないように感じるかもしれませんが、そうではありません。

可能性0ならば、わざわざあなたに報告などしません。異性との関係を仄めかすことで、あなたにサインを送っているのです。ここで、動かないならば、仄めかした方も脈なしと見て、新しい恋に邁進するでしょう。

「このままならば、向こうに言ってしまいますよ。それでもいいのですか?」このようなサインと捉えて、復縁可能な期間として捉えて行動すべき時なのですね。

 

いかがでしたか。復縁可能な期間を見逃がさないためのポイントはご理解頂けましたでしょうか。見極めるためのポイントは上記で挙げた点をおさえておけば問題ありません。

あとは、行動するのみです。大胆に、かつ積極的に行動すべきと言えるでしょう。問題が問題なだけに慎重になる気持ちは理解できます。大事にいきたい気持ちも理解できます。

しかし、行動せねば得られるものがないのも事実です。ここは本項で触れた点のみ慎重に行動し、一定の冷却期間を終えた後は積極的に行動を開始しましょう。

あなたのその積極性が相手の心を揺さぶるのです。誰しも、自分の事を想って行動してくれる人に好意を抱くものです。あなたの積極的な行動は、きっと相手の心にも届きます。ma2
まとめ


復縁が可能な期間を逃さないための7つの見極め方

・半年以内に決着をつけよう
・メールの返信スピードから判断しよう
・相手からのメールの有無で判断しよう
・デートの誘いに対する反応をみよう
・冷却期間後のデートの誘いは最後のチャンスだと知ろう
・ファッションの変化から好意を見極めよう
・異性との関係を仄めかされたら動こう