人生のやり直しをして成功した人に学ぶ7つの人生観

人生のやり直しをして成功した人に学ぶ7つの人生観

人生とは酷なもので、思い通りに行かないのが人生と言っても過言ではないぐらい、自分の思っている通りにはいかないものなのですね。人生をやり直したいと思ったことは一度や二度では無い方が大半でしょう。

しかし、人生やり直したいと考えたところで過去に戻ってやり直せるものではないことは、皆がご存知の通りです。しかし、人生と言うものは面白いもので過去には戻れませんが未来は変える事ができるのですね。

そこで、今回は人生をうまくやり直す事に成功した、変えることに成功した人の人生観についてご紹介致します。人生をやり直したいと思っている方はぜひご参考になさってください。



 


人生のやり直しをして成功した人に学ぶ
7つの人生観

 


自分は恵まれた環境にいる


これはある起業家の話です。最初の事業に失敗しひどく落ち込んでいた時の事、つい愚痴を一言漏らしてしまいました。しかし、その時に偶然居合わせた中国の女性に怒られたそうです。

自分は中国の奥地にある農村から出てきてここまで来た。小さな石に躓いたからとこの世の終わりのように捉えてはいけない、と。そこで起業家の男性はハッとしたそうです。

世界を見渡せば自分は遥かに恵まれた環境にいる、と。彼女たちから見れば自分の失敗など小石に躓いた事に過ぎないのだと。その後、男性は今までの人生観を改めて、やり直す事に成功したのですね。

 


不遇こそ成功への道である


世の中は格差社会です。恵まれた環境にいる者ばかりではありません。むしろ、そういった恵まれた環境にいる人間など圧倒的に少数派でしょう。しかし、不遇こそ成功への道なのですよ。

恵まれた環境にいる人間はそれ以上、上を目指そうとしません。その地位に安穏とする人間が大勢です。しかし、底辺の人間は違います、その地位を脱する為に努力を惜しみません。

俗にハングリー精神と呼ばれるものですが、人生をやり直し成功した者は不遇の環境にいた人が多いのです。不遇こそ成功への道と心得た人生観を持つと人生のやり直しはいくらでもききますよ。

 


今が最底辺だと思う


どんなものでも底があり、底に達すればそれ以上は下がりません。株価も底値などと呼ばれる場所がありますが、人生も同じです。落ち過ぎれば、それ以上下がりようが無いのです。

自身が人生の底にいる時は辛く嘆きたくなるかもしれませんが、それが底だと知っていれば明るい光が指してきませんか?後の人生は昇るしかないわけですから。

「今が最底辺である」この人生観さえ持っていれば、人生のやり直しなどいくらでもできますよ。

 


失うものは何も無い


持たざる者より持っている者が持て囃される昨今ですが、本当に強いのは持たざる者なのですよ。持っているものは資産を手放したくないと思い、行動が後ろ向きになります。人は「得る」より「失う」を嫌う生き物ですから当然です。

しかし、それでは資産を維持できる時代ではありません。時代の流れは昔に比べてずっと早いです。積極的に動かなければ何も得ることのできない時代なのですよ。失うものが無ければ積極的に前に出られるでしょう?

人生やり直したいと思った時は、自身が何も失うものを持っていないことを自覚し、積極的にチャレンジすると良いでしょう。「失うものが無い人間こそ最強である」この人生観こそ最強なのですよ。

 


人生は自分が創るものである


人生がうまく行っていない時はとかく他人のせいにしがちです。「政治が悪い」「社会が悪い」と。しかし、このように他者に責任をかぶせて愚痴を言った所で何も変わりません。世の中のコントロールは自分のコントロール範囲を超えているからですね。

ですので、自分でコントロールできる人生に神経を集中しましょう。「人生とは自分で創るものである」この言葉さえ忘れなければ人生などいくらでもやり直せます。きっと明るい未来が待っていますよ。

 


何かを始めるのに遅すぎる事はない


「もう30代だしな…」「今年で40代か…」と年齢を理由に人生を諦めている人は多いですが、何かを始めるのに遅すぎる事はありません。カーネルサンダースの起業は60代から、伊能忠敬が天文学を学び始めたのは50代からです。

どちらも歴史に名を残す偉人ですが、そのスタートはとんでもなく遅いです。にも関わらずこれだけの偉業を成し遂げた人がいるのです。あなたが人生を変えるぐらいいつでも可能なのですよ。「遅すぎる事は無い」この人生観は人生のやり直しに欠かせない価値観ですね。

 


諦めるぐらいなら行動しよう


「もう良いか…」人生が上手く行かない時ほどこのように思いがちです。しかし、ここで諦める選択肢をとるのはあまりにもったいないです。人生をやり直し成功した人たちは、逆にこう思うのです。

「諦めるぐらいならば、もう一度0から始めて見よう」このように考えられれば、今までの悩みが嘘のように人生が好転し始めます。「諦めるぐらいならば…」と背水の陣で臨み行動すれば、きっと人生に光が差し始めますよ。

行動を伴うからこそ道は開けます。「諦めるぐらいならば、行動した方が良いな」このような人生観を持てれば、人生のやり直しなどいつでも行えますよ。

 

いかがでしたか。人生のやり直しを成功した方々の価値観は。面白いのは皆底に落ちてからその人生観に到達したと言うことです。人間、まだまだ余裕のあるうちは全力を出せないものなのかもしれません。

事実、成功者の中には壮絶な失敗を経験している方がたくさんおられます。そこから人生をやり直してきた方が大半だと言うことですね。つまり、あなたが今、人生の底にあるとしたらそれは成功への道程を歩んでいると言うことなのかもしれません。

「人生、やり直したい」そう思った時はピンチなのではなく、逆に大きなチャンスの途上にある可能性が高いということです。本項で紹介した人生観をもって今の逆境を乗り越えられる事を祈念しております。きっと、すばらしい人生が待っていますよ。

 


まとめ


人生のやり直しをして成功した人に学ぶ7つの人生観

・自分は恵まれた環境にいる
・不遇こそ成功への道である
・今が最底辺だと思う
・失うものは何も無い
・人生は自分が創るものである
・何かを始めるのに遅すぎる事はない
・諦めるぐらいなら行動しよう