不安でいっぱいの気持ちをスッと切り替えるコツ!

不安でいっぱいの気持ちをスッと切り替えるコツ!
あなたは小さなことで不安になってしまうタイプですか。それとも、普段はおおらかに物事を見ることができるけれど、一旦不安になってしまうと、そこから一気に落ち込んでしまうタイプですか。人にはそれぞれ不安になってしまうサイクルというものが存在します。

不安や心配と聞くと、あまり良いイメージを抱かない人もいますが、不安ゼロ!心配ゼロ!のまま、どんどん進んでしまうというのも考えもの。しかし、些細なことで不安になってしまうのも、本人にとっては辛いこと。また、不安とひとことで言っても、必要な不安とそうでない不安が存在します。

ここでは「不安でいっぱいの気持ちをスッと切り替えるコツ!」をお伝えしていきます。きっと、日常が楽になるはずです。必要以上の不安に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

不安な気持ちをワクワクに転換する7つの裏ワザ!

不安な気持ちをワクワクに転換する7つの裏ワザ!
不安な気持ちになるタイミングは人それぞれ違うものですが、学生であれば部活の試合や習い事のコンクール、試験などの大舞台、また、社会人であれば仕事で大事なプレゼンがある日の直前や採用試験の面接の時などに不安な気持ちなる人が多いのではないでしょうか。

「失敗したらどうしよう」「上手くいかなかったらどうしよう」という不安な気持ちは、成功したい気持ちが大きければ大きいほど失敗した時の事を恐怖に感じてしまい発生してしまうものです。しかし、極度の緊張状態になってしまうと本来の実力を発揮できないこともあります。

そこで、不安な気持ちになってしまった時にその気持ちをワクワクというポジティブな気持ちに転換する7つの裏技をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

不安をあっという間に取り除く7つのかんたんな方法

不安をあっという間に取り除く7つのかんたんな方法
不安になる時は、どんな時ですか?仕事で取引先との大事な商談の前や資格試験の前日、また、人間関係が上手く行かずに悩んでいる時など、不安になる時や頻度は、人それぞれ異なりますが、まったく不安を感じることがないという人は少ないのではないでしょうか。

不安を感じると脳内にノルアドレナリンというホルモンが分泌され、人間はストレスを感じている状態になってしまいます。緊張しているくらいがいいと言われることもありますが、不安を感じている状態が頻繁にあったり、長く続いていると、ストレスが蓄積されて体調不良になる可能性もあります。

そこで、外出先や職場でも実践できる、不安をあっという間に取り除ける方法を7つお伝えします。

[ 続きを読む… ]

不安で眠れない子供へ読み聞かせたいおすすめ絵本

不安で眠れない子供へ読み聞かせたいおすすめ絵本
夜になると不安になって寝付けないという子どもはたくさんいます。日中はどんなに元気に過ごしても、夜に不安が高まるのです。それもそのはず、夜は日も落ちて暗くなり、そこかしこに恐怖と不安が渦巻いているような気持ちになるからです。子ども時代にこのような不安を抱えていることは、珍しくないとはいえ何とかしてあげたいものですよね。

そこで不安で眠れない子どものために、絵本の読み聞かせをお勧めします。絵本は子ども時代にとても重要なアイテムです。絵本によって情操教育が進むと言いますからね。特に親が読み聞かせる絵本は、子どもの生涯の宝になると言っても過言ではありません。

絵本の読み聞かせの時間を持つことで、親子共有の思い出を作ることが出来るのです。その絵本の内容が、不安を払しょくさせるものであれば尚いいですよね。以下に不安で眠れない子どもにお勧めな絵本をお伝えしますので、本屋で是非探してください。

[ 続きを読む… ]

独身なので老後が不安、そんなあなたへ6つの対応策

独身なので老後が不安、そんなあなたへ6つの対応策
独身になる理由はいろいろありますが、どんなケースであれ心配になるのが老後の人生設計。年老いてからもしっかり暮らしていけるのか、最期は誰が看取ってくれるのかなど疑問を挙げていったらきりがありません。考えているだけで不安で、うつうつとした気分になってしまう人もいるでしょう。

でも、ただ不安に思うだけでなく、独身であっても老後を快適に過ごすための計画を立て始めなければなりません。考えるのさえいやかもしれませんが、いつまでも目をそむけているわけにもいきませんよね。いつかはきちんと向き合い、自分のために動き出さなければならないのです。

全ては自分が年老いてからも楽しくいきいきと暮らすため。そう考えれば人生に目的ができ、ハリを持って生活できますよね。考えようによっては準備そのものも特に大変ではないので、自分色の人生設計と合わせて楽しく向き合っていきましょう。では、老後のための対応策を6つお伝えします。

[ 続きを読む… ]