自己啓発セミナーで洗脳されない6つの法則

自己啓発セミナーで洗脳されないつ6の法則
自己啓発系のセミナーが増えている昨今です。そもそも自己啓発とは何なのか。自己啓発とは、自分自身を今よりももっと高めることを指します。日々の努力で高める方法もあるのですが、セミナーを開催して、自分自身の考え方次第で自己啓発が簡単に行えるという紹介も得られるのです。

3日坊主という言葉通り、自己啓発を目指す多くの人は自分一人では継続できません。そこで自信を奮い立たせるべく、お金を払ってセミナーへと参加します。セミナーによって自己啓発がより進化すればいいのですが、セミナーの中には悪質なものもいくつか存在します。また、自己の内部はそれぞれ違うため、合う合わないの問題もあります。

上手な話の進め方で、セミナーを受けた数日間はその内容に支配されることもあるのですが、実は自分に合っていなかったということも。そこで自己啓発セミナーで洗脳されない6つの方法をお伝えしていくので、参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

自分を洗脳して、モチベーションを上げる5つの技

自分を洗脳して、モチベーションを上げる5つの技
自分を洗脳する。そう聞くと、なんだか危険な言葉のような気がするという方は多いかもしれません。でも、実は自分を洗脳する=モチベーションを上げるということ。やる気が出ないときに、やる気を出す。もう駄目かもと思ったときに、もう少し頑張ろうという気にさせる。その気持ちのスイッチを入れることは、自分の意識していない部分を動かすこと。

洗脳することで、物事がスムーズに動くようになれば、自分も嬉しいですし、きっと周りの人も嬉しいはず。今回ご説明する「自分を洗脳して、モチベーションを上げる5つの技」を、まずは実践してください。最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、きっかけを掴むことができればあとはどんどんモチベーションを上げることができるはずです。

[ →続きを読む… ]

親のマインドコントロールから抜け出す方法!

親のマインドコントロールから抜け出す方法!
あなたは「親にマインドコントロールされているかも」と感じることはありますか。確信には至らなくても、そんな予感を感じている人は多いかもしれませんね。今、毒親という言葉や親のマインドコントロールという言葉がよく言われるようになってきました。

もしかして自分は親にマインドコントロールされているかも?と思ったとしても、日本ではまだまだ「子供は親の言うことをきくもの」という価値観が当たり前のものとして存在しています。親に逆らう自分の方がおかしいのでは?という考えを抱いてしまうのも無理はありません。

しかし、親のマインドコントロールから抜け出したところに、あなた自身の新しい人生が待っている、と考えたらどうでしょうか。周りの価値観、親の価値観に押しつぶされず自分の人生を歩むために、ここでは親のマインドコントロールから抜け出す方法についてお伝えします。ぜひ参考にしてください。

[ →続きを読む… ]

洗脳されない・だまされない人の考え方とは?

洗脳されない・だまされない人の考え方とは?
世の中は「洗脳」で満ちています。誰しも自分の信じるものを、周りの人に「同じ思いを持ってほしい」と願うからです。迷惑をかけない範囲で、相手を説得する程度なら構わないのですが、宗教の勧誘などは熱を帯びると大変です。しつこい勧誘は「犯罪」とみなされるからです。

しかし他人を「洗脳」することに長けた人物は、それとわからずに本人の意思を思い通りに操るという能力を持っています。洗脳はじわじわと対象者を蝕み、自分の意思で考える力をなくします。

宗教の他にも、結婚詐欺など、対象者を洗脳してお金を取ろうという犯罪は後を絶ちません。犯罪者が第一に悪いのですが、簡単に相手の洗脳に乗らない強い意志を持つことも大切です。そこで洗脳に対してだまされない人の考え方を参考に、洗脳されない方法を学んでいきましょう。

[ →続きを読む… ]

カルト教団の洗脳から、子どもを守る5つの方法

カルト教団の洗脳から、子どもを守る5つの方法
大切なわが子がカルト教団に入会してしまったら・・・人は、洗脳されてしまうとなかなかその洗脳を解くことができません。自分の子どもがどんどん変わっていく状況に、親として戸惑いと悲しみの中でどうすることもできない日々が何年もつづく不幸の始まりです。

そんな状況になる前に、子どもを洗脳から守りましょう。洗脳は、本人がかかりたくてかかるものではありません。罠にはまるようなものなのです。一度洗脳されてしまうと本人か゛目覚めないと解くことも難しい厄介なもの。はじめから洗脳されないように予防するしかありません。

あなたの大切な子どもを洗脳から守るために、ここではカルト教団の洗脳から子どもを守る自己防衛の方法をお伝えします。

[ →続きを読む… ]